日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト
2021.05.28

【2021年明治杯全日本選抜選手権/第1日・特集】健闘選手の声

 

(2021年5月27日、東京・駒沢体育館)


タックルに入れても、ポイントにつなげられなかった伊藤海(早大)

 ■女子50kg級・伊藤海(早大=全日本選手権に続いて決勝で吉元玲美那に敗れる)「天皇杯と同じ相手に負けてしまい、すごく悔しい。タックルに入ってから取り返されることが何度もあった。脚を触れるのに、きちんと処理できないので、そこが今後の課題だと思いました。(準決勝で全日本3位の中村美優にテクニカルフォール勝ちしたが)優勝が目標だったので通過点です。決勝で大差をつけられて負けたので、ふがいない、という気持ちです。

 大学では、高校では学ぶことのできなかった技術面を学ぶことができ、準決勝まではいい流れで勝つことができました。ここということころで力を出せなかったのは、自分の弱さだと思います。ここで優勝して、プレーオフにも勝って世界選手権に出ることが目標でした。大学に入ってから(須﨑)優衣さんとも練習してもらいましたが、詰めが甘かった。オリンピックに出るには、今まで以上に練習しないとならない、と感じました」


3位は確保し、巻き返しを誓った奥野春菜(自衛隊)

 ■女子53kg級・奥野春菜(自衛隊=準決勝で、全日本選手権で負けた藤波朱理に黒星)「ばらばらだな、と思いました。原因は…、大学3年生のときの明治杯で負けて、(東京オリンピックの道が厳しくなり)そこで気持ちがプツンと切れてしまい、レスリングをやっていない時期があったからだと思います。吉田先生(栄勝=吉田沙保里さんの父)は『1日休んだら、3日遅れる』と言っていました。それを考えると、1年くらいのブランクはあると思う。(最高を100としたら)今は『3』くらいです。

 去年の天皇杯で負けたあと、(完全に戻るには)1年くらいはかかると思っていました。次の天皇杯は、2022年のアジア大会などにつながってくるので、頑張りたい。自衛隊の環境は本当にいいところだと思います。男子コーチとの練習では、早いスピードについていく練習ができています。(藤波選手の存在は)同じ階級に強い人がいるということは、そこを目指してやることができるので、(存在は)いいことだと思います」


4年ぶりに決勝進出を果たした坂野結衣(警視庁)。全日本選手権で勝負をかける

 ■女子62kg級・坂野結衣(警視庁=決勝進出も銀メダル)「決勝に行くのは4年ぶりだと思います。社会人になって、うまくいかないことが多くなって、それでも職場の人が応援してくれて…(涙ぐむ)。その応援にこたえたかった。去年の段階で、いえ、社会人になって勝てなくて、そのたびに『やめよう』という気持ちが出てきました。でも、負けても監督やコーチが親身になってサポートしてくれました。レスリングではない(一般警察官の)同期の人から『勝てないからやめる、というやめ方はしないでほしい』と言われ、そうした言葉が、本当に頑張れる原動力になりました。

 優勝はできなかったんですけど、今できる精いっぱいのことはできたと思います。体力もけがも多くなってきて、簡単に『次、がんばります』とは言えない年齢になりましたが、1年1年を頑張っていきたい。去年負けて、ここまで頑張ってこられた。まだ頑張れる、と思えば続けられる。パリ・オリンピックというより、1年ごとに頑張ってやりたい。全日本選手権、頑張りたい」


1-3から3-3へ追いついたが、痛恨の2失点(反則)で勝利を逃した山田義起(エムアンドケイ)

 ■男子グレコローマン63kg級・山田義起(エムアンドケイ=全日本選抜選手権で優勝しながら、プレーオフで敗れ世界選手権出場が消える)「世界選手権に出場することが目標だったので、ここで負けてしまい悔しいです。グラウンドのデフェンス、リフト技のデフェンスを徹底してやってきました。(防御のとき)足をかけてしまって、無駄な失点があった。自分のローリングをうまく決めることができず、悔しい。

 (2024年パリ・オリンピックへ向けて)階級区分がどうなるか分かりませんが、まず63kg級でしっかりやり、日本の一番になりたい」


アジア王者に挑んだ曽我部京太郎(日体大)。健闘したが及ばなかった

 ■男子グレコローマン67kg級・曽我部京太郎(日体大=決勝でアジア王者の下山田培に敗れる)「前回も今回もグラウンド勝負ということは分かっていましたけど、返されてしまった。そこを修正しない限り勝てないので、しっかり修正しないとならなない。(準決勝の遠藤功章には3度目の対戦で勝利)最初と2回目はテクニカルフォールで何もできないで負けてしまっていた。今回は、少しずつできてきた自分の形で闘え、勝つことができた。その面では進歩したと思います。次にやるときも『絶対に勝つ』という気持ちでやりたい。

 (東京オリンピック世界予選に練習パートナーで帯同し)勝つ選手は『何が何でも勝つ』という強い気持ちを持っていることが分かった。ここで取らないと終わり、という状況の中で自分の力を出し切っている選手が勝っている。全日本選手権でこそ優勝し、(来年の)世界選手権に行けるように頑張りたい」







COVID-19ガイドライン

年別ニュース一覧

サイト内検索

JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース

【報道】取材申請について
-------------

● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。


アスリートの盗撮、写真・動画の悪用、悪質なSNSの投稿は卑劣な行為です。
フェアプレイで日本を元気に