日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト
2021.07.20

バトバヤル・ナムバルダグワ(千葉・日体大柏)が今季2個目のタイトル獲得…2021年全国高校生グレコローマン選手権

 

 2021年全国高校生グレコローマン選手権最終日は7月19日、滋賀・ウカルちゃんアリーナで4階級の敗者復活戦とファイナルが行われ、3月の全国高校選抜大会と同じ顔合わせとなった125kg級決勝は、今回もバトバヤル・ナムバルダグワ(千葉・日体大柏)竹田廉(熊本・小川工)を下し、今季2個目の全国タイトルを獲得した。

 71kg級は、全国高校選抜大会65kg級2位の髙橋海大(東京・帝京/JOCエリートアカデミー)が勝ち、進学後の初の全国タイトルをグレコローマンで獲得。80kg級は高原崇陽(岐阜・高山西)、92kg級は吉田アラシ(埼玉・花咲徳栄)が、やはり高校での初のタイトルを獲得した。

 前日の4階級と合わせ、8階級の優勝を8都県が分ける結果となった。

 各階級の結果は下記の通り。(撮影=矢吹建夫)

全国高校選抜大会に続く優勝のバトバヤル・ナムバルダグワ(千葉・日体大柏)

グレコローマンに初挑戦し、栄冠を手にした髙橋海大(東京・帝京/JOCエリートアカデミー)


全階級一覧表 51kg 55kg 60kg 65kg
71kg 80kg 92kg 125kg

 【71kg級】

 ▼決勝
髙橋海大(東京・帝京/JOCエリートアカデミー)○[8-7]●林拳進(埼玉・埼玉栄)

 ▼3位決定戦
山路太心(和歌山・和歌山北)○[7-1]●工藤大知(鹿児島・鹿屋中央)
井上葉月(高知・高知東)○[フォール、4:03=5-4]●長谷川虎次郎(山梨・韮崎工)

《7・8位順位》[7]角出直生(石川・志賀)、[8]大藤弘紀(福岡・苅田工)

------------------------------------------

 【80kg級】

 ▼決勝
高原崇陽(岐阜・高山西)○[5-0]●城所拓馬(群馬・太田)

 ▼3位決定戦
掛川零恩(山口・豊浦)○[6-4]●今井海陽(京都・海洋)
浅野心(岡山・高松農)○[3-1]●神谷龍之介(三重・いなべ総合学園)

《7・8位順位》[7]高橋侑臣(高知・高知南)、[8]原田優希(鹿児島・鹿屋中央)

------------------------------------------

 【92kg級】

 ▼決勝
吉田アラシ(埼玉・花咲徳栄)○[Tフォール、4:32=10-2]●佐々木優太(秋田・ノースアジア大明桜)

 ▼3位決定戦
濱田豊喜(東京・日本工大駒場)○[Tフォール、0:42=8-0]●曽我部凜大郎(愛媛・今治西)
稲本喬弘(長崎・島原)○[フォール、0:30=4-0]●岡大智(香川・多度津)

《7・8位順位》[7]北脇香(山梨・韮崎工)、[8]磯江大成(鳥取・鳥取中央育英)
------------------------------------------

 【125kg級】

 ▼決勝
バトバヤル・ナムバルダグワ(千葉・日体大柏)○[4-1]●竹田廉(熊本・小川工)

 ▼3位決定戦
石場寿男(三重・朝明)○[7-1]●坂田竜杜(鹿児島・鹿屋中央)
山本隼(青森・八戸学院光星)○[5-4]●宇都宮快斗(埼玉・埼玉栄)

《7・8位順位》[7]井上響(愛媛・八幡浜工)、[8]江草和希(岡山・笠岡工)







COVID-19ガイドライン

年別ニュース一覧

サイト内検索

JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース

【報道】取材申請について
-------------

● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。


アスリートの盗撮、写真・動画の悪用、悪質なSNSの投稿は卑劣な行為です。
フェアプレイで日本を元気に