日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト
2021.04.02

【2021年全国高校選抜大会・特集】階級アップを計画、インターハイで双子兄弟対決も…地元期待の本名帝心(新潟・八海)

 

血筋は抜群、インターハイでの飛躍を目指す本名帝心(新潟・八海)=撮影・保高幸子

 昨年10月の大会で、新潟県勢として23年ぶりに学校対抗戦ベスト8に進出した八海。今年は優勝した鳥栖工(佐賀)に3回戦で敗れたが、個人戦では、父(本名栄仁=日体大卒)は学生王者、母(鈴木亜里=日大卒)はアジア女王という血筋を持つ本名帝心(たいしん=八海)が60kg級でベスト8に進出した。

 最終日の2戦目、準々決勝で赤嶺明柳(沖縄・南風原)に3-4で無念の黒星。序盤にタックルとローリングで4点を先制され、追い切ることができなかった。

 「グラウンドが苦手な部分があり、ポイントをやってしまったのが敗因。4点差ならまだいけると思ったけど、1点ずつしか取れなかった…。1点差での負けは、悔しい」と無念の表情。タックルで外に出すのではなく、テークダウンを取れなかった詰めの甘さを悔やんだ。

3日間の減量が体力低下につながったか?

 だが、王国復活を目指す県勢の中でベスト8にまで進めたのは明るい材料。「インターハイではベスト4以上」という目標ができた。「練習後に自主練習を積むとか、一生懸命やりたい。学校対抗戦のときは(試合後に)腕がパンパンになってしまった。力負けの試合もあるし、もっと力をつけたい」と、基礎体力の養成を課題に挙げた。

表彰台を目指して準々決勝のマットに上がったが=同

 準々決勝のラスト7秒には、左ふくらはぎを痛め、一瞬動けなくなるアクシデントがあった。「(ドクターから)筋肉痛の重傷版、と言われました。もう少し鍛えなければなりません」と、ここでも自分に厳しく振り返ったが、通常67kgの体重を3日連続で60kgで計量することが酷だった面もあるだろう。減量は体力の低下につながるのは言うまでもない。

 そのあたりは自身も感じていること。県予選のときに1週間で落として力が出なかった反省から、今回は2週間かけて落としたが、それでも体力の低下は感じた。「監督と相談しますが、インターハイは65kg級に出ようと思っています」。インターハイ予選と61kg級で出場するJOCジュニアオリンピックカップ(横浜市)が日程的に近いことも、その気持ちに拍車をかけ、65kg級でのインターハイ出場を目指すことになりそう。

インターハイでの飛躍を期待する関川博紀監督

0-4から3-4まで追い上げたが、決定力に欠けた=同

 そうなると、双子の兄で韮崎工(山梨)に進んだ一晟(いっせい)との対決も考えられる。進路が違ったからといって特別に強いライバル意識を持っているわけではなく、今回、自分の方が1勝多かったことを指摘されても、「そうですか…。うれしいですね」と、取材に対して社交辞令的に答えただけ。インターハイでの対決の可能性を問われても、明確な反応はなかった。

 兄は、グレコローマンがやりたくて強豪選手を多く輩出している韮崎工を選んだそうだ。それでも、インターハイは高校選手にとっての大きな目標であり、同校OBの文田健一郎がインターハイで優勝しているなど、グレコローマンだけのチームではない。進路を違えた双子が全国大会の舞台で闘うとなれば、ちょっとした話題にはなるだろう。決勝での対決となれば、大きな話題となる。お互いに大きな目標ができたのではないか。

 関川博紀監督は「もう1勝すれば表彰台だったので、とても悔しい思いをしていると思います」と本人の気持ちをおもんばかる。伸び盛りの今、県外遠征で鍛えることができなかったのは無念の思いのようだが、「どこも同じ条件。持っているものを出し切らせることができなかったのは、私の指導力不足。この大会が最後ではないので、次につなげてほしい」と、インターハイで飛躍を期待する。

2002年にそろって全日本社会人選手権を制覇したときの本名夫妻

 父の栄仁さんは「もっとポイントを取りにいけたと思います。思い切りが足りないように感じました。冷静な試合運びはいいのですが、もっとガツガツいってもよかったのかな、と思います。それだけの攻撃力はあると思います」との感想。学校対抗戦を含めて試合が3日間続いたのは初めてのことで、「当日計量のもと、よく頑張ったと思います」と、ねぎらった。

 階級アップについては、「(通常体重から)7kgの減量に加え、3日連続の計量は、確かにきついでしょう」としながら、預けた以上は口出しするつもりはない。「監督と相談して決めること。監督に任せます」ときっぱり。







COVID-19ガイドライン

年別ニュース一覧

サイト内検索

JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース

【報道】取材申請について
-------------

● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。


アスリートの盗撮、写真・動画の悪用、悪質なSNSの投稿は卑劣な行為です。
フェアプレイで日本を元気に