日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト
2021.04.19

世界王者ハッサン・ヤズダニチャラティ(イラン)が86kg級で優勝…2021年アジア選手権・男子フリースタイル

 

世界王者の実力を見せた86kg級のハッサン・ヤズダニチャラティ(イラン)=撮影・保高幸子<UWW>

 【アルマトイ(カザフスタン)】2021年アジア選手権最終日は4月18日、カザフスタン・アルマトイで男子フリースタイル5階級が行われ、86kg級で2019年世界チャンピオンのハッサン・ヤズダニチャラティが勝つなどイランが3階級で優勝。地元のカザフスタンも125kg級でオレッグ・ボルチンが勝ち、3階級を制した。

 ヤズダニチャラティは2018年アジア大会を含めて4度目のアジア王者。コロナ禍のブランク後の初の国際大会を制した。イランは92kg級で2019年大会86kg級優勝、U23同級世界王者のカムラン・ゴルバン・ガセムプール、97kg級で2019年世界選手権代表選手が勝った。

 カザフスタンは、山梨学院大卒のオレッグ・ボルチン(新日本プロレス職)が125kg級で勝ち、国際大会で初の栄冠。74kg級を2019年世界選手権70kg級2位のヌルコジャ・カイパノフが制し、70kg級でも若手選手が勝った。

 他にインド、ウズベキスタン、韓国、日本が優勝。韓国が男子フリースタイルで優勝したのは2013年以来、8年ぶり。86kg級ではイラク選手が3位に入ったが、同国の男子フリースタイルでメダルを取ったのは1987年以来、24年ぶりのこと。

 国別対抗得点はイランが179点をマークして優勝。インド、カザフスタンと続いた。

 各階級のファイナル成績は下記の通り。


男子フリースタイル

 【57kg級】=12選手出場

 ▼決勝
Kumar, Ravi(インド)○[9-4]●Sarlak, Alireza Nosratolah(イラン)

 ▼3位決定戦
Safarov, Nodiryon(ウズベキスタン)○[Tフォール、3:33=12-2]●Aburumaila, Ali M M(パレスチナ)
竹下雄登(日本)○[7-0]●Bilal, Muhammad(パキスタン)

--------------------------------------------

 【61kg級】=9選手出場

 ▼決勝
Turobov, Jahongirmirza(ウズベキスタン)○[14-9]●Askarov, Adlan(カザフスタン)

 ▼3位決定戦
嶋江翔也(日本)○[5-1]●Kim, Sung-Gwon(韓国)
Khadzimurodov, Ikromzhon(キルギス)○[Tフォール、5:44=14-4]●Ravinder, Ravinder(インド)

--------------------------------------------

 【65kg級】=11選手出場

 ▼決勝
乙黒拓斗(日本)○[不戦勝]●Punia, Bajrang(インド)

 ▼3位決定戦
Jeong, Young-Seok(韓国)○[4-4]●Sarmandakh. Bilguun(モンゴル)
Ghiasi Cheka, Morteza Hassanali(イラン)○[フォール、5:50=7-0]●Rakhimov, Nodir(ウズベキスタン)

--------------------------------------------

 【70kg級】=10選手出場

 ▼決勝
Syrbaz, Talgat(カザフスタン)○[6-2]●Khasanov, Sirodiddin(ウズベキスタン)

 ▼3位決定戦
Orozbekov, Islambek(キルギス)○[6-1]●Hommadov, Perman(トルクメニスタン)
Karan(インド)○[3-1]●Lee, Seung-Bong(韓国)

--------------------------------------------

 【74kg級】=13選手出場

 ▼決勝
Kaipanov, Nurkozha(カザフスタン)○[6-2]●Hosseinkhani, Moustafa Mohabali(イラン)

 ▼3位決定戦
Zandanbud, Sumiyabazar(モンゴル)○[4-1]●Syrgak Uulu, Mansur(キルギス)
Navruzov, Ikhtiyor(ウズベキスタン)○[5-0]●Charlyev, Atamurat(トルクメニスタン)

--------------------------------------------

 【79kg級】=11選手出場

 ▼決勝
Gong, Byung-Min(韓国)○[5-3]●Savadkouhi, Ali Bakhtiar(イラン)

 ▼3位決定戦
Yadav, Narsingh Panchav(インド)○[8-2]●Al Gburi, Ahmed Mohsin Kadhim(イラク)
Usupov, Saiakbai(キルギス)○[Tフォール、6:00=10-0]●Usserbaev, Galimzhan(カザフスタン)

--------------------------------------------

 【86kg級】=11選手出場

 ▼決勝
Yazdani Charati, Hassan Aliazam(イラン)○[Tフォール、2:53=10-0]●Deepak, Punia(インド)

 ▼3位決定戦
Al Obaidi, Mustafa Abdulbasit Abdulsamed(イラク)○[フォール、1:07=2-1]●石黒隼士(日本)
Kim, Gwan-Uk(韓国)○[Tフォール、2:09=10-0]●Kodirov, Bakhodur(タジキスタン)

--------------------------------------------

 【92kg級】=9選手出場

 ▼決勝
Ghasempour, Kamran Ghorban(イラン)○[Tフォール、2:09=10-0]●Munkhbaatar, Tsogtgerel(モンゴル)

 ▼3位決定戦
Gwon, Hyeok-Beom(韓国)○[1-1]●Assadov, Elkhan(カザフスタン)
Sanjeet, Sanjeet(インド)○[11-8]●Shodiev, Rustam(ウズベキスタン)

--------------------------------------------

 【97kg級】=11選手出場

 ▼決勝
Shabanibengar, Ali Khalil(イラン)○[Tフォール、3:44=12-2]●Yergali, Alisher(カザフスタン)

 ▼3位決定戦
石黒峻士(日本)○[1-1]●Chinbat, Altangerel(モンゴル)
Kadian, Satyawart(インド)○[5-2]●Seo, Min-Won(韓国)

--------------------------------------------

 【125kg級】=11選手出場

 ▼決勝
Boltin, Oleg(カザフスタン)○[4-3]●Lazarev, Aiaal(キルギス)

 ▼3位決定戦
Taheri, Amin Hossein(イラン)○[フォール、2:28=10-0]●Kim, Dong-Hwan(韓国)
Dorjkhand, Khuderbulga(モンゴル)○[Tフォール、3:55=10-0]●Nuftulaev, Amirjon(ウズベキスタン)

--------------------------------------------

 《国別対抗得点》

[1]イラン 179点、[2]インド 151点、[3]カザフスタン 149点、[4]ウズベキスタン 123点、[5]韓国 120点、[6]日本 102点、[7]モンゴル 98点、[8]キルギス 95点







COVID-19ガイドライン

年別ニュース一覧

サイト内検索

JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース

【報道】取材申請について
-------------

● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。


アスリートの盗撮、写真・動画の悪用、悪質なSNSの投稿は卑劣な行為です。
フェアプレイで日本を元気に