日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト
2021.05.30

女子76kg級は松雪泰葉(至学館大)が世界選手権代表権を獲得、妹の屈辱を晴らす…2021年明治杯全日本選抜選手権・最終日

 

全日本選手権での屈辱を晴らした女子76kg級の松雪泰葉(至学館大)

 2021年明治杯全日本選抜選手権最終日は5月30日、東京・駒沢体育館で男女8階級が行われ、女子76kg級で全日本選手権2位の松雪泰葉(至学館大)が同優勝の鏡優翔(東洋大)を破って初優勝。プレーオフでも5-0で勝ち、世界選手権の代表権を手にした。前日、双子の妹の成葉(至学館大)が決勝とプレーオフを連敗して世界選手権代表を逃しており、妹の屈辱を姉が晴らした形となった。

 男子フリースタイル61kg級でもプレーオフが行われ、優勝の長谷川敏裕(日体クラブ)が全日本チャンピオンの小川航大(日体大)を破り、初の世界選手権出場を決めた。

 同97kg級は石黒峻士(新日本プロレス職)が勝ち、全日本王者不在のため、自動的に世界選手権の出場が決まった。前日86kg級で優勝した隼士(日大)とともに兄弟での世界選手権に挑む。男子グレコローマン72kg級は2018年優勝の井上智裕(FUJIOH)が2大会ぶりの優勝。やはり全日本王者が出場していないため、世界選手権の代表に決まった。

 同82kg級は向井識起(自衛隊)、女子72kg級は古市雅子(自衛隊)の全日本チャンピオンが勝ち、規定によって世界選手権の代表となる。

 3スタイルを通じた最優秀選手に授与される明治杯は、男子グレコローマン67kg級を制した下山田培(警視庁)が初受賞。優秀選手は、男子フリースタイルが57kg級優勝の阿部敏弥(国士舘大職)、男子グレコローマンが82kg級優勝の向井、女子が50kg級優勝の吉元玲美那(至学館大)がそれぞれ受賞した。

 各階級の成績は下記の通り。

男子フリースタイル61kg級を制した2018年U23世界王者(57kg級)の長谷川敏裕(日体クラブ)

弟・隼士(日大)に続いて世界選手権出場を決めた男子フリースタイル97kg級の石黒峻士(新日本プロレス職)


男子フリースタイル 男子グレコローマン  女 子 
61kg 97kg 72kg 82kg 72kg 76kg

《世界選手権代表選考プレーオフ》=男子フリースタイル61kg級、女子76kg級


女子

 【72㎏級】=7選手エントリー

 ▼決勝
古市雅子(自衛隊)○[フォール、1:38=4-0]●新倉すみれ(神奈川大)

 ▼3・4位決定戦
進藤芽伊(クリナップ)○[Tフォール、1:49=10-0]●小林奏音(専大)

 ▼3・5位決定戦
進藤芽伊(クリナップ)=相手なし
小林奏音(専大)○[フォール、1:44=3-0]●水島京香(日体大)

 ▼準決勝
古市雅子(自衛隊)○[8-0]●進藤芽伊(クリナップ)
新倉すみれ(神奈川大)○[5-2]●水島京香(日体大)

 ▼1回戦
進藤芽伊(クリナップ)○[Tフォール、2:05=12-0]●和地美咲(日体大)
水島京香(日体大)○[6-0]●菅野藍衣(東京・帝京高)
新倉すみれ(神奈川大)○[Tフォール、5:01=10-0]●小林奏音(専大)


 【76㎏級】=4選手エントリー

 ▼世界選手権代表決定プレーオフ
松雪泰葉(至学館大)○[5-0]●鏡優翔(東洋大)

 ▼決勝
松雪泰葉(至学館大)○[3-1]●鏡優翔(東洋大)

 ▼3・4位決定戦
齋藤未来(小田開発工業)○[3-2]●長島水城(大東大)

 ▼1回戦
鏡優翔(東洋大)○[2-1]●齋藤未来(小田開発工業)
松雪泰葉(至学館大)○[Tフォール、5:30=11-0]●長島水城(大東大)


男子グレコローマン

 【72㎏級】=8選手エントリー

 ▼決勝
井上智裕(FUJIOH)○[7-1]●堀江耐志(自衛隊)

 ▼3・4位決定戦
寺田靖也(明大クラブ)○[フォール、2:04=4-4]●稲葉洋人(青山学院大)

 ▼準決勝
堀江耐志(自衛隊)○[6-4]●稲葉洋人(青山学院大)
井上智裕(FUJIOH)○[Tフォール、3:51=11-01]●寺田靖也(明大クラブ)

 ▼1回戦
稲葉洋人(青山学院大)○[Tフォール、4:51=10-1]●塩崎剛(尾鷲総合病院)

《棄権》島袋慶生(新潟県協会)、倉野真之介(横浜市消防局)、山本貴裕(山口県協会)


 【82㎏級】=10選手エントリー

 ▼決勝
向井識起(自衛隊)○[4-0]●川村洋史(自衛隊)

 ▼3・4位決定戦
藤井達哉(後藤回漕店)○[6-1]●田中真男(奈良・天理教校学園高コーチ)

 ▼3・5位決定戦
田中真男(奈良・天理教校学園高コーチ)○[Tフォール、1:50=9-0]●谷崎大造(山梨学院大)
藤井達哉(後藤回漕店)○[不戦勝]●樋口徹心(日体大)

 ▼準決勝
向井識起(自衛隊)○[Tフォール、4:19=8-0]●谷崎大造(山梨学院大)
川村洋史(自衛隊)○[4-0]●藤井達哉(後藤回漕店)

 ▼1回戦
向井識起(自衛隊)○[Tフォール、3:58=9-0]●田中真男(奈良・天理教校学園高コーチ)
谷崎大造(山梨学院大)○[Tフォール、2:27=11-2]●今村太陽(福岡大クラブ)
藤井達哉(後藤回漕店)○[4-2]●谷口空良(青山学院大)
川村洋史(自衛隊)○[5-1]●樋口徹心(日体大)

《棄権》松崎勇人(宮崎・福島高教)、山﨑翔馬(九州共立大OB)


男子フリースタイル

 【61㎏級】=11選手エントリー

 ▼世界選手権代表決定プレーオフ
長谷川敏裕(日体クラブ)○[Tフォール、1:29=10-0]●小川航大(日体大)

 ▼決勝
長谷川敏裕(日体クラブ)○[6-1]●清岡幸大郎(日体大)

 ▼3・4位決定戦
服部大虎(山梨学院大)○[11-2]●但野航(ニトリ)

 ▼3・5位決定戦
但野航(ニトリ)○[Tフォール、0:18=10-0]●小川航大(日体大)
服部大虎(山梨学院大)○[12-3]●小栁和也(自衛隊)

 ▼準決勝
清岡幸大郎(日体大)○[7-4]●小川航大(日体大)
長谷川敏裕(日体クラブ)○[Tフォール、5:51=12-2]●小栁和也(自衛隊)

 ▼2回戦
小川航大(日体大)○[Tフォール、2:36=10-0]●藤田颯(早大)
清岡幸大郎(日体大)○[Tフォール、2:59=11-0]●但野航(ニトリ)
長谷川敏裕(日体クラブ)○[4-0]●服部大虎(山梨学院大)
小栁和也(自衛隊)○[Tフォール、5:19=10-0]●嶋江翔也(佐賀県協会)

 ▼1回戦
藤田颯(早大)○[Tフォール、3:41=10-0]●吉村拓海(自衛隊)
服部大虎(山梨学院大)○[6-0]●菊地憲(AKH研究センター)
小栁和也(自衛隊)○[11-2]●山口叶汰(神奈川大)


 【97㎏級】=6選手エントリー

 ▼決勝
石黒峻士(新日本プロレス職)○[7-0]●伊藤飛未来(日体大)

 ▼3・4位決定戦
園田平(自衛隊)○[不戦勝]●山崎祥平(早大)

 ▼3・5位決定戦
山崎祥平(早大)=相手なし
園田平(自衛隊)○[8-3]●吉田ケイワン(日大)

 ▼準決勝
石黒峻士(新日本プロレス職)○[4-1]●山崎祥平(早大)
伊藤飛未来(日体大)○[6-6]●園田平(自衛隊)

 ▼1回戦
山崎祥平(早大)○[フォール、3:47=8-4]●二ノ宮寛斗(不二精機)
伊藤飛未来(日体大)○[13-10]●吉田ケイワン(日大)







COVID-19ガイドライン

年別ニュース一覧

サイト内検索

JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース

【報道】取材申請について
-------------

● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。


アスリートの盗撮、写真・動画の悪用、悪質なSNSの投稿は卑劣な行為です。
フェアプレイで日本を元気に