日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト
2021.05.27

アジア王者の下山田培(警視庁)が優勝、女子は5階級で全日本チャンピオンが勝つ…2021年明治杯全日本選手権・第1日

 

アジア王者の実力を見せた男子グレコローマン67kg級の下山田培(警視庁)

 2021年明治杯全日本選抜選手権は5月27日、東京・駒沢体育館で開幕。男女8階級が行われ、男子グレコローマン67kg級で先月のアジア選手権を制した全日本王者の下山田培(警視庁)が3試合を勝ち抜いて優勝。女子は全5階級で昨年12月の全日本選手権のチャンピオンが勝ち、規定によっていずれも10月の世界選手権(ノルウェー)の代表権を獲得した。

 男子フリースタイル92kg級は2019年全日本王者の大津拓馬(山梨学院大)が優勝。昨年の全日本チャンピオンが不在のため、プレーオフなしで世界選手権の代表へ。男子グレコローマン63kg級は山田義起(エムアンドケイ)が勝ち、全日本チャンピオンの清水賢亮(拓大)とのプレーオフへ。清水が3-3のビッグポイント差で勝ち、世界選手権へコマを進めた。

 下山田は2018年以来、大津は2019年以来の世界選手権で、他の6選手は初の舞台となる。

 女子は、57kg級で南條早映(至学館大)が3試合をいずれも無失点のテクニカルフォール勝ちで圧勝。50kg級の吉元玲美那(至学館大)尾﨑野乃香(慶大)もポイントを許すことなく勝ち抜いた。

 同53kg級の藤波朱理(三重・いなべ総合学園高)は、準決勝で元世界チャンピオンの奥野春菜(自衛隊)を全日本選手権に続いて撃破するなどして優勝。同65kg級の森川美和(日体大)は全日本選手権決勝と同じ相手を破った。

 各階級の成績は下記の通り。(撮影=矢吹建夫)

3試合を無失点で勝ち上がった女子57kg級の南條早映(至学館大)

プレーオフを勝った男子グレコローマン63kg級の清水賢亮(拓大)


男子フリースタイル 男子グレコローマン   女  子  
92kg 63kg 67kg 50kg 53kg 57kg 62kg 65kg

《世界選手権代表決定プレーオフ》=男子グレコローマン63kg級


女子

 【50㎏級】=9選手エントリー

 ▼決勝
吉元玲美那(至学館大)○[9-0]●伊藤海(早大)

 ▼3・4位決定戦
坂本由宇(JOCエリートアカデミー/東京・帝京高)○[9-2]●岡田愛生(石川・志賀高)

 ▼3・5位決定戦
岡田愛生(石川・志賀高)○[Tフォール、2:20=10-0]●小坂歩未(法大)
坂本由宇(JOCエリートアカデミー/東京・帝京高)○[6-0]●中村未優(Sports Design Lab)

 ▼準決勝
吉元玲美那(至学館大)○[Tフォール、2:35=10-0]●岡田愛生(石川・志賀高)
伊藤海(早大)○[Tフォール、1:07=10-0]●中村未優(Sports Design Lab)

 ▼1回戦
吉元玲美那(至学館大)○[Tフォール、1:10=10-0]●小坂歩未(法大)
岡田愛生(石川・志賀高)○[13-4]●米原実穂(至学館大)
中村未優(Sports Design Lab)○[Tフォール、6:00=11-1]●清水美海(日大)
伊藤海(早大)○[Tフォール、1:32=10-0]●坂本由宇(JOCエリートアカデミー/東京・帝京高)

《棄権》
五十嵐未帆(明光ネットワークジャパン)


 【53㎏級】=9選手エントリー

 ▼決勝
藤波朱理(三重・いなべ総合学園高)○[Tフォール、4:51=10-0]●入江ななみ(ミキハウス)

 ▼3・4位決定戦
奥野春菜(自衛隊)○[3-1]●下野佑実(育英大)

 ▼3・5位決定戦
奥野春菜(自衛隊)○[9-2]●與那嶺優里(釘宮整形外科リハビリクリニック)
下野佑実(育英大)○[4-2]●片岡梨乃(早大)

 ▼準決勝
藤波朱理(三重・いなべ総合学園高)○[11-2]●奥野春菜(自衛隊)
入江ななみ(ミキハウス)○[2-0]●下野佑実(育英大)

 ▼1回戦
藤波朱理(三重・いなべ総合学園高)○[Tフォール、1:27=10-0]●與那嶺優里(釘宮整形外科リハビリクリニック)
奥野春菜(自衛隊)○[4-0]●大野真子(日体大)
下野佑実(育英大)○[Tフォール、4:33=11-0]●吉村涼菜(東洋大)
入江ななみ(ミキハウス)○[6-2]●片岡梨乃(早大)

《棄権》
中川夏希(和歌山・新宮高)


 【57㎏級】=8選手エントリー

 ▼決勝
南條早映(至学館大)○[Tフォール、4:02=11-0]●元木咲良(育英大)

 ▼3・4位決定戦
永本聖奈(至学館大)○[Tフォール、1:52=10-0]●大橋海寛(至学館大)

 ▼3・5位決定戦
大橋海寛(至学館大)○[5-2]●岡田純奈(日体大)
永本聖奈(至学館大)○[Tフォール、0:33=10-0]●水澗琉奈(石川・志賀高)

 ▼準決勝
南條早映(至学館大)○[Tフォール、0:39=10-0]●大橋海寛(至学館大)
元木咲良(育英大)○[フォール、2:44=8-0]●水澗琉奈(石川・志賀高)

 ▼1回戦
南條早映(至学館大)○[Tフォール、0:41=10-0]●岡田純奈(日体大)
大橋海寛(至学館大)○[7-4]●今佑海(リバーサルジム新宿Me,We)
水澗琉奈(石川・志賀高)○[3-0]●太田若那(東洋大)
元木咲良(育英大)○[4-0]●永本聖奈(至学館大)


 【62㎏級】=8選手エントリー

 ▼決勝
尾﨑野乃香(慶大)○[6-0]●坂野結衣(警視庁)

 ▼3・4位決定戦
小玉彩天奈(早大)○[6-1]●惣﨑優音(日体大)

 ▼3・5位決定戦
惣﨑優音(日体大)=相手なし
小玉彩天奈(早大)○[4-1]●吉武まひろ(日体大)

 ▼準決勝
尾﨑野乃香(慶大)○[Tフォール、0:17=10-0]●惣﨑優音(日体大)
坂野結衣(警視庁)○[9-6]●吉武まひろ(日体大)

 ▼1回戦
惣﨑優音(日体大)○[Tフォール、3:43=10-0]●吉川かりん(福岡大)
吉武まひろ(日体大)○[Tフォール、0:38=10-0]●武藤千奈恵(国士舘大)
坂野結衣(警視庁)○[2-1]●小玉彩天奈(早大)

《棄権》
石井亜海(育英大)


 【65㎏級】=3選手エントリー

 ▼決勝
森川美和(日体大)○[4-2]●類家直美(至学館大)

 ▼1回戦
類家直美(至学館大)○[3-1]●今井海優(自衛隊)


男子グレコローマン

 【63㎏級】=9選手エントリー

 ▼世界選手権代表決定プレーオフ
清水賢亮(拓大)○[3B-3]●山田義起(エムアンドケイ)

 ▼決勝
山田義起(エムアンドケイ)○[3-1]●長澤勇人(和歌山県協会)

 ▼3・4位決定戦
矢部和希(栃木県スポーツ協会)○[フォール、4:47=7-1]●吉川航平(秋田・秋田商高教)

 ▼3・5位決定戦
矢部和希(栃木県スポーツ協会)=相手なし
吉川航平(秋田・秋田商高教)○[フォール、2:34=5-5]●石川将樹(常陽銀行)

 ▼準決勝
山田義起(エムアンドケイ)○[3-1]●矢部和希(栃木県スポーツ協会)
長澤勇人(和歌山県協会)○[フォール、4:02=4-1]●石川将樹(常陽銀行)

 ▼1回戦
矢部和希(栃木県スポーツ協会)○[4-0]●小柴亮太(日体大)
石川将樹(常陽銀行)○[Tフォール、1:54=8-0]●小栁勇斗(東洋大)
長澤勇人(和歌山県協会)○[6-1]●吉川航平(秋田・秋田商高教)

《棄権》
山本真聖(青山学院大)、吉田大夢(中京学院大)


 【67㎏級】=7選手エントリー

 ▼決勝
下山田培(警視庁)○[9-5]●曽我部京太郎(日体大)

 ▼3・4位決定戦
井ノ口崇之(自衛隊)○[5-4]●吉永信太郎(専大)

 ▼3・5位決定戦
吉永信太郎(専大)=相手なし
井ノ口崇之(自衛隊)○[4-1]●遠藤功章(東和エンジニアリング)

 ▼準決勝
下山田培(警視庁)○[6-5]●吉永信太郎(専大)
曽我部京太郎(日体大)○[フォール、5:46=6-3]●遠藤功章(東和エンジニアリング)

 ▼1回戦
吉永信太郎(専大)○[Tフォール、5:27=9-1]●堤滋樹(日体大)
曽我部京太郎(日体大)○[7-4]●井ノ口崇之(自衛隊)
遠藤功章(東和エンジニアリング)○[Tフォール、3:25=10-2]●澤田夢有人(BODY DESIGN PLANNING)


男子フリースタイル

 【92㎏級】=5選手エントリー

 ▼決勝
大津拓馬(山梨学院大)○[Tフォール、1:45=10-0]●山中良一(愛知・名古屋工高教)

 ▼1回戦
大津拓馬(山梨学院大)○[Tフォール、1:28=10-0]●竹内亮亘(ALSOK)

《棄権》
高谷惣亮(ALSOK)、山口剛(新日本プロレス職)







COVID-19ガイドライン

年別ニュース一覧

サイト内検索

JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース

【報道】取材申請について
-------------

● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。


アスリートの盗撮、写真・動画の悪用、悪質なSNSの投稿は卑劣な行為です。
フェアプレイで日本を元気に