日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト
2022.05.30

米岡優利恵さん(埼玉・埼玉栄高~米プロビデンス大卒)がノルウェー・ナショナルチームのコーチへ

 

 日本女性として初めて米国大学レスリング界で活躍し、コーチも務めた米岡優利恵さんがノルウェーの女子ナショナルチームのヘッドコーチに就任した。日本女性で外国ナショナルチームのコーチになるのは、米国のコーチを務めた山本聖子さん以来、2人目。

ノルウェー女子選手と米岡さん(後列左端)。右端は世界V5のグドルン・ホイエ=本人提供

 米岡さんは千葉・柏クラブでレスリングを始め、埼玉・埼玉栄高校では主将を務めた。英語をしっかり勉強し、米国の大学に合格してレスリングを再開。2019年全米大学選手権116ポンド(52.6kg)級では6位に入賞した(関連記事=最終学年の2020年は新型コロナウィルスで大会が中止)。

 2021年1月からプロビデンス大でコーチを務めていた(関連記事)。米国大学への橋渡し、大学のコーチ就任、ノルウェー行きとも米国在住の八田忠朗氏(全米男女チームのコーチを歴任=日本協会・八田一朗元会長の次男)の尽力があって実現した。

 ノルウェー協会との契約は、ひとまず2024年パリ・オリンピックまでだが、「2028年ロサンゼルス大会までを目標にやってほしい。メダルを取る選手を育ててほしい」と依頼されており、強化対策チームと組んで長期的視野に立った指導をするという。

 現地の選手には、採用試験と面接でノルウェーに渡ったときに接している。「アメリカン・スタイルと日本のスタイルがうまくミックスしたスタイル」というのが同国レスリングの感想。吸収力が早く、真面目で身体能力が高い選手が多いという。投げやテークダウンからのスクランブル場面では、「おっ!」と思う柔軟で予想外な攻撃をするヨーロピアン・スタイルのレスリングも感じたそうだ。

“change”(変える)ではなく、”add”(加える)を大切に

 若い選手が多く、「とても将来性がある若いチーム」とのこと。日本のスタイルを取り入れるため、日本に合同練習を申し入れる予定があるほか、八田氏とのつながりで米国ナショナルチームとの交流にも意欲を持つ。米国ではメンタル・コーチングを学んでおり、心理面が勝敗を左右することを実感している。フィジカル面だけでなく、心理面の強化にも取り組む腹積もりだ。

米プロビデンス大でコーチをやっていた米岡さん(右端)と全米学生選手権で入賞した選手=本人提供

 欧州は多くの国が陸続きということもあり、年間でかなりの国外遠征をしながら練習を積むのが一般的。遠征で選手とともに過ごす時間が多くなるので、「しっかりコミュニケーションをとり信頼関係を築くところから頑張りたい」と言う。

 「個人個人のスタイルを生かしながら、彼女達のレスリングを完全に『change』(変える)するのではなく、いい所に『add』(加える)することを大切にしていきたい。6年はあっという間に過ぎていきます。少しでも迷いの気持ちがあれば、どんどんゴールは遠ざかっていってしまいます」と続けた。

 ノルウェーはスウェーデンとともに女子レスリング発祥の地で、1980年代から90年代にかけて、のべ11人の世界チャンピオンが誕生。坂本涼子さん(現兵庫・芦屋学園中高監督)の好敵手だったグドルン・ホイエは5度、世界女王に輝いている。

 その後は低迷し、オリンピック出場は2016年に69kg級でシグネ・ストレが出場したのみ。しかし、2018年にはグレース・ブレンがU23世界選手権57kg級で優勝するなど、再浮上の兆しも見せている。







JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース

年別ニュース一覧

サイト内検索


【報道】取材申請について
-------------

● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。


アスリートの盗撮、写真・動画の悪用、悪質なSNSの投稿は卑劣な行為です。
JADA HOMEPAGE

フェアプレイで日本を元気に