日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト
2021.04.05

ジョーダン・バローズ時代に幕! ヘレン・マル―リスは連続出場…米国オリンピック代表選考会

 

米国代表に決まった選手たち。男子3階級で最後の決戦に挑む=米国協会フェイスブックより

 米国の東京オリンピック代表選考会が4月2~3日、テキサス州フォートワースで行われ、男子フリースタイルでは、2018・19年世界選手権79kg級優勝のカイル・デイクが74kg級決勝で5度世界一に輝いているジョーダン・バローズを3戦2勝システム(最大3試合闘い、先に2勝した選手が勝ち)で2連勝。東京オリンピックの出場権を獲得した。2012年ロンドン大会74kg級王者のバローズは、3大会連続出場ならなかった。

 97kg級はカイル・スナイダーが勝ち、オリンピック2大会連続優勝へ挑む。57kg級は2017年世界選手権2位のトーマス・ギルマン、86kg級は2018年世界選手権優勝のデービッド・テーラーが、ともに自らが取ってきた出場権を死守。125kg級は、2017年世界ジュニア選手権優勝のゲーブル・スティーブンがパンアメリカン予選優勝のニコラス・グウィアズドウスキを2連勝で破り、出場権を奪取した。

 唯一出場枠が取れていない65kg級は、まだ世界選手権もパンアメリカン選手権も出場経験のないジョーダン・オリバーが勝ち、5月の世界最終予選(ブルガリア)へ挑む。

 92kg級で2年連続世界王者に輝いたジェーデン・コックスは、97kg級にエントリーしていたが、計量に姿を見せず失格へ。コーチが計量時間を間違ったと報じられている。

2018年に脳しんとうのアクシデントに見舞われたヘレン・マルーリスだが、オリンピック連続出場を決めた=同

 女子では、57kg級で2016年リオデジャネイロ大会53kg級優勝のヘレン・マルーリスが勝ち抜き、オリンピック連続優勝に挑む。マルーリスは決勝で2019年世界選手権代表のジェナ・バーケットに1勝1敗とされたが、勝負の3試合目はフォールで快勝した。

 68kg級のタミラ・メンサストック、76kg級のアデライン・グレイの世界チャンピオンは、ともに2連勝で順当勝ち。グレイは2大会連続出場を決めた。50kg級はサラ・ヒルデブラント、53kg級はジャッカラ・ウィンチェスター、62kg級はカイラ・コリーン・ミラクルと、いずれもパンアメリカン予選で出場枠を取った選手が勝ち抜いた。女子は6階級で出場枠を取っている。

 男子グレコローマンでは、パンアメリカン予選1位で出場権を取った87kg級のジョー・ラウが決勝で敗れ、昨年のパンアメリカン選手権82kg級優勝のジョン・ステファノヴィッチが出場権を奪取した。同級を含めて4階級で出場枠を取っており、77kg級と130kg級で世界最終予選へ挑む。

 各階級の代表は下記の通り(※は5月の世界最終予選に出場)。


東京オリンピック・米国代表

 【男子フリースタイル】
 57kg級 Gilman, Thomas
※65kg級 Oliver, Jordan
 74kg級 Dake, Kyle
 86kg級 Taylor, David
 97kg級 Snyder, Kyle
 125kg級 Steveson, Gable

 【女子】
 50kg級 Hildebrandt, Sarah
 53kg級 Winchester, Jaccara Gwenisha
 57kg級 Maroulis, Helen
 62kg級 Miracle, Kayla-Colleen
 68kg級 Stock, Tamyra Mensah
 76kg級 Gray, Adeline

 【男子グレコローマン】
 60kg級 Hafizov, Ildar
 67kg級 Sancho, Alejandro
※77kg級 Porter, Jess
 87kg級 Stefanowicz Jr., John
 97kg級 Hancock, Tracy
※130kg級 Coon, Adam







COVID-19ガイドライン
アスリートの盗撮、写真・動画の悪用、悪質なSNSの投稿は卑劣な行為です。

年別ニュース一覧

サイト内検索


【報道】取材申請について
-------------

JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース
● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。


フェアプレイで日本を元気に