日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト
2022.04.06

65kg級はイスマイル・ムスカエフがハンガリーに19年ぶりの栄冠、北マケドニアも23年ぶりの王者誕生…2022年欧州選手権(男子フリースタイル)

 

 2022年欧州選手権は3月28日~4月3日にハンガリー・ブダペストで行われ、saisyo男子フリースタイルでは、65kg級決勝で東京オリンピック5位のイスマイル・ムスカエフ(ハンガリー=元ロシア)が東京オリンピック2位のハジ・アリエフ(アゼルバイジャン)に5分27秒、12-1のテクニカルフォール勝ち。ハンガリーの男子フリースタイルに19年ぶりの優勝をもたらした。

東京オリンピック2位のハジ・アリエフ(赤=アゼルバイジャン)に圧勝、欧州王者に輝いたイスマイル・ムスカエフ(ハンガリー=元ロシア)=UWWサイトより

 79kg級も「19年ぶり」、57kg級は「23年ぶり」の快挙が達成された。79kg級は、3月のU23欧州選手権を制したゲオルギオス・クギオウムチディス(ギリシア)が勝ち、同国選手として2003年以来のチャンピオンへ。57kg級はウラジーミル・エゴロフ(北マケドニア=元ロシア)が勝ち、同国が「マケドニア旧ユーゴスラビア共和国」と呼ばれていた1999年以来の王者誕生となった。

 86kg級はマイリー・アミン(サンマリノ=元米国)が優勝。米国から国籍を変え、4度目の欧州選手権で初優勝を達成するとともに、同国に初の栄冠をもたらした。74kg級は昨年の世界選手権2位のタイムラス・サルカザノフ(スロバキア=元ロシア)が、65・70kg級で世界一になっているフランク・チャミゾ(イタリア=元キューバ)を7-5で破り、2年連続優勝を達成。

 125kg級は、東京オリンピックと昨年の世界選手権でともに3位だったタハ・アクグル(トルコ)が東京オリンピック2位のゲノ・ペトリアシビリ(ジョージア)を5-2で破り、9度目の優勝を果たした。

 国別対抗得点は、アゼルバイジャンが1階級のみの優勝ながら、銀4・銅2の好成績で159点をマーク。2階級制覇のトルコ(141点)を押さえて優勝した。

 各階級のファイナルは下記の通り。《result》


2022年欧州選手権/男子フリースタイル(30ヶ国133選手)

 【57kg級】=12選手出場

 ▼決勝
Vladimir EGOROV (マケドニア) ○[8-6]● Aliabbas RZAZADE (アゼルバイジャン)

 ▼3位決定戦
Manvel KHNDZRTSYAN (アルメニア) ○[6-2]● Niklas STECHELE (ドイツ)
Beka BUJIASHVILI (ジョージア) ○[Tフォール、3:29=11-0]● Mikyay NAIM (ブルガリア)

------------------------------------

 【61kg級】=13選手

 ▼決勝
Arsen HARUTYUNYAN (アルメニア) ○[Tフォール、3:48=15-3]● Suleyman ATLI (トルコ)

 ▼3位決定戦
Eduard GRIGOREV (ポーランド) ○[Tフォール、5:48=12-2]● Besir ALILI (マケドニア)
Georgi VANGELOV (ブルガリア) ○[不戦勝=負傷]● Gamzatgadzhi KHALIDOV (ハンガリー)

------------------------------------

 【65kg級】=13選手出場

 ▼決勝
Iszmail MUSZUKAJEV (ハンガリー) ○[Tフォール、5:27=12-1]● Haji ALIYEV (アゼルバイジャン)

 ▼3位決定戦
Munir AKTAS (トルコ) ○[フォール、1:34=4-0]● Maxim SACULTAN (モルドバ)
Islam DUDAEV (アルバニア) ○[5-0]● Krzysztof BIENKOWSKI (ポーランド)

------------------------------------

 【70kg級】=16選手出場

 ▼決勝
Zurabi IAKOBISHVILI (ジョージア) ○[2-1]● Arman ANDREASYAN (アルメニア)

 ▼3位決定戦
Ramazan RAMAZANOV (ブルガリア) ○[フォール、1:31=11-7]●Ziraddin BAYRAMOV (アゼルバイジャン)
Nicolai GRAHMEZ (モルドバ) ○[フォール。5:30=11-4]● Selahattin KILICSALLAYAN (トルコ)

------------------------------------

 【74kg級】=17選手出場

 ▼決勝
Tajmuraz SALKAZANOV (スロバキア) ○[7-5]● Frank CHAMIZO (イタリア)

 ▼3位決定戦
Turan BAYRAMOV (アゼルバイジャン) ○[2-1]● Zurab KAPRAEV (ルーマニア)
Giorgi SULAVA (ジョージア) ○[Tフォール、3:32=17-5]● Hrayr ALIKHANYAN (アルメニア)

------------------------------------

 【79kg級】=14選手出場

 ▼決勝
Georgios KOUGIOUMTSIDIS(ギリシャ)○[7-6]● Ashraf ASHIROV (アゼルバイジャン)

 ▼3位決定戦
Vladimeri GAMKRELIDZE (ジョージア) ○[9-7]● Arman AVAGYAN (アルメニア)
Muhammet AKDENIZ (トルコ)○[8-4]●Alans AMIROVS(ラトビア)

------------------------------------

 【86kg級】=15選手出場

 ▼決勝
Myles AMINE(サンマリノ)○[9-5]● Abubakr ABAKAROV (アゼルバイジャン)

 ▼3位決定戦
Osman GOCEN (トルコ) ○[8-8]● Uri KALASHNIKOV(イスラエル)
Sebastian JEZIERZANSKI (ポーランド) ○[6-0]● Ivars SAMUSONOKS(ラトビア)

------------------------------------

 【92kg級】=10選手出場

 ▼決勝
Feyzullah AKTURK (トルコ) ○[6-1]● Ahmed BATAEV (ブルガリア)

 ▼3位決定戦
Osman NURMAGOMEDOV (アゼルバイジャン) ○[Tフォール、11-0]● Damian IGLESIAS VILELA(スペイン)
Miriani MAISURADZE (ジョージア) ○[7-2]● Georgii RUBAEV (モルドバ)

------------------------------------

 【97kg級】=11選手出場

 ▼決勝
Magomedkhan MAGOMEDOV (アゼルバイジャン) ○[11-5]● Vladislav BAITSAEV (ハンガリー)

 ▼3位決定戦
Batyrbek TSAKULOV (スロバキア) ○[7-0]● Erik THIELE (ドイツ)
Zbigniew BARANOWSKI (ポーランド) ○[4-2]● Elizbar ODIKADZE (ジョージア)

------------------------------------

 【125kg級】=12選手出場

 ▼決勝
Taha AKGUL (トルコ) ○[5-2]● Geno PETRIASHVILI (ジョージア)

 ▼3位決定戦
Robert BARAN (ポーランド) ○[3-2]● Abraham CONYEDO RUANO (イタリア)
Daniel LIGETI (ハンガリー) ○[6-4]● Magomedgadzhi NURASULOV (セルビア)

------------------------------------

《国別対抗得点》

[1]アゼルバイジャン 159点、[2]トルコ 141点、[3]ジョージア 133点、[4]アルメニア 88点、[5]ポーランド 84点、[6]ハンガリー 82点、[7]ブルガリア 70点、[8]北マケドニア 47点







JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース

年別ニュース一覧

サイト内検索


【報道】取材申請について
-------------

● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。


アスリートの盗撮、写真・動画の悪用、悪質なSNSの投稿は卑劣な行為です。
JADA HOMEPAGE

フェアプレイで日本を元気に