日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト
2021.05.18

男子フリースタイル57kg級代表決定プレーオフは6月中旬に実施案、場合によっては5月中に実施=記事一部修正

 

オリンピックの代表をかけて闘う樋口黎(左)と高橋侑希=写真は2019年全日本選手権(撮影・矢吹建夫)

 日本協会は5月17日、オンラインで理事会を開催し、東京オリンピックの代表枠を獲得した中で唯一代表が内定していない男子フリースタイル57kg級のプレーオフを6月中旬に行うことを決めた。場所は未定だが、東京・味の素トレーニングセンターが候補に挙がっている。

 ただし、日本オリンピック委員会(JOC)から伝えられている「5月末日」のオリンピックの代表選出の期限が動かせない場合は、5月27~30日の明治杯全日本選抜選手権の期間に行う。

 同級は2019年世界選手権(第1次予選=カザフスタン)で代表枠を獲得できず、今年4月のアジア予選(第2次予選=同)に2019年全日本選手権優勝の樋口黎(ミキハウス)が挑む予定だったが、計量失格。今月の世界最終予選(ブルガリア)で、同2位の高橋侑希(山梨学院大職)が優勝し、出場枠を獲得した。

 2018年10月に定めた東京オリンピックの選手選考規定に「天皇杯2位の選手が上記予選でオリンピック出場枠を獲得した場合、当該選手と天皇杯優勝者との間でプレーオフをリミット計量にて実施し、勝者をオリンピック派遣選手とする」「プレーオフ日程については別途決定するものとする」との条項があり、この規定に従ってプレーオフが実施される。

 







COVID-19ガイドライン

年別ニュース一覧

サイト内検索

JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース

【報道】取材申請について
-------------

● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。


アスリートの盗撮、写真・動画の悪用、悪質なSNSの投稿は卑劣な行為です。
フェアプレイで日本を元気に