日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト
2021.04.11

須﨑優衣(早大)が4戦全勝で優勝、オリンピック出場が内定…東京オリンピック・アジア予選/第2日(女子)

 

東京オリンピック出場を決め、満面の笑みを浮かべた須﨑優衣(早大)=撮影・保高幸子(UWW)

 【アルマトイ(カザフスタン)】東京オリンピック・アジア予選第2日は4月10日、カザフスタン・アルマトイで女子が行われ、50kg級に出場した須﨑優衣(早大)は、5選手の総当たりリーグ戦で4戦全勝をマーク。優勝してオリンピック出場枠を獲得。日本協会の規定でオリンピックの代表に内定した。須﨑の出場内定により、女子は前回の2016年リオデジャネイロ・オリンピックに続き、全6階級で東京オリンピックに挑むことになった。

 須﨑は、1回戦でBYE(試合なし)のあと、2回戦でウズベキスタン選手、3回戦で韓国選手をいずれも第1ピリオド、10-0と11-0のテクニカルフォールで圧勝。4回戦でシーマ・シーマ(インド)に第2ピリオドまで粘られたが、最後は10-0のテクニカルフォール勝ち。この時点で2位以内を決め、オリンピック出場枠を確定した。

 最終の5回戦でも、昨年1月の「ヤリギン国際大会」(ロシア)優勝のナムウンチェチェグ・チョグトチール(モンゴル)相手にアンクルホールドなどでポイントを重ね、4試合連続の10-0のテクニカルフォール勝ち。4試合で41-0という内容で圧勝優勝した。

 須﨑の成績は下記の通り。須﨑は2017年に48kg級で、2018年に50kg級で世界選手権に優勝。この日の4勝を加え、現在までに外国選手には66戦無敗をマーク。フォール勝ちが6勝、テクニカルフォール勝ち50勝という成績を残している。


女子

 【50kg級】須﨑優衣(早大)   優勝=5選手出場
リーグ5回戦 ○[Tフォール、1:49=10-0]Tsogtochir, Namuuntsetseg(モンゴル)
リーグ4回戦 ○[Tフォール、3:25=10-0]Seema, Seema(インド)
リーグ3回戦 ○[Tフォール、1:55=11-0]Cheon, Miran(韓国)(韓国)
リーグ2回戦 ○[Tフォール、0:50=10-0]Yakhshimuratova, Dauletbike(ウズベキスタン)
リーグ1回戦  BYE 







COVID-19ガイドライン

年別ニュース一覧

サイト内検索

JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース

【報道】取材申請について
-------------

● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。


アスリートの盗撮、写真・動画の悪用、悪質なSNSの投稿は卑劣な行為です。
フェアプレイで日本を元気に