日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト
2022.05.08

オスカル・ピノ(キューバ)が4度目の優勝、米国が4階級制覇…2022年パンアメリカン選手権・男子グレコローマン

 

 2022年パンアメリカン選手権は5月5日、メキシコ・アカプルコで開幕。5~6日に男子グレコローマンが行われ、米国が4階級で優勝、キューバが3階級で続いた。米国は72kg級で2018年パンアメリカン大会王者のパトリック・スミスが3度目の優勝を果たすなどし、3階級で銅メダルも獲得。国別対抗得点でも優勝した。

グレコローマンに戻り、パリ・オリンピックを目指すオスカル・ピノ(キューバ)=UWWサイトより

 キューバは、130kg級で東京オリンピック出場を逃したオスカル・ピノが優勝。4度目のパンアメリカン王者に輝いた。同選手は2019年世界選手権で2位となって東京オリンピックの出場権を取った。しかし、オリンピック4連覇を目指すミハイン・ロペスがいたため、フリースタイルでオリンピック出場を目指したが、夢ならなかった。グレコローマンに戻って活動を再開。幸先いいスタートを切った。

 67kg級は、パンアメリカン予選を勝ち抜いて東京オリンピックに出場したユリアン・ホルタ(コロンビア)が勝ち、82kg級は昨年2位のダニエル・ビセンテ・ゴメス(メキシコ)、97kg級は昨年優勝のケビン・メヒア(ホンジュラス)が勝った。メヒアは昨年、ホンジュラスの選手として、男女を通じて初めてパンアメリカン王者に輝いた。

 各階級のファイナル成績は下記の通り。


男子グレコローマン

 【55kg級】=4選手出場

 [1]Brady KOONTZ(米国)、[2]Axel SALAS ESQUIVEL(メキシコ)、[3]Brandon ESCOBAR AMADOR(ホンジュラス)

 《1・2位試合=2回戦》
Brady KOONTZ(米国)○[Tフォール、5:39=9-1]● Axel SALAS ESQUIVEL(メキシコ)

----------------------------------------

 【60kg級】=10選手出場

 ▼決勝
Randon MIRANDA(米国)○[12-8]●Samuel GURRIA(メキシコ)

 ▼3位決定戦
Dicther TORO(コロンビア)○[Tフォール、? =8-0]●Maikol JOSEFA(ドミニカ)
Joao BENAVIDES(ペルー) ○[5-4]●Emerson FELIPE(グアテマラ)

----------------------------------------

 【63kg級】=2選手出場

 ▼決勝
Samuel JONES(米国)○[Tフォール、2:07=10-0]●Jose RODRIGUEZ(メキシコ)

----------------------------------------

 【67kg級】=11選手出場

 ▼決勝
Julian HORTA(コロンビア)○[5-0]●Kenedy MORAES(ブラジル)

 ▼3位決定戦
Enyer FELICIANO(ドミニカ) ○[4-3]●Cristobal TORRES(チリ)
Nilton SOTO(ペルー) ○[2-0]●Diego MARTINEZ(メキシコ)

----------------------------------------

 【72kg級】=5選手出場

[1]Patrick SMITH(米国)、[2]Edsson OLMOS(メキシコ)、[3]Cristian MEJIA TEPEN (GUA)

《1・2位試合=2回戦》
Patrick SMITH(米国)○[4-2]●Edsson OLMOS GUTIERREZ(メキシコ)

----------------------------------------

 【77kg級】=13選手出場

 ▼決勝
Yosvanys PENA FLORES(キューバ)○[7-2]●David CHOC HUOC(グアテマラ)

 ▼3位決定戦
Joilson DE BRITO RAMOS JUNIOR(ブラジル) ○[Tフォール、1:07=8-0]●John YEATS(カナダ)
Ravaughn PERKINS(米国)○[3-2]●Emmanuel BENITEZ CASTRO(メキシコ)

----------------------------------------

 【82kg級】=6選手出場

 ▼決勝
Daniel VICENTE GOMEZ(メキシコ) ○[1-1]●Reinier JIMENEZ TERRY(グアテマラ)

 ▼3位決定戦
Tyler CUNNINGHAM(米国)○[警告、1:56=6-0]●Nestor TAFUR(コロンビア)

----------------------------------------

 【87kg級】=9選手出場

 ▼決勝
Daniel GREGORICH HECHAVARRIA(キューバ)○[Tフォール、2:24=9-0]●Johan BATISTA(ドミニカ)

 ▼3位決定戦
Carlos MUNOZ JARAMILLO(コロンビア)○[Tフォール、4:40=11-3]●Ariel ALFONSO RODRIGUEZ(ホンジュラス)
Alfonso LEYVA YEPEZ(メキシコ) ○[7-5]●Andre RAMOS PINTO(ブラジル)

----------------------------------------

 【97kg級】=9選手出場

 ▼決勝
Kevin MEJIA(ホンジュラス) ○[Tフォール、2:20=8-0]●Juan CONDE(キューバ)

 ▼3位決定戦
Carlos ADAMES(ドミニカ) ○[7-3]●Igor ALVES(ブラジル)
Nicholas BOYKIN(米国)○[不戦勝=負傷棄権]●Eduardo GAJARDO(チリ)

----------------------------------------

 【130kg級】=11選手出場

 ▼決勝
Oscar PINO HINDS(キューバ)○[Tフォール、5:01=9-1]●Eduard SOGHOMONYAN(ブラジル)

 ▼3位決定戦
Leo SANTANA(ドミニカ) ○[不戦勝=負傷棄権]●Gino AVILA(ホンジュラス)
Yasmani ACOSTA(チリ)○[Tフォール、1:43=9-0]●Edgardo LOPEZ(プエルトリコ)

----------------------------------------

 《国別対抗得点》

[1]米国 165点、[2]メキシコ 148点、[3]キューバ 101点、[4]コロンビア 89点、[5]ブラジル 83点、[6]ドミニカ 81点、[7]グアテマラ 71点、[8]ホンジュラス 60点







JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース

年別ニュース一覧

サイト内検索


【報道】取材申請について
-------------

● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。


アスリートの盗撮、写真・動画の悪用、悪質なSNSの投稿は卑劣な行為です。
JADA HOMEPAGE

フェアプレイで日本を元気に