日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト
2021.05.07

【東京オリンピック世界最終予選・特集】男子フリースタイル57kg級決勝進出・高橋侑希(山梨学院大職)の話

 

(2021年5月6日、ブルガリア・ソフィア)


 ■男子フリースタイル57kg級・高橋侑希(山梨学院大=準決勝でパンアメリカン王者のキューバ選手を破って出場枠獲得)「ホッとしました。(小幡邦彦コーチに抱きついたことを問われ)コロナ禍の中でリスクもあるし、山梨学院大の学生選手の指導もある中で自分のサポートをしてくれたのがうれしく、結果で恩返しできたので、抱きついてしまいました。

過去3戦2勝1敗とはいえ、強敵のキューバ選手と相対した高橋侑希(山梨学院大職)=チーム提供

 (準決勝は)見ている人には冷や冷やさせたと思うけど、自分なりに余裕はあった。点を取られても、タックルに行けば取り返す自信はあった。オリンピックがかかっているので慎重になったのは確かですが、相手の動きはけっこう見えていて、落ち着いていました。自分を信じることが一番の自信になる。今年から山梨学院大のコーチとなり、学生に恥ずかしい試合は見せられない。お手本となり、背中を見てほしいという気持ちもあった。

 (結果として3試合無失点の内容に)相手に勝たなければならないほか、コロナにも勝たなければならない。それが冷静になれた要因かもしれない。今まではレスリングだけに集中でしたが、コロナ禍の中で海外に行くには、さまざまなサポートが必要。いいさじ加減の緊張感があって、自分のペースでいけました。(減量は)方法変えて、いつもは前日に落とし切って早朝を迎えましたが、今回は前日にある程度食べ、朝の計量の1時間前から動いて汗を出しました。これがけっこう合っていました。ホテルで計量があり、ホテルにマットあったので、このやり方がよかったです。

 (樋口黎とのプレーオフは)勝つしかない。僕が切符を取ってきたんだから、オリンピックへ行くのは当りまえでしょ、という気持ちで臨みます」

▲オリンピック出場枠を獲得した高橋。しかし、オリンピックまではもうひと山ある=同







COVID-19ガイドライン

年別ニュース一覧

サイト内検索

JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース

【報道】取材申請について
-------------

● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。


アスリートの盗撮、写真・動画の悪用、悪質なSNSの投稿は卑劣な行為です。
フェアプレイで日本を元気に