日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト
2022.04.02

【2022年全国高校選抜大会・特集】2人のオリンピック・金メダリストと県知事のパワーが結集! 鳥栖工(佐賀)を目標に志賀(石川)が夏へ向けて燃える

 

セコンドにつく志賀・山下勝監督。学校対抗戦は無念の初戦敗退だったが、個人戦では2選手が決勝へ進んだ

 2022年全国高校選抜大会の学校対抗戦。昨年の東京オリンピックで出身2選手(川井梨紗子・友香子)が優勝、レスリングOB(馳浩)が県知事に就任し、レスリングへの注目が上がっている石川県から出場した志賀は、初戦で飛龍(静岡)に3-4で惜敗。昨年の3回戦進出を越えられず無念の結果となった。山下勝監督は「あと少しでした。インターハイでは勝ち上がりますよ」と巻き返しを宣言した。

 55kg級の渡邊浩真(1年)が2週間前に左肩を骨折。マットには上がったがすぐに棄権し、軽量3階級を落とす厳しいスタート。それでも、残る4階級で白星を見込み、勝負をかけた。65kg級で勝って反撃ののろしをあげたが、71kg級の角出直生(2年)が2-0とリードしながら、ラスト1分、相手の攻撃に体勢を崩してしまって痛恨の4失点。さらにニアフォールで2-6と逆転され、勝利を逃した。

 その後の2階級はテクニカルフォールで快勝だったたけに、悔やまれる逆転負け。しかし、勝負を捨てず5-6まで追い上げた角出の精神力を「個人戦と今後につながります」と評価した。事実、個人戦では決勝まで進み、一時は4-0とリードするなど善戦。負けをエネルギーに変えたことは明白だ。

地元高校の活性化を望む山下勝監督

 同一県からオリンピックの金メダリストが2人同時に生まれたのは、1964年東京大会の北海道(吉田義勝、渡辺長武)と2012年ロンドン大会の青森県(小原日登美、伊調馨)に続く快挙。しかし、今回の川井姉妹は、ともに中学時代まではずば抜けた成績ではなく、愛知・至学館高へ進み、そこで飛躍した選手。山下監督は「至学館の強さでしょう」と言う。

学校対抗戦で圧勝した125kg級の能瀬龍樹。個人戦では2位に躍進

 同監督は、遠慮した表現ながら「(オリンピック金メダルは)石川県のレスリング界に反映しているとは言い難いです」と話す。確かに、石川県の高校で全国上位進出の可能性があるのは志賀くらい。個人戦でも出場しているのは志賀の選手のみ。「他県へ行って強くなるのもいいですが、やはり石川県で選手を育ててこそ、県のレスリングが盛り上がるのだと思います」と、地元の高校レスリング界の活性化を望む。

 中学教員から待望の高校教員になり、高校レスリングに接することになって10年。ジュニア教室からの一貫強化もできるようになった。「やっとその形ができたかな」と手ごたえを感じるが、県内で競うことができないもどかしさもある。

 コロナのため他校との練習ができなかった昨年や今年は別として、関東の高校は時に大学の練習に加わり、大学レベルの練習をやれるが、石川ではそうそうできない。「大学選手相手に、ポイントを取るか取られるかの瀬戸際の攻防の練習ができるのは大きいです。私たちは、それができません」と言う。大学にも頻繁に練習に行ける関東のチームがうらやましそう。

目標は、「0」から全国制覇を達成した鳥栖工・小柴健二監督

 そんな山下監督が目標にしているのが、今年は初戦敗退に終わったが、昨年、この大会とインターハイの二冠を制した佐賀・鳥栖工の小柴健二監督。群馬県生まれの同監督は、レスリングの強豪県とは言えなかった佐賀県に永住を決意し、「0」に近い状態から育て、全国制覇を達成した。近くの福岡県に大学はあるものの、関東への距離は石川県より遠い。それでも、全国一のチームを作った。

勝負どころで逆転され、天を仰いだ山下監督。この悔しさを個人戦にぶつけた

 山下監督は鹿児島県出身で、石川国体を機に“石川県人”となってレスリングの発展にかけてきた。小柴監督に相通ずるものを感じるそうだ。定年まであと11年。「全国制覇までいけるかどうか分かりませんが…」と控えめだが、「石川県のレスリングを強くしたい。それには、石川県で選手を育てないとなりません」と、“県出身の金メダリスト”ではなく、“県高校選手の日本一”が目標。

 この大会の個人戦では、角出(前述)と125kg級の能瀬龍樹の2選手が決勝へ進み、他に3位1選手、5位1選手と4選手をベスト8に進めさせた。個人戦の全国チャンピオン誕生を目前にしている。

 星稜高から専大に進み、星稜高の教員にしてオリンピック代表になった馳浩・現日本協会副会長は、その後、四角いリングと永田町で大暴れし、この春、県知事として石川県に戻ってきた。県民の公僕であって県レスリング界の公僕ではないが、レスリング界にとっては心強い人間の帰還となろう。石川県のレスリング界が発展するのは、これからだ。







JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース

年別ニュース一覧

サイト内検索


【報道】取材申請について
-------------

● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。


アスリートの盗撮、写真・動画の悪用、悪質なSNSの投稿は卑劣な行為です。
JADA HOMEPAGE

フェアプレイで日本を元気に