日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト
2022.04.26

イランが6階級で優勝、65kg級は新鋭がバジラン・プニア(インド)を破る…2022年アジア選手権・男子フリースタイル

 

 2022年アジア選手権・男子フリースタイルは4月23~24日、モンゴル・ウランバートルで行われ、イランが6階級を制し、国別対抗得点でも優勝した。

東京オリンピック銅メダリストを破ってアジア王者に輝いたラフマン・アモウザドカリリ(イラン)

 65kg級は、世界カデット選手権2度優勝を経て昨年の世界ジュニア選手権61kg級優勝のラフマン・アモウザドカリリが決勝で東京オリンピック3位のバジラン・プニア(インド)を破って優勝。74kg級は2019年世界選手権70kg級優勝のヨネス・エマミチョガエイが階級を上げて制した。

 79kg級は昨年2位のアリ・サバドコウヒ、92kg級は昨年の世界ジュニア選手権86kg級優勝のアミール・ホセイン・フィロウズプール、97kg級は東京オリンピック代表のモハマドホセイン・モハマディアン、125kg級は2019年優勝のヨドラフ・モヘビが勝った。

 日本が2階級で勝ったほか、インドが57kg級で東京オリンピック2位のラビ・クマール、カザフスタンが86kg級で昨年の世界選手権5位のアザマト・ダウレットベコフが勝った。

 各階級のファイナルは下記の通り。


男子フリースタイル

 【57kg級】=11 選手出場

 ▼決勝
Ravi KUMAR(インド)○[Tフォール、3:38=12-2]●Rakhat KALZHAN(カザフスタン)

 ▼3位決定戦
新井陸人(日本)○[9-8]●Zanabazar ZANDANBUD(モンゴル)
Almaz SMANBEKOV(キルギス)○[13-7]●Gulomjon ABDULLAEV(ウズベキスタン)

-------------------------------

 【61kg級】=13選手出場

 ▼決勝
樋口黎(日本)○[Tフォール、0:46=10-0]●Darioush HAZRATGHOLIZADEH(イラン)

 ▼3位決定戦
Ulukbek ZHOLDOSHBEKOV(キルギス)○[6-4]●Mangal KADYAN(インド)
Akbar KURBANOV(カザフスタン)○[5-4]●Alibeg ALIBEGOV (BRN)

-------------------------------

 【65kg級】=11選手出場

 ▼決勝
Rahman AMOUZADKHALILI(イラン)○[3-1]●Bajrang PUNIA(インド)

 ▼3位決定戦
Abbos RAKHMONOV(ウズベキスタン)○[負傷棄権、5:11=9-0]●Haji ALI (BRN)
山口海輝(日本)○[8-1]●Tsogbadrakh TSEVEENSUREN(モンゴル)

-------------------------------

 【70kg級】=10選手出場

 ▼決勝
成國大志(日本)○[4-3]●Ernazar AKMATALIEV(キルギス)

 ▼3位決定戦
Naveen MALIK(インド)○[フォール、2:36=8-0]●Temuulen ENKHTUYA(モンゴル)
Syrbaz TALGAT(カザフスタン)○[4-0]●Mohammademehdi YEGANEHJAFARI(イラン)

-------------------------------

 【74kg級】=12選手出場

 ▼決勝
Yones EMAMICHOUGHUEI(イラン)○[5-2]●Nurkozha KAIPANOV(カザフスタン)

 ▼3位決定戦
高谷大地(日本)○[Tフォール、4:37=10-0]●Byambadorj BAT ERDENE(モンゴル)
Islambek OROZBEKOV(キルギス)○[Tフォール、5:42=11-0]●Ikhtiyor NAVRUZOV(ウズベキスタン)

-------------------------------

 【79kg級】=11選手出場

 ▼決勝
Ali SAVADKOUHI(イラン)○[9-9]●Gourav BALIYAN(インド)

 ▼3位決定戦
Arsalan BUDAZHAPOV(キルギス)○[不戦勝]●Gurbanmyrat OVEZBERDIYEV (TKM)
高橋夢大(日本)○[Tフォール、4:42=12-1]●Byambadorj ENKHBAYAR(モンゴル)

-------------------------------

 【86kg級】=11選手出場

 ▼決勝
Azamat DAULETBEKOV(カザフスタン)○[6-1]●Deepak PUNIA(インド)

 ▼3位決定戦
Bobur ISLOMOV(ウズベキスタン)○[6-5]●Saiakbai USUPOV(キルギス)
Mohsen MOSTAFAVI(イラン)○[4-0]●Gwanuk KIM (KOR)

-------------------------------

 【92kg級】=8選手出場

 ▼決勝
Amirhossein FIROUZPOUR(イラン)○[Tフォール、4:51=11-0]●Orgilokh DAGVADORJ(モンゴル)

 ▼3位決定戦
Adilet DAVLUMBAYEV(カザフスタン)○[フォール、5:34=10-12]●大津拓馬(日本)
Viky CHAHAR(インド)○[5-3]●Ajiniyaz SAPARNIYAZOV(ウズベキスタン)

-------------------------------

 【97kg級】=8選手出場

 ▼決勝
Mohammadhossein MOHAMMADIAN(イラン)○[Tフォール、4:25=11-0]●Batzul ULZIISAIKHAN(モンゴル)

 ▼3位決定戦
Mamed IBRAGIMOV(カザフスタン)○[3-2]●Mukhammadrasul RAKHIMOV(ウズベキスタン)
Satywart KADIAN(インド)○[Tフォール、3:30=10-0]●Zyyamuhammet SAPAROV (TKM)

-------------------------------

 【125kg級】=9選手出場

 ▼決勝
Yadollah MOHEBBI(イラン)○[3-1]●Alisher YERGALI(カザフスタン)

 ▼3位決定戦
Yeihyun JUNG (KOR)○[フォール、1:34=4-0]●Shatlyk HEMELYAYEV (TKM)
Batmagnai ENKHTUVSHIN(モンゴル)○[15-12]●Sardorbek KHOLMATOV(ウズベキスタン)

-------------------------------

 《国別対抗得点》

[1]イラン 201点、[2]インド 152点、[3]カザフスタン 151点、[4]日本 140点、[5]モンゴル 115点、[6]キルギス 104点、[7]ウズベキスタン 100点、[8]韓国 79点

 







JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース

年別ニュース一覧

サイト内検索


【報道】取材申請について
-------------

● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。


アスリートの盗撮、写真・動画の悪用、悪質なSNSの投稿は卑劣な行為です。
JADA HOMEPAGE

フェアプレイで日本を元気に