日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト
2022.05.12

5.20~21アジア・アリシュ(ベルトレスリング)選手権(キルギス)に2選手を派遣

 

 5月21日(土)~22日(日)にキルギス・オシュで行われるアリシュ(ベルトレスリング)のアジア選手権に、下記の2選手を派遣する。

UWWが認めるレスリング・スタイルのひとつ、中央アジアの民族格闘技「アリシュ」=提供・日本格闘競技連盟

 アリシュはキルギスの国民的伝統スポーツで、中央アジアで話されているチュルク語で「最強を決定するために闘う」という意味。世界レスリング連盟(UWW)がレスリングのスタイルとして認めており、「ベルトレスリング」としても知られている。

 男女とも試合時間は3分で、レスリング・マットで実施。ズボン、ジャケット、ベルトを着用し、常に相手のベルトを握りながら闘う。

 2013年のユニバーシアード(ロシア・カザン)で実施され、女子76kg級で阿部梨乃が優勝、同58kg級で坂上嘉津季が2位に入賞。2017年のアジア・インドア&マーシャルアーツ大会(トルクメニスタン・アシガバート)でも実施され、日本からも参加している。2019年にはカザフスタンで世界選手権が開催された。

 チームは5月17日(火)夜に出発し、カタール・ドーハ経由で現地へ向かう。帰国は25日(水)。


2022年アジア・アリシュ選手権/日本チーム

【監督】鎌賀秀夫(日本協会/日本格闘競技連盟)

【選手】
▼70㎏級   黒崎辰馬(兵庫・神戸医療未来大学講師)
▼+100㎏級 中村淳志(奈良・大和広陵高教)







JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース

年別ニュース一覧

サイト内検索


【報道】取材申請について
-------------

● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。


アスリートの盗撮、写真・動画の悪用、悪質なSNSの投稿は卑劣な行為です。
フェアプレイで日本を元気に