日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト
2021.12.18

【2021年全日本選手権・特集(第2日)】健闘選手の声

 

(2021年12月17日、東京・駒沢体育館)


 ■女子65kg級・源平彩南(アイシン=4年ぶりの全日本選手権の舞台で準優勝)「まだまだ練習が足りないな、と思いました。(決勝で)最初に相手と当たった時に首を詰まらせてしまって、手に力が入らなくなった。そこから気持ちが保てていなかった。2位では駄目なので、一番になれるよう、どんどん自分の強みを磨いていきたい。

 構えも動きも、すべて過去にはとらわれず、変えました。心技体に基づいた自流で新しいレスリングをしていこう、と思って大会に臨みました。父からのアドバイスで、マイク・タイソンの動きや体の使い方の原理に基づいています。まだ完璧ではないので、次は失敗がないようにしたい」


 ■男子グレコローマン67kg級・曽我部京太郎(日体大=昨年の全日本選手権の準決勝で破った遠藤功章に雪辱を許す)「スタンドで自分の形にはめ切れず、グラウンドでやられてしまった点が敗因です。(遠藤は)先輩で、何度も負けてしまっている相手。次は絶対に自分が勝つために、今回の試合の課題や、スタンドやグラウンドで取り切れる技を課題としてやっていきたいと思います」







2023年世界選手権/激戦の跡
JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース

年別ニュース一覧

サイト内検索


【報道】取材申請について
-------------

● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。


アスリートの盗撮、写真・動画の悪用、悪質なSNSの投稿は卑劣な行為です。
BIG、totoのご購入はこちら

SPORTS PHARMACIST

JADA HOMEPAGE

フェアプレイで日本を元気に