日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト
2021.04.11

モンゴルが4階級で出場権、ブルマー・オチルバドが39歳でオリンピック出場へ…東京オリンピック・アジア予選/第2日(女子)

 

39歳でオリンピックに出場するブルマー・オチルバド(モンゴル)=写真は2016年アジア選手権

 【アルマトイ(カザフスタン)】東京オリンピック・アジア予選第2日は4月10日、カザフスタン・アルマトイで女子が行われ、モンゴルが2階級で優勝、2階級で2位入賞を果たし、4階級でオリンピック出場を決めた。すでに獲得済みの68kg級とともに5階級でオリンピックへ。残る62kg級を5月の世界最終予選(ブルガリア)にかける。

 76kg級は2004年アテネ大会と2012年ロンドン大会に出場しているブルマー・オチルバドが2位に入って出場権を獲得し、39歳(オリンピック時)で出場を果たす。2016年リオデジャネイロ・オリンピック出場を逃した後、出産を経て2019年に復帰していた。

 中国は62kg級のロン・チアと60kg級のゾウ・フェンの中国2選手が優勝してオリンピック出場枠を獲得。すでに獲得している4階級とともに、女子全階級でのオリンピック出場を決めた。

 インドが2階級で出場枠を獲得。53kg級では、昨年のアジア選手権決勝で向田真優(ジェイテクト)を破ったタチアナ・アフメトワ(カザフスタン)が2位に入り、35歳でのオリンピック出場となる。

 各階級の成績は下記の通り(太字が出場枠獲得)。


女子

 【50kg級】
[1]須崎優衣(日本)
[2]Tsogtochir, Namuuntsetseg(モンゴル)
[3]Yakhshimuratova, Dauletbike(ウズベキスタン)
[4]Seema(インド)

 【53kg級】
[1]Bat-Ochir, Bolortuya(モンゴル)
[2]Akhmetova Amanzhol, Tatyana(カザフスタン)
[3]Hsieh, Meng-Hsuan(台湾)
[4]Kim, Hyung-Joo(韓国)

 【57kg級】
[1]Boldsaikhan, Khonogorzul(モンゴル)
[2]Anshu, Anshu(インド)
[3]Akhmedova, Shokhida(ウズベキスタン)
[4]Um, Ji-Eun(韓国)

 【62kg級】
[1]Long, Jia(中国)
[2]Sonam(インド)
[3]Sukhee, Tserenchimed(モンゴル)
[4]Kassymova, Ayaulym(カザフスタン)

 【68kg級】
[1]Zhou, Feng(中国)
[2]Zhumanazarova, Meerim(キルギス)
[3]Nisha, Nisha(インド)
[4]Park, Hyeon-Yeong(韓国)

 【76kg級】
[1]Medet Kyzy, Aiperi(キルギス)
[2]Ochirbat, Burmaa(モンゴル)
[3]Pooja, Pooja(インド)
[4]Ellieva, Shakhribonu(ウズベキスタン)







COVID-19ガイドライン

年別ニュース一覧

サイト内検索

JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース

【報道】取材申請について
-------------

● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。


アスリートの盗撮、写真・動画の悪用、悪質なSNSの投稿は卑劣な行為です。
フェアプレイで日本を元気に