日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト
2022.06.01

吉元玲美那(至学館大)と藤波朱理(日体大)が2位へ浮上、米国が4階級で1位…UWWランキング・女子(2022年5月)

 

50kg級で2位に浮上した吉元玲美那(至学館大)。日本代表争いを勝ち抜いて世界選手権のマットに立てるか

 世界レスリング連盟(UWW)は、今年の大陸選手権が終了した時点での各スタイル各階級のランキングを発表。女子では米国が台頭し、4階級で1位を獲得。大陸選手権の前に2階級で1位だった日本は、櫻井つぐみ(育英大)のみが55kg級の1位を守った。

 アジア選手権を制した選手では、50kg級で3位にいた吉元玲美那(至学館大)須﨑優衣(キッツ)を追い抜いて2位に浮上。53kg級で4位だった藤波朱理(日体大)も2位へ。

 櫻井は55kg級で1位を守ったが、昨年末に階級を57kg級に上げており、同級では25位。今年の世界選手権の代表になってもシード枠獲得は厳しい状況(注=ポイントはその階級のみ有効で、階級が変わったら持ち越されない)。59kg級の屶網さら(至学館大)も基礎となるポイントがなかったため、上位に入っていない。

 62kg級で7位だった尾﨑野乃香(慶大)は6位へ順位を上げた。65kg級で3位だった森川美和(ALSOK)は、アジア選手権の出場選手数が5人だったため、通常の優勝ポイントの半分となる5,000点が上積み。世界チャンピオンのインガ・リンガシ(ルーマニア)らを追い越すことはできず3位のままだった。

無敵の白星街道を進む藤波朱理(日体大)。ランキングは2位に浮上した

 米国は57kg級のヘレン・マルーリスら4階級(他に65・76kg級)で1位を占め、キルギスは2階級(62・68kg級)でトップ。他にモンゴル(53kg級)、ブルガリア(59kg級)、カザフスタン(72kg級)の選手が世界選手権での第1シードの最短距離にいる。

 このあと、下記4つのランキング大会が行われ、そのポイントを足した順位で世界選手権(9月10~18日、セルビア・ベオグラード)の第1~8シード選手が決まる。

※男子フリースタイルは2日に、男子グレコローマンは3日に掲載します

《世界選手権までの残るランキング大会》
6月 2~ 5日:ボラト・ツルリハノフ・カップ(カザフスタン・アルマトイ)
6月22~25日:マテオ・ペリコネ国際大会(イタリア・ローマ)
6月27~30日:地中海大会(アルジェリア・オラン)
7月14~17日:ズヘイル・スガイアー国際大会(チュニジア・チュニス)


女子ランキング(2022年5月末時点)

 【50g級】
[1]HILDEBRANDT Sarah Ann(米国)84,200点
[2]吉元玲美那(日本)55,000点
[3]須﨑優衣(日本)51,000点
[4]SELISHKA Miglena Georgieva(ブルガリア)49,900点
[5]VUC Emilia Alina(ルーマニア)49,100点
[6]SUN Yanan(中国)41,400点
[7]DOLGORJAV Otgonjargal(モンゴル)41,200点
[8]SOKOLOVA Nadezhda(ロシア連盟)39,520点
[9]STADNIK Mariya(アゼルバイジャン)34,200点
[10]TSOGT OCHIR Namuuntsetseg(モンゴル)31,000点

----------------

 【53kg級】
[1]BAT OCHIR Bolortuya(モンゴル)56,200点
[2]藤波朱理(日本)55,000点
[3]LEORDA Iulia(モルドバ)53,700点
[4]向田真優(日本)51,000点
[5]VALVERDE MELENDRES Luisa Elizabeth(エクアドル)51,000点
[6]PANG Qianyu(中国)41,400点
[7]STEWART Samantha Leigh(カナダ)39,000点
[8]KRAWCZYK Katarzyna(ポーランド)37,500点
[9]MALMGREN Emma Jonna Denise(スウェーデン)34,800点
[10]KALADZINSKAYA Vanesa(ベラルーシ)34,200点

----------------

 【55kg級】
[1]櫻井つぐみ(日本)43,000点
[2]KHOMENETS Oleksandra(ウクライナ)37,000点
[3]HEMMER Nina(ドイツ)35,000点
[4]BURKERT Jenna Rose(米国)29,000点
[5]ANA Andreea Beatrice(ルーマニア)26,200点
[6]PINKI Pinki(インド)23,000点
[7]KHOROSHAVTSEVA Olga(ロシア連盟)23,000点
[8]WINCHESTER Jacarra Gwenisha(米国)19,000点
[9]OZTURK Mehlika(トルコ)18,100点
[10]KOLAWOLE Esther Omolayo(ナイジェリア)15,000点

----------------

 【57kg級】
[1]MAROULIS Helen Louise(米国)79,200点
[2]NIKOLOVA Evelina Georgieva(ブルガリア)72,200点
[3]ANSHU Anshu(インド)58,500点
[4]KURACHKINA Iryna(ベラルーシ)51,600点
[5]川井梨紗子(日本)51,000点
[6]CHUMIKOVA Veronika(ロシア連盟)35,200点
[7]PENALBER GIULLIA(ブラジル)32,180点
[8]ERKHEMBAYAR Davaachimeg(モンゴル)31,000点
[9]南條早映(日本)31,000点
[10]VALENCIA ESCOTO Alma Jane(メキシコ)29,300点

----------------

 【59kg級】
[1]DUDOVA Bilyana Zhivkova(ブルガリア)45,000点
[2]SARITA Sarita(インド)38,050点
[3]花井瑛絵(日本)37,000点
[4]BAATARJAV Shoovdor(モンゴル)35,000点
[5]KOLESNIK Alyona(アゼルバイジャン)28,300点
[6]NELSON Maya Gabriella(米国)25,000点
[7]LINDBORG Sara Johanna(スウェーデン)25,000点
[8]WRZESIEN Jowita Maria(ポーランド)24,400点
[9]NICHITA Anastasia(モルドバ)21,000点
[10]MORAIS Linda(カナダ)18,200点

----------------

 【62kg級】
[1]TYNYBEKOVA Aisuluu(キルギス)94,400点
[2]YUSEIN Taybe Mustafa(ブルガリア)53,200点
[3]MIRACLE Kayla Colleen Kiyoko(米国)51,200点
[4]川井友香子(日本)51,000点
[5]NUNES lais(ブラジル)43,900点
[6]尾﨑野乃香(日本)41,000点
[7]KOLIADENKO Iryna(ウクライナ)34,200点
[8]PROKOPEVNIUK Ilona(ウクライナ)31,500点
[9]ENKHBAT Gantuya(モンゴル)31,000点
[10]GODINEZ GONZALEZ Ana Paula(カナダ)27,000点

----------------

 【65kg級】
[1]MOLINARI Forrest Ann(米国)49,000点
[2]RINGACI Irina(モルドバ)45,000点
[3]森川美和(日本)42,000点
[4]MATTSSON Malin Johanna(スウェーデン)31,000点
[5]HRISTOVA Mimi Nikolova(ブルガリア)25,000点
[6]MAMASHUK Maryia(ベラルーシ)25,000点
[7]MANOLOVA Elis(アゼルバイジャン)24,400点
[8]INCZE Kriszta Tunde(ルーマニア)23,220点
[9]KUDAEVA SALIKHOVA Dinara(ロシア連盟)19,350点
[10]RIZHKO Tetiana(ウクライナ)19,000点

----------------

 【68kg級】
[1]ZHUMANAZAROVA Meerim(キルギス)91,600点
[2]STOCK MENSAH Tamyra Mariama(米国)80,000点
[3]OBORUDUDU Blessing(ナイジェリア)74,400点
[4]VELIEVA Khanum(ロシア連盟)49,200点
[5]宮道りん(日本)35,000点
[6]CHERKASOVA Alla(ウクライナ)34,200点
[7]HANZLICKOVA Adela(チェコ)33,200点
[8]SORONZONBOLD Battsetseg(モンゴル)23,000点
[9]土性沙羅(日本)23,000点
[10]DI BACCO Olivia Grace(カナダ)23,000点

----------------

 【72kg級】
[1]BAKBERGENOVA Zhamila(カザフスタン)48,000点
[2]SCHELL Anna Carmen(ドイツ)45,400点
[3]古市雅子(日本)43,000点
[4]CAVUSOGLU TOSUN Buse(トルコ)41,000点
[5]ENKH AMAR Davaanasan(モンゴル)26250点
[6]VESCAN Cynthia Vanessa(フランス)23,000点
[7]KAKRAN Divya(インド)16,200点
[8]ZIMIANKOVA Anastasiya(ベラルーシ)15,000点
[9]GEORGIEVA Sofiya Hristova(ブルガリア)13,500点
[10]WELKER Kylie Renee(米国)12,300点

----------------

 【76kg級】
[1]GRAY Adeline Maria(米国)86,400点
[2]MEDET KYZY Aiperi(キルギス)77,000点
[3]HAMZA Samar Amer Ibrahim(エジプト)61,100点
[4]MAE Epp(エストニア)60,000点
[5]ROTTER FOCKEN Aline(ドイツ)51,000点
[6]ADAR YIGIT Yasemin(トルコ)44,200点
[7]ZHOU Qian(中国)34,200点
[8]OSNIACH SHUSTOVA Anastasiia(ウクライナ)25,000点
[9]KIRAN Kiran(インド)25,000点
[10]皆川博恵(日本)23,000点







JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース

年別ニュース一覧

サイト内検索


【報道】取材申請について
-------------

● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。


アスリートの盗撮、写真・動画の悪用、悪質なSNSの投稿は卑劣な行為です。
JADA HOMEPAGE

フェアプレイで日本を元気に