日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト
2021.10.06

アブデュラシド・サデュラエフ(RWF)が通算7度目の世界一…2021年世界選手権・第4日

 

2階級にわたって通算7度目の世界一に輝いたアブデュラシド・サデュラエフ(RWF)=提供・UWW/撮影:Martin Gabor)

 【オスロ(ノルウェー)】2021年世界選手権第4日は10月5日、ノルウェー・オスロで男子フリースタイル2階級と女子2階級の敗者復活戦とファイナルが行われ、男子フリースタイル97kg級決勝は東京オリンピック決勝と同じ顔合わせとなり、アブデュラシド・サデュラエフ(RWF=ロシア・レスリング連盟)カイル・スナイダー(米国)を6-0で破り、東京に続いて王者に君臨した。

 サデュラエフは2014・15年世界選手権と2016年リオデジャネイロ・オリンピックの86kg級を制し、97kg級に上げて2018・19年世界選手権、東京オリンピックと、通算7度目の世界一に輝いた。

 同70kg級は、2019年世界選手権3位のマゴメドムラド・ガジエフ(ポーランド=元ロシア)が初の世界一に輝いた。

 女子62kg級は、2019年世界チャンピオンで東京オリンピックは2位に終わったアイスルー・チニベコワ(キルギス)が勝ち、2度目の世界一へ。55kg級は櫻井つぐみ(育英大)が勝った。

 男子フリースタイルは全日程が終了。国別対抗得点は、3階級を制したRWFが173点をマークして優勝した。2位は同じ3階級優勝の米国で168点。イランも3階級で勝ったが、162点で3位だった。日本は銅メダル1個で33点どまり。13位に終わった。

 各階級のファイナルと男子フリースタイルの国別対抗得点は下記の通り。


男子フリースタイル

 【70kg級】=26選手出場

 ▼決勝
Magomedmurad GADZHIEV(ポーランド)○[2-1]●Ernazar AKMATALIEV(キルギス)

 ▼3位決定戦
Zurabi IAKOBISHVILI(ジョージア)○[4-3]●Turan BAYRAMOV(アゼルバイジャン)
Evgenii ZHERBAEV (RWF)○[6-0]●Arman ANDREASYAN(アルメニア)

--------------------------------

 【97kg級】=22選手出場

 ▼決勝
Abdulrashid SADULAEV (RWF)○[6-0]●Kyle SNYDER(米国)

 ▼3位決定戦
Mahamed ZAKARIIEV(ウクライナ)○[9-3]●Aleksandr HUSHTYN(ベラルーシ)
Mojtaba GOLEIJ(イラン)○[Tフォール、4:16=10-0]●Batzul ULZIISAIKHAN(モンゴル)

--------------------------------

 《国別対抗得点》

[1]RFW 173点、[2]米国 168点、[3]イラン 162点、[4]ジョージア 68点、[5]トルコ 58点、[6]モンゴル 56点、[7]ベラルーシ 45点、[8]アゼルバイジャン 42点、…[13]日本 33点


女子

 【55kg級】=14選手出場

 ▼決勝
櫻井つぐみ(日本)○[Tフォール、2:08=10-0]●Nina HEMMER(ドイツ)

 ▼3位決定戦
Jenna Rose BURKERT(米国)○[5-2]●Pinki PINKI(インド)
Oleksandra KHOMENETS(ウクライナ)○[10-8]●Olga KHOROSHAVTSEVA (RWF)

--------------------------------

 【62kg級】=17選手出場

 ▼決勝
Aisuluu TYNYBEKOVA(キルギス)○[7-0]●Kayla MIRACLE(米国)

 ▼3位決定戦
Gantuya ENKHBAT(モンゴル)○[7-6]●Lais NUNES DE OLIVEIRA(ブラジル)
尾﨑野乃香(日本)○[Tフォール、5:15=12-0]●Ilona PROKOPEVNIUK(ウクライナ)







2023年世界選手権/激戦の跡
JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース

年別ニュース一覧

サイト内検索


【報道】取材申請について
-------------

● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。


アスリートの盗撮、写真・動画の悪用、悪質なSNSの投稿は卑劣な行為です。
BIG、totoのご購入はこちら

SPORTS PHARMACIST

JADA HOMEPAGE

フェアプレイで日本を元気に