日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト
2021.04.13

13日からアジア選手権…男子グレコローマン・チームが最終調整

 

シニア初の国際大会に挑む63kg級の清水賢亮(拓大)

 【アルマトイ(カザフスタン)、文・撮影=布施鋼治】2021年アジア選手権は4月13日、カザフスタン最大の都市アルマトイのボランスーラック・スポーツセンターで開幕する。第1日は男子グレコローマンの55・63・77・87・130㎏級の5階級。

 日本チームは12日、午前11時すぎから同スポーツセンターに併設されたウォーミングアップ場で最終調整に励んだ。昨年12月の全日本選手権63㎏級で初優勝を遂げた清水賢亮(拓大)は、初めてのシニアの国際大会出場なだけに張り切る。「海外の大会には世界カデット選手権と世界ジュニア選手権に1回ずつ出ているけど、今回は自分の力がどこまで通用するのか。エントリーを見たら、すごい選手ばかりなので、今から楽しみ」

 その中には、清水が以前から憧れている2016年リオデジャネイロ・オリンピック59㎏級銅メダリストのエルムラト・タスムラドフ(ウズベキスタン)の名も。「タスムラドフのスタイルを真似たりしたこともあります。身体能力が高く、投げがすごく上手な選手。ディフェンス能力も高い。できれば、直接対決してみたい」

 東京オリンピック・アジア予選以上の熱戦が繰り広げられるか。

大会前、最後の調整に励む男子グレコローマン・チーム







COVID-19ガイドライン

年別ニュース一覧

サイト内検索

JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース

【報道】取材申請について
-------------

● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。


アスリートの盗撮、写真・動画の悪用、悪質なSNSの投稿は卑劣な行為です。
フェアプレイで日本を元気に