日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト
2021.04.08

東京オリンピック・アジア予選/男子グレコローマン代表選手・大会2日前コメント集

 

(2021年4月7日、カザフスタン・アルマトイ / 取材・撮影=布施鋼治)


最後の練習に励む高橋昭五(神明精肉店)

 ■67㎏級・高橋昭五(神明精肉店)「よく『ぜひオリンピックに出てくれ』と言われ、期待を感じる。自分自身のためであるけど、松本監督をはじめ、いろいろなコーチ陣、湯元(健一)先生だったり、松本隆太郎コーチだったりなど『頑張れ』と言ってくれる人たちの期待にこたえたい。それが一番です。

 マークする相手はイランと韓国。あとは地元のカザフスタンから誰が出てくるか。明日になったら分かる。時間は少ないけど、(分かったら)試合映像を見て、しっかり研究したい。減量も時差も大丈夫。(新たな所属先は両親が経営する店で)親にはすごく迷惑をかけているので、出場枠を取って恩返ししたい」


「調整はうまくいっている」と言う屋比久翔平(ALSOK)

 ■77㎏級 屋比久翔平(ALSOK)「体重はいい感じで落ちている。練習が終った時点であと1㎏。体調もメチャクチャいい。調整もうまくいっています。やることをやって自分の力を出せば、おのずと結果もついてくると思っている。期待してください」


 ■87㎏級 角雅人(自衛隊)「仕上がり具合は完璧。今までやってきたことはいっぱいあるけど、全部自分の身体にしみこんでいると信じたい。何も考えずに無心で闘えば勝てる。(練習中、両手に軍手をしていたことについて)温かいからです。減量するため。色も自衛隊カラーのカーキ色でいい感じじゃないですかね」


技をかけ切ることに重点を置いて最後の練習に励む奈良勇太(警視庁)

 ■97㎏級・奈良勇太(警視庁)「守るところをしっかり守り、返すところは返す。スタンドでは投げが得意なので、出してきたい。(この日の練習では豪快ながぶり返しを連発)より集中し、しっかりとかけ切る練習を日本にいるときからしてきた。(決戦の)前日も調整はできると思うので、ちゃんと返し切る練習が重要と思って続けます」


 ■130㎏級・園田新(ALSOK)「みんなが思っている通り、厳しい闘いになるとは思う。でも、思い切ってやりたい。前回(リオデジャネイロ大会)の予選の時には、緊張しすぎて勝負から逃げたような試合になってしまった。今回は自分の気持ちが出ているような試合をしたい。失敗を恐れず、後悔が残らぬよう思い切り闘いたい」


▲決戦まであと2日、緊張感ただよう練習

▲自衛隊色の軍手を着用し、減量に励む角雅人(自衛隊)







COVID-19ガイドライン
アスリートの盗撮、写真・動画の悪用、悪質なSNSの投稿は卑劣な行為です。

年別ニュース一覧

サイト内検索


【報道】取材申請について
-------------

JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース
● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。


フェアプレイで日本を元気に