日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト
2022.04.18

女子代表チームが出発…2022年アジア選手権(モンゴル)

 

 4月19日(火)からモンゴル・ウランバートルで始まる2022年アジア選手権に出場する女子チームが4月17日夜、羽田空港から出発した。女子は21・22日の両日行われ、50kg級の吉元玲美那(至学館大)、53kg級の藤波朱理(日体大)の世界チャンピオンと、65kg級で世界選手権2位の森川美和(ALSOK)が第1シードとして臨む。

ウランバートルへ向けて出発した女子チーム=チーム提供

 昨年はオリンピック代表選手を含めたチームで参加する予定だったが、新型コロナウィルス感染の濃厚接触者がいる可能性が出て、出発直前に取りやめており、2年ぶりの参加。これまで出場したアジア選手権では、女子は常に金メダルを取ってきたおり、伝統継承に挑む。

 新型コロナウィルス感染がおさまっていない影響で、強豪の中国のほか、北朝鮮、台湾、ベトナムなどが参加せず、エントリーは8選手未満の階級が多い。5選手以下の場合はリーグ戦、6選手か7選手の場合はノルディック方式での試合となるので、試合数が多くなることが予想される。

 大会日程と女子チームは下記の通り。第1シードの3選手は、出発前に報道陣からのリモート取材を受け、決意を話した。


 ■50kg級・吉元玲美那(至学館大)「体調はよくも悪くもなく、普通です。でも、普通が一番なので、問題なく調整できていると思います。世界選手権のときは、タックルに入ることは多くても、ポイントにつなげられないことが何回もありました。半年かけて克服を目指してきました。今回は、相手の脚を触ったら確実にポイントへつなげられるようにしたい。

 体力トレーニングも追い込んでやってきました。減量しても、力負けしないことを感じます。海外勢に通じるか試してみたい。パリ・オリンピックに向けて、12月の全日本選手権で優勝できるように向かって行きますが、まずはアジア選手権での優勝です。やってきたことを出せれば、優勝できると思います」 

----------

 ■53kg級・藤波朱理(日体大)「モンゴルは乾燥している、という情報があり、日本でしっかり汗を出して体重を落としておこうと思ってやってきました。順調にきています。寒暖差があるらしいので、着るものもしっかり持って行って調整します。日本食も持っていきます。

 外国の選手は、強引で一発狙いの選手が多い。相手がどうであれ、自分のレスリングをやりたい。対策されていても、その中で自分のレスリングをやっていき、世界選手権より進化した自分を見せたい。(93連勝中を問われ)過去のことです。前しか見ていないので、あまり関係ないです。パリ・オリンピックまで無敗でいこうとは思っていますし、負ける気はしません。先を見すぎてもよくないので、今はアジア選手権に集中していきたい」

----------

 ■65kg級・森川美和(ALSOK)「順調に仕上がっています。世界選手権(の決勝)で負けてしまい、全日本選手権でも見つかった課題、タックルの入り方や、入ってからの処理などを試してみたいです。力負けしないようにウェートトレーニングもしっかりやってきました。攻めるレスリングをして優勝できるよう頑張りたい。

 パリ・オリンピックは68kg級で挑みます。そこに向けた体づくりをやりつつ、65kg級で世界チャンピオンになり、12月の全日本選手権から68kg級で挑みます。(同期の)須﨑優衣選手に近づきたいし、次は一緒にオリンピックに出たい。それには自分が頑張らないとなりません」


大会日程(日本時間/日本とモンゴルの時差は1時間=日本が1時間早い)

4月21日(木)12:30~15:30 50・55・59・68・76kg級(1回戦~準決勝、敗者復活戦)
        19:00~22:00 同級(ファイナル)
  22日(金)12:30~15:30 53・57・62・65・72kg級(1回戦~準決勝、敗者復活戦)
        19:00~22:00 同級(ファイナル)


女子チーム

50kg級 吉元玲美那(至学館大)
53kg級 藤波朱理(日体大)
55kg級 今井佑海(日 大)
57kg級 櫻井つぐみ(育英大)
59kg級 屶網さら(至学館大)
62kg級 尾﨑野乃香(慶 大)
65kg級 森川美和(ALSOK)
68kg級 松雪成葉(ジェイテクト)
72kg級 新倉すみれ(神奈川大)
76kg級 鏡 優翔(東洋大)

【強化委員長】赤石光生(日本オリンピック委員会)=出発済み、【強化副委員長】吉村祥子(エステティックTBC)、豊田雅俊(警視庁)=出発済み

【女子コーチ】藤波俊一(日体大女子コーチ)、栄希和(至学館大職)

【ドクター】橋本立子(JISS)=出発済み、【トレーナー】太田暁央(自衛隊)=出発済み、梶尾安正(あみ鍼灸接骨院)

【帯同審判】沖山功(香川・香川中部養護学教)、本田原明(自衛隊)=以上、出発済み







JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース

年別ニュース一覧

サイト内検索


【報道】取材申請について
-------------

● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。


アスリートの盗撮、写真・動画の悪用、悪質なSNSの投稿は卑劣な行為です。
JADA HOMEPAGE

フェアプレイで日本を元気に