日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト
2021.10.11

清水賢亮(拓大)が銅メダル獲得…2021年世界選手権・最終日(男子グレコローマン)

 

世界ジュニア選手権に続き、シニアの世界選手権でも銅メダル獲得の清水賢亮(拓大)

 【オスロ(ノルウェー)】2021年世界選手権最終日は10月10日、ノルウェー・オスロで男子グレコローマン3階級の敗者復活戦とファイナルが行われ、3位決定戦に進んだ63kg級の清水賢亮(拓大)が銅メダルを獲得した。67kg級の下山田培(警視庁)は敗者復活戦で敗れた。

 清水は敗者復活戦で4月のアジア選手権優勝のスルタン・アッセツリー(カザフスタン)を4-1で撃破。3位決定戦は、昨年12月の個人戦ワールドカップ2位のエリク・トルバ(ハンガリー)に4点技を決めるなどし、第1ピリオドの終了直前、10-1でテクニカルフォール勝ちした。2017年世界ジュニア選手権50kg級で銅メダルを取って以来の国際大会のメダル獲得。

 下山田は3位復活戦進出をかけて今年の欧州&世界ジュニア王者のハスラト・ジャファロフ(アゼルバイジャン)と対戦し、0-7で敗れ、メダルの道が途絶えた。

 男子グレコローマンも全日程を終了し、日本は「金1・銅1」を獲得。国別対抗得点は54点で7位。前回(2019年)の6位に及ばなかった。(撮影=布施鋼治)

注)男子フリースタイルの記事で、ワールドカップの出場枠を「8位以内」としましたが、2019年12月に「5位以内の国と世界選抜の6チームで争う新方式」が発表されていました。訂正します。なお、オリンピック・イヤーにワールドカップは実施されないため、次のワールドカップは2022年になります。《関連記事=2019年12月12日》

3位決定戦では、豪快な4点技が爆発!

下山田培はマットを去る決意を表明。惜別の涙がこぼれた


男子グレコローマン

 【63kg級】清水賢亮(拓大)   3位21選手出場
3決戦 ○[Tフォール、2:47=10-1]Torba, Erik(ハンガリー)
敗復戦 ○[4-1]Assetuly, Sultan(カザフスタン)

(以下、前日に実施)
準々決勝 ●[4-5]Abuladze, Leri(ジョージア)
2回戦  ○[8-4]Sulaimanov, Kaly(キルギス)
1回戦   BYE

------------------------------------

 【67kg級】下山田培(警視庁)   27選手出場
敗復戦 ●[0-7]Jafarov, Hasrat(アゼルバイジャン)

(以下、前日に実施)
2回戦 ●[フォール、5:03=6-5]Geraei, Mohammad Reza Abdolhami(イラン)
1回戦  BYE

------------------------------------

 《国別対抗得点》

[1]RWF(ロシア・レスリング連盟)152点、[2]イラン 146点、[3]アゼルバイジャン 107点、[4]ジョージア 92点、[5]トルコ 66点、[6]ハンガリー 60点、[7]日本 54点、[8]アルメニア 49点







COVID-19ガイドライン

年別ニュース一覧

サイト内検索

JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース

【報道】取材申請について
-------------

● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。


アスリートの盗撮、写真・動画の悪用、悪質なSNSの投稿は卑劣な行為です。
フェアプレイで日本を元気に