日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト
2021.05.30

【2021年明治杯全日本選抜選手権/第3日・特集】勝者の声

 

(2021年5月29日、東京・駒沢体育館/取材=布施鋼治、谷山美海、大滝佐和)


 ■女子55㎏級・櫻井つぐみ(育英大=全日本選手権に続き、全日本選抜選手権でも優勝。世界選手権初出場を決める)「世界選手権に出るために、この大会では絶対に勝ちたかった。練習してきたことがあまり出せなかった。そこが悔しい。もっと練習しないと、世界選手権で勝てない。

 シニアの世界選手権に出るのは今回が初めて。今までは遠い存在だったけど、自分が行けるようになったからにはもっと頑張らないといけないと思います。出るからには優勝したい。2024年のパリ・オリンピックで優勝することが目標です。オリンピックのときには上の階級(57㎏級)に上げたい」


 ■女子68kg級・宮道りん(日体大=全日本選抜選手権で初優勝。プレーオフも制して、初めて世界選手権出場を決める)「とりあえずホッとしています。決勝に行くのも全日本で優勝するのも初めてだったので、すごくうれしい。決勝戦は、途中でいくら点を取られても最後には自分の手が挙がっているというイメージをずっとしていました。(追いつかれる場面もあったが)結果的に勝てたのでよかった。

 プレーオフは、最後に失点してしまったのが課題。ただ、決勝での反省点をしっかり改善することを意識して試合ができたのでよかった。自分はあまり器用な方ではなく、基本的な動きができていない部分がある。この試合に向けて基本を1から全部やり直すという練習をしてきました。その成果が出たかなと思います。タックル入られてからの課題を克服するため、ディフェンスの練習を毎日してきました」


 ■男子グレコローマン60㎏級・鈴木絢大(レスターホールディングス=全日本選抜選手権初優勝で世界選手権初出場を決める)「軽量級は、世界で結果を残している先輩たちがたくさんいる。そのプライドを持って優勝を狙いたい。今大会は体重調整がうまくいかなかった。当日会場に到着した時点で200グラム・オーバーでした。そこから動いたけど汗が出なかった。朝も半身浴をしたけど、落ちなかった。最後は唾(つば)出しとかで落とす状況だった。そういう調整をしていたら、海外に行ったらなおさら厳しくなってくると思う。しっかりと修正して世界選手権に臨みたい。

 試合に関していえば、最後まで攻め切れなかった。決勝も守って勝ってしまった。(文田)健一郎先輩や(太田)忍先輩は最後まで攻め切ってテクニカルフォールで優勝したりしていた。そこは見習わないといけない。健一郎先輩からは常日頃、「きっちりしていれば大丈夫だよ」と言われています。だから今日も待っているとき、自分に『大丈夫』『大丈夫』と言い聞かせていました。おかげで最後までやり切れたと思います」


 ■男子グレコローマン87kg級・鶴田峻大(自衛隊=2018年に続いて優勝。前回はプレーオフで負けて世界選手権は逃す)「この階級は自衛隊体育学校が表彰台を独占してきた階級だった。角(雅人)さんや阪部(創)さんがいない中でも優勝できてホッとしています。アジア予選や世界予選を見て、今年は重量級でも少しずつレベルが上がってきているのではないかと思います。

 (予選に)自分が出たかったというのが率直な気持ちですが、そこまで差はないかなとも思っています。自分はそんなに経験が豊富ではなく、ほとんどを自衛隊体育学校で教わったので、自衛隊体育学校ならではの強さを見せたいと思います。初の世界選手権は、(いい成績を残せば)次のパリ・オリンピックへの自信にもつながると思う。オリンピック(出場を争える)圏内に入りたいです」


 ■男子グレコローマン130kg級・園田新(ALSOK=圧勝で大会7連覇)「アジア予選、世界予選で不甲斐ない結果に終わってしまったので、次に切り替えられるような大会にしたいと思っていました。帰国後の隔離期間中も自分ができることをしっかりやれたかなと思います。

 (東京オリンピックへの道が絶たれてしまったが)吹っ切れています。リオデジャネイロの時は力を出し切れない思いもありました。今回は出し切れたかな、という気持ち。差が縮まっているのなら、この後、まだ頑張れば次のオリンピックに出場することが可能なのではないかと思っています。切り替えはできています。(パリ・オリンピックの予選が)あと2年で始まってしまう。本当に短い期間だと思いますけど、今まで通りやるだけだと思います。子供が生まれて、父親として強いところを見せるためにも、頑張らないといけないと思っています」


 ■男子フリースタイル57㎏級・阿部敏弥(国士舘大職=全日本初の表彰台入りで優勝を果たし、世界選手権への出場を決める)「(決勝は)強い相手だったので最初から点を取りに行きたかったのですが、なかなか取ることができませんでした。最後、勝ち切れて良かったです。

 (世界選手権の初出場を決めて)全日本の表彰台に乗るのも初めてで、初めて尽くしなので、世界選手権のことはこれから考えていきたいです。(大学職員への就職は)大学のコーチとして残してもらい、『パリ・オリンピックを目指して頑張れ』と言っていただきました。今は気持ちよくレスリングができています。(世界選手権に向けて)海外のトップ選手は力も強いと思うので、体力強化をはじめ、すべてにおいて強化していきたいです」


 ■男子フリースタイル65㎏級・山口海輝(日体大=昨年の全日本選手権に続いて優勝)「(決勝は第1ピリオドでリードされ)少しヒヤヒヤしたけど、気持ちを切り替えることができた。まだまだ世界では通用しないと思っている。筋力面もレスリングの面も両方上げていきたい。

 65㎏級で続けていこうと思っています。乙黒拓斗さんに勝たないと世界ではメダルを取れないので、勝つつもりで挑みます。自分が得意なのは、組み手で相手をしっかりと動かしてアタックするところ。(一昨年に初出場した)世界選手権では攻められず、アタックの数も少なかったので、強化に取り組んでいます」


 ■男子フリースタイル79㎏級・吉田隆起(自衛隊=初戦黒星もプレーオフで勝ち、世界選手権出場を決める)「初戦で負けてしまって気持ちを切り替えるのに苦労しました。(乙黒)圭祐先輩や湯元コーチ、鈴木コーチがアドバイスをくれたので、どんな形でも最後に勝てばいい、という思いで臨みました。(調子は)アジア選手権から帰ってきて隔離期間もあり、一番いい状態には戻せなかったが、限られた時間の中では一番いい形には戻せました。だからこそ、(初戦の負けは)悔しかったです。

 (練習パートナーの乙黒圭祐選手は)ものすごく心強いです。圭祐先輩も何度もプレーオフを経験されてきて、「どんな形でもいいから最後に勝てばいい」と言われたので、とにかく結果だけ求めてやりました。今日は(入場の)人数制限で来られませんでしたが、米満(達弘)コーチが普段のウエートトレーニングやマット練習を見てアドバイスをしてくれています。世界選手権の代表に内定したことをしっかりと報告したいです。(世界選手権は)優勝を目指して頑張ります」







COVID-19ガイドライン

年別ニュース一覧

サイト内検索

JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース

【報道】取材申請について
-------------

● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。


アスリートの盗撮、写真・動画の悪用、悪質なSNSの投稿は卑劣な行為です。
フェアプレイで日本を元気に