日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト
2021.03.07

タミラ・メンサストック(米国)が圧勝優勝、ロシア女子は陽性選手が出て不参加…「マテオ・ペリコネ国際大会」第2日

 

圧倒的な強さを見せたタミラ・メンサストック(米国)=提供・UWW

 世界レスリング連盟(UWW)の2021年ランキング大会「マテオ・ペリコネ国際大会」第2日は3月5日、イタリア・ローマで男子グレコローマン3階級と女子4階級が行われ、女子68kg級は2019年世界チャンピオンのタミラ・メンサストック(米国)が3試合を勝ち抜いて優勝。今年2月の「アンリ・デグラナ国際大会」(フランス)に続く優勝を遂げた。

 メンサストックは2019年1月以降、コロナ禍によるブランクをはさんで9度の国際大会で8度優勝の安定ぶり。優勝を逃した大会は昨年のこの大会で、ゾウ・キアン(周倩=中国)に敗れていた。今年はスコアの総計が28-3(テクニカルフォール勝ち2試合)という圧勝優勝だった。

 同76kg級は2016年リオデジャネイロ・オリンピック75kg級優勝のエリカ・ウィーブ(カナダ)が優勝。1週間前の「ウクライナ国際大会」では優勝を逃したものの(3位)、第一人者の実力を見せた。

 女子20選手を派遣することが報じられたロシアは、出場しなかった。UWWやロシア協会ホームページで理由は報じられていないが、ダゲスタン協会のホームページでは、イタリア入りした女子チームに新型コロナウィルス感染の陽性選手3人がいたため出場を禁止された、と報じている。同国のグレコローマン選手は女子選手よりも早くイタリア入りしており、全選手が陰性だったという。

 男子グレコローマンでは、ハンガリーが2階級で優勝。72kg級世界王者で77kg級に出場したアブヤジド・マンツィゴフ(ロシア)は1回戦を勝ったものの負傷で以後の試合を棄権した。

 各階級の上位選手は下記の通り。


男子グレコローマン

 【72kg級】
[1]Fritsch, Robert Attila(ハンガリー)=2019年ザグレブ・オープン優勝
[2]Can, Selcuk(トルコ)
[3]Malik, Kuldeep(インド)
[4]Labazanov, Chingiz(ロシア)

 【77kg級】
[1]Levai, Zoltan(ハンガリー)
[2]Basar, Yunus Emre(トルコ)
[3]Dilmukhamedov, Ashkat(カザフスタン)
[3]Shadukaev, Tamerlan(カザフスタン)

 【82kg級】
[1]Akiev, Adlan(ロシア)
[2]Akbudak, Burhan(トルコ)
[3]Levai, Tamas(ハンガリー)
[3]Szabo, Laszlo(ハンガリー)


女子

 【57kg級】
[1]Rodrigues Penalber de Oliveira, Giullia(ブラジル)=2020年パンアメリカン選手権優勝
[2]Sarita, Sarita(インド)
[3]Indelicato, Francesca(イタリア)
[3]Tissina, Emma(カザフスタン)

 【62kg級】
[1]Fazzari, Michelle Christina(カナダ)=2017年世界選手権58kg級3位
[2]Sastin, Marianna(ハンガリー)
[3]Nunes de Oliveira, Lais(ブラジル)
[4]Kuznetsova, Irina(カザフスタン)

 【68kg級】
[1]Stock, Tamyra Mariama Mensah(米国)
[2]Hristova, Mimi Nikolova(ブルガリア)
[3]Di Bacco, Olivia Grace(カナダ)
[3]Georgieva, Sofia Hristova(ブルガリア)

 【76kg級】
[1]Wiebe, Erica Elizabeth(カナダ)
[2]Hamza, Samar Amer Ibrahim(エジプト)
[3]Syzdykova, Elmira(カザフスタン)
[3]Rinaldi, Enrica(イタリア)







COVID-19ガイドライン

年別ニュース一覧

サイト内検索

JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース

【報道】取材申請について
-------------

● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。


アスリートの盗撮、写真・動画の悪用、悪質なSNSの投稿は卑劣な行為です。
フェアプレイで日本を元気に