日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト
2021.04.07

北朝鮮が東京オリンピック不参加を表明

 

男女とも金メダル獲得の可能性があった北朝鮮だが…

 国内外のメディアによると、北朝鮮体育省が運営するウェブサイト「朝鮮体育」は4月6日、同国オリンピック委員会が3月25日に開いた2021年総会で、世界的に流行する新型コロナウイルス感染症から選手を保護するため、東京オリンピックへの不参加を決めたことを報じた。

 日本政府や大会組織委員会は不参加の意思を確認するとともに、対応策を検討するという。東京オリンピックに正式に不参加を表明した国は初めて。北朝鮮は、4月9日からカザフスタン・アルマトイで行われるレスリングのアジア予選にエントリーしていなかった。

 レスリングでは、北朝鮮は2019年世界選手権(東京オリンピック第1次予選)で女子53kg級と62kg級で出場枠を獲得。アジア予選と世界最終予選で、男女とも軽量級を中心に数階級の上積みが予想されていた(関連記事)。

 これまでのオリンピックで、出場枠を獲得しながらドーピング違反で失格となり、オリンピックに出場できなかったケースはあり、その場合は予選の下位選手が繰り上がるなど早々と代替出場選手が決まった。出場資格を得て、出場の意思表示をした国(2019年世界選手権で出場枠獲得をした国は同年10月9日まで)が、その後、出場を辞退したケースはないため、代替の選手がどう選ばれるかは不明。

 いずれにせよ、北朝鮮の不参加問題を含め、5月6日からの世界最終予選(ブルガリア)までに結論は出ないものと思われる。東京オリンピックの最終エントリーは7月5日となっている。







COVID-19ガイドライン
アスリートの盗撮、写真・動画の悪用、悪質なSNSの投稿は卑劣な行為です。

年別ニュース一覧

サイト内検索


【報道】取材申請について
-------------

JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース
● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。


フェアプレイで日本を元気に