日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト
2022.02.01

【重要】2022年世界レスリング連盟(UWW)ルール改正について(審判委員会)

 

                            (公財)日本レスリング協会 審判委員会


 世界レスリング連盟(UWW)は2022年1月25日付で以下のルール改正を行った。開始日は1月25日付としている。日本レスリング協会審判委員会はスムーズに移行するために周知徹底を図ります。

(改正点)

1.レフリーデレゲート(競技会の審判長・副審判長)の介入を認める。(第26条)
 
 *審判団がこのような(例:時計係の得点やコーションの表示ミス・スタンドポジションかパーテレポジションでの再開のミス・勝者宣言のミスなど)重大なミスに気づかなかった場合、レフリーデレゲートが介入しコンソルテーションやVTRによって修正を求める事ができる。

2.チャレンジについて(第31条)
 *スコアボードにポイントが表示された後、5秒間、またはレスラーがニュートラルポジションになった後、5秒間にチャレンジができる。

3.FSのアクティビティ・タイム中の得点変更について(第38条)
 *アクティブレスラーが得点しても、アクティビティ・タイムは継続、30秒間に失点しなければ終了時に1点を獲得できる。

4.フォールについて(第42条)
 *デンジャーポジションで相手にコントロールされているレスラーが、明らかな怪我等も無くマットを叩いたり叫んだりしても、レフリーは試合を止めずにマットチェアマンに確認しフォールを取る。

5.U-15・U-17・ベテラン(FS)のパッシーブの変更について(第46条)
 *口頭注意なしでダイレクトにアクティビティ・タイムを与える。

6.技術回避・場外逃避の評価(ポイントの変更)について(第48・49条)
 *技術回避(全てのスタイル)
   スタンド 〇+1点 (再スタートスタンド)
   パーテレ 〇+1点 (再スタートパーテレ)
 *場外逃避(全てのスタイル)
  スタンド 〇+1点
   ・テイクダウンの場合は2点追加、再スタートはパーテレ
   ・ノーテイクダウンの場合は1点追加、再スタートはスタンド               
   パーテレ  〇+1点 再スタートはパーテレ(従来通り)
   デンジャー 〇+2点 再スタートはパーテレ(従来通り) 

7. 組み合わせについて(第12条)
 トーナメント表の「予備戦」は下部ブロックに集中していたが、上部ブロック・下部ブロックにバランス良く配置される。

《UWWサイト参照》  → クリック







JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース

年別ニュース一覧

サイト内検索


【報道】取材申請について
-------------

● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。


アスリートの盗撮、写真・動画の悪用、悪質なSNSの投稿は卑劣な行為です。
JADA HOMEPAGE

フェアプレイで日本を元気に