日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト
2021.02.22

ロシア選手は「RUS」ではなく、「ROC」で参加…東京オリンピック

 

ロシア選手のエンブレム=IOCホームページより

 国際オリンピック委員会(IOC)は2月19日、今夏の東京オリンピックと来年2月の北京冬季オリンピックに出場するロシア選手は、これまでの「RUS」ではなく、「ROC」(ロシア・オリンピック・コミッティーの略)で出場させることをホームページで発表した。

 ユニフォームに「Russia Olympic Committee」とのみ表記することは禁止し、「Russia」の文字が入る場合は「Neutral Athlete」(中立選手)という文字を同等の大きさで使用することが必要。

 ROCのエンブレムは、オリンピック・マークの上にロシア国旗と同じ白、青、赤の3色で炎を模したデザイン。国旗の代用もエンブレムに似た旗となる。国歌の代わりとなる楽曲は、今後ROCが提案し、IOCが審議して決める。

 ロシアは、組織的なドーピング違反のためスポーツ仲裁裁判所(CAS)から2022年12月まで主要国際大会から除外裁定を受け、違反歴や疑惑がない選手のみ個人資格で出場が認められる。

 2022年12月までの世界選手権などの主要大会でも、「RUS」ではなく、「ROC」、または「ロシア・レスリング・フェデレーション」などの略称となり、ユニフォームに「Russia」の文字が入る場合は「Neutral Athlete」の文字が必要となる。







COVID-19ガイドライン

年別ニュース一覧

サイト内検索

JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース

【報道】取材申請について
-------------

● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。


アスリートの盗撮、写真・動画の悪用、悪質なSNSの投稿は卑劣な行為です。
フェアプレイで日本を元気に