日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト
2022.02.04

2.12ビッグイベント(米国)にハッサン・ヤズダニチャラティー(イラン)が出場、女子の米国・モンゴル対抗戦も実施

 

 今月12日に大リーグ、レンジャーズの本拠地で行われるビッグイベントのイランのラインナップが発表され、男子フリースタイル86kg級で昨年の東京オリンピック2位、世界選手権優勝のハッサン・ヤズダニチャラティー(イラン)ら世界王者経験者3選手が出場することになった。

米国の一大イベントに参加するハッサン・ヤズダニチャラティー(イラン)

 野球場で開催されるイベントは、男子フリースタイルの米国とイランの対抗戦と、オクラホマ州立大とアイオワ大の対抗戦が発表されていた。(関連記事)。ここに、女子の米国とモンゴルの対抗戦6階級と男子グレコローマン1階級が加わることになり、女子ではヘレン・マルーリス(米国)、男子グレコローマンではモハマドハジ・アブドラハ・サラビ(イラン)が出場する。

 イランからは、ヤズダニチャラティーのほか、昨年の世界選手権で優勝した92kg級のカムラン・ゴルバン・ガセムプールと125kg級のアミール・ホセイン・アッバ・ザレが出場。他に、世界選手権の銀メダリスト3選手が名を連ねた。

 女子は、米国の57kg級に東京オリンピック3位、昨年の世界チャンピオンのヘレン・マルーリス、2019年世界選手権55kg級優勝のジャカラ・ウィンチェスター、昨年の世界選手権62kg級2位のカイラ・コリーン・ミラクル(東京オリンピック代表)らが名を連ね、モンゴルは東京オリンピック50kg級5位のナムウンチェチェグ・チョグトチールらが出場する。

 男子グレコローマンは、2021年世界選手権97kg級3位のトレーシー・ハンコックが出場し、世界王者を迎え撃つ。

 すでにジョーダン・バローズやカイル・スナイダーらの米国スター選手の出場が発表されており、世界の一大イベントとなりそう。国際大会の試合カードは下記の通り。


 【男子フリースタイル】
▼57kg級 Thomas Gilman(米国) - Ali Reza Sarlak(イラン)
▼61kg級 Daton Fix(米国) - Majid Dastan or Mohammad Ramezanpour(イラン)
▼65kg級 Yianni Diakomihalis(米国) - Rahman Amouzakjhalili(イラン)
▼70kg級 James Green(米国) - Amir Mohammad Yazdani Charati or Erfan Elahi(イラン)
▼74kg級 Jason Nolf(米国) - Yones Emamichoghaei(イラン)
▼79kg級 Jordan Burroughs(米国) - Mohammad Nokhodilarimi(イラン)
▼86kg級 Zahid Valencia(米国) - Hassan Yazdani Charati(イラン)
▼92kg級 J’den Cox(米国) - Kamran Ghasempour(イラン)
▼97kg級 Kyle Snyder(米国) - Mojtaba Goleij(イラン)
▼125kg級 TBA(米国) - Amir Hossein Zare(イラン)

 【女子】
▼50kg級 Victoria Anthony(米国) - Namuuntsetseg Tsogt-ochir(モンゴル)
▼53kg級 Jacarra Winchester(米国) - Khulan Batkhuyag(モンゴル)
▼57kg級 Helen Maroulis(米国) - Bolortuya Khurelkhuu(モンゴル)
▼62kg級 Kayla Miracle(米国) - Narangerel Erdenesukh(モンゴル)
▼68kg級 Kennedy Blades(米国) - Delgermaa Enkhsaikhan(モンゴル)
▼76kg級 Victoria Francis(米国) - Ariunjargal Ganbat(モンゴル)

 【男子グレコローマン】
▼97kg級 G’Angelo Hancock(米国) - Mohammadhadi Saravi(イラン)







JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース

年別ニュース一覧

サイト内検索


【報道】取材申請について
-------------

● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。


アスリートの盗撮、写真・動画の悪用、悪質なSNSの投稿は卑劣な行為です。
JADA HOMEPAGE

フェアプレイで日本を元気に