日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト
2021.05.07

【東京オリンピック世界最終予選・特集】男子フリースタイル86kg級決勝進出・高谷惣亮(ALSOK)の話

 

(2021年5月6日、ブルガリア・ソフィア)


 ■男子フリースタイル86kg級・高谷惣亮(ALSOK=準決勝で昨年12月の個人戦ワールドカップ2位の選手を破って出場枠獲得)「勝って最初に思い浮かんだのが、弟(大地=自衛隊)への感謝の気持ちです。勝ったあと、パフォーマンスしようと思いましたが、感極まってしまいました。弟がアジア予選からずっとサポートしてくれた。アジア予選で出場枠を取るつもりだったけど取れなくて、脱力感がありました。加えて、帰国後の2週間の隔離で練習できないことになりましたが、その中でもサポートしてくれた。今回の体調で闘えた一番の要因は弟で、感謝です。

個人戦ワールドカップ2位の選手を持ち上げる高谷惣亮(ALSOK)=チーム提供

 1日4試合は若い時以来、経験がないですね。体力の心配があったけど、6分間を闘い切れました。準決勝の相手は強い選手でしたが、ベストを出すことを考えていきました。最後持ち上げたのは時間をつぶそうと思ったんです。相手もうまくてバランスが崩れたけど、もう一度持ち上げてポイントにつなげられたので、自分の体もすごかったと思います。

 アジア予選で出場枠を取れなかったことで、世界で闘うことができたわけで、自分にとってプラスになったと思います。東京オリンピックは全国民の理解を得られない中での試合になるかと思いますが、アスリートはアスリートで信念をもって闘っていると思います。僕たちはそこで金メダルを取るために切磋琢磨している。金メダルを取って多くの人に祝福されるような大会になってほしい。自国開催で出場が少ないのはよくないので、(男子フリースタイルで)4階級取れたのはよかったです。

▲決勝進出を決め、オリンピック出場枠を獲得=同







COVID-19ガイドライン

年別ニュース一覧

サイト内検索

JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース

【報道】取材申請について
-------------

● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。


アスリートの盗撮、写真・動画の悪用、悪質なSNSの投稿は卑劣な行為です。
フェアプレイで日本を元気に