日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト
2022.03.07

アジアから2選手が受賞…2022年2月のUWW「レスラー・オブ・ザ・マンス」

 

 世界レスリング連盟(UWW)が発表する2022年2月の「レスラー・オブ・ザ・マンス」(月間最優秀選手賞)に、男子フリースタイルのアミール・モハマド・ヤズダニ(イラン=70kg級)、女子のチェレンチメド・スヘー(モンゴル=62kg級)、男子グレコローマンのユヌス・バサール(トルコ=77kg級)、の3選手が選ばれた。

2022年2月の「レスラー・オブ・ザ・マンス」受賞者。左からユヌス・バサール(トルコ)、アミール・モハマド・ヤズダニ(イラン)、チェレンチメド・スヘー(モンゴル)

 昨年の世界選手権65kg級2位のヤズダニは、UWWランキング大会「ヤシャ・ドク国際大会」(トルコ)の70kg級で優勝。4試合の総ポイントが31-3の圧勝で、これが初の国際大会の優勝。これまで2019年U23アジア選手権など4大会で銀か銅のメダル獲得はあったが、優勝はなかった。

 2014年世界選手権60kg級優勝スヘーも同大会での優勝が評価された。初戦で2019年世界2位・2021年東京オリンピック3位のタイベ・ユセイン(ブルガリア)をフォールで破ったあと、2016年リオデジャネイロ・オリンピック58kg級銅メダリストのサクシ・マリク(インド)マルワ・アムリ(チュニジア)にそれぞれフォール勝ちとテクニカルフォール勝ち。

 決勝は世界チャンピオンのアイスルー・チニベコワ(キルギス)のいるブロックを勝ち上がった1月のヤリギン国際大会(ロシア)2位のメイセイ・キルティ(米国)をテクニカルフォールで破った。

 バサールはUWWランキング大会「ベービ・エムレ&ハミット・カプラン国際大会」(トルコ)の準決勝で2017年75kg級世界チャンピオンのビクトル・ネメス(セルビア)を1-1のラストポイントによって撃破。決勝は昨年の世界選手権2位のサナン・スレイマノフ(アゼルバイジャン)を2-1で破って優勝。2016年U23欧州選手権以来、6年ぶりに国際大会のタイトルを獲得した。







JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース

年別ニュース一覧

サイト内検索


【報道】取材申請について
-------------

● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。


アスリートの盗撮、写真・動画の悪用、悪質なSNSの投稿は卑劣な行為です。
JADA HOMEPAGE

フェアプレイで日本を元気に