日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト
2022.01.14

1月20~23日にフランスで「アンリ・デグラナ国際大会」…米国期待のイアンニ・ディアコミハリスが出場

 

 1日の新規感染者が35万人を超え、オミクロン株による感染拡大が深刻なフランスだが、世界レスリング連盟(UWW)は1月11日、今月20日(木)~23日(日)にフランス・ニースで予定されている2022年の本格的な国際大会の幕開けとなる「アンリ・デグラナ国際大会」の男子フリースタイルと女子のエントリーを発表した。厳重な感染対策の下で行うという。

2連覇を目指す米国期待の若手選手、イアンニ・ディアコミハリス=提供・UWW

 参加は、地元のフランスのほか、ドイツ、ポーランド、スペイン、スウェーデン、ハンガリー、米国など。

 米国からは男子フリースタイルの若手主体のチームが参加。65kg級では、世界カデット選手権2度優勝を経て2020年パンアメリカン選手権優勝のイアンニ・ディアコミハリスが出場する。

 同選手は2018年に1年生でNCAA(全米大学)選手権を制し、翌2019年も優勝。同年5月の「Beat The Street」(ニューヨーク)では前年世界選手権2位のバジラン・プニア(インド)と対戦し、10-8で撃破。昨年のこの大会では、2016年リオデジャネイロ王者のウラジーミル・キンチェガシビリ(ジョージア)をテクニカルフォールで破って優勝している米国期待の選手。

 オリンピアンでは、女子57kg級で東京オリンピックの第2シードだったオデュナヨ・アデクオロイェ(ナイジェリア)、同68kg級で東京オリンピック2位のブレッシング・オボルデュデュ(ナイジェリア)が出場する。

 なお、2月中旬に予定されていた「クリッパン女子国際大会」(スウェーデン・クリッパン)は中止、キューバでの2大会はともに3月に延期された。日本は、今年度中は海外遠征の予定はない。







JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース

年別ニュース一覧

サイト内検索


【報道】取材申請について
-------------

● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。


アスリートの盗撮、写真・動画の悪用、悪質なSNSの投稿は卑劣な行為です。
JADA HOMEPAGE

フェアプレイで日本を元気に