日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト
2022.06.03

【6.16~19明治杯全日本選抜選手権・展望(2)】鏡優翔(東洋大)と松雪泰葉(ジェイテクト)の争いか…女子76kg級

 

 今年の世界選手権(9月10~18日、セルビア・ベオグラード)の日本代表を決める2022年明治杯全日本選抜選手権は、6月16日(木)~19日(日)に東京・駒沢体育館で行われる。昨年12月の天皇杯全日本選手権で優勝した選手が勝てば日本代表に決定。別の選手が勝てば、当日の全試合終了後、両者でプレーオフを行い、勝者が日本代表。各階級の見どころを探った。

《大会要項》 /  《大会日程=各日の実施階級》 / 《観戦チケット販売》

女子76kg級・展望(2022年6月16日実施)

※エントリーに基づいた予想であり、直前の負傷等による戦力ダウンは勘案しておりません。

昨年のリベンジを果たし、世界選手権への切符を目指す鏡優翔(東洋大)=撮影・矢吹建夫

 東京オリンピック代表の皆川博恵は不出場。全日本選手権で優勝し、4月のアジア選手権2位の鏡優翔(東洋大)が、再度国内を制するか。昨年大会は、松雪泰葉(ジェイテクト=当時至学館大)に本戦、プレーオフとも敗れ、世界選手権出場を逃したので、今年は世界への切符を手にしたいところ。

 松雪は、全日本選手権は負傷もあり、最後は棄権して4位に終わった。負傷の回復具合はどうか。昨年と同じく本戦とプレーオフを勝ち抜いて2年連続での世界選手権出場なるか。

 全日本選手権決勝で鏡に2-2の惜敗だった山本和佳(至学館大)が、今度こそ壁を破れるか。4月のジュニアクイーンズカップでは不覚を喫して優勝を逃しただけに、しっかり勝ち切りたいところ。

《歴代優勝選手》=男子フリースタイル男子グレコローマン女 子


2021年全日本選手権 クリック

 ▼決勝
鏡優翔(東洋大)○[2-2]●山本和佳(至学館大)

 ▼3位決定戦
齋藤未来(小田開発工業)○[不戦勝]●松雪泰葉(至学館大)


エントリー選手(5選手)

※昨年の世界選手権代表、全日本選手権のこの階級の1~3位以外はアイウエオ順

松雪泰葉

鏡優翔

山本知佳

《2021年世界選手権8位》
松雪泰葉(まつゆき・やすは=ジェイテクト)
1999年11月5日生まれ、22歳。愛知県出身。愛知・至学館高~至学館大卒。174cm。2021年全日本選手権4位

《2021年全日本選手権優勝》
鏡優翔(かがみ・ゆうか=東洋大)
2001年9月14日生まれ、20歳。山形県出身。JOCエリートアカデミー/東京・帝京高卒。167cm。2022年アジア選手権2位 

《2021年全日本選手権2位》
山本和佳(やまもと・のどか=至学館大)
2002年6月20日生まれ、19歳。三重県出身。愛知・至学館高卒。168cm。2020年ジュニアクイーンズカップU20-2位

《2021年全日本選手権3位》
齋藤未来(さいとう・みく=小田開発工業)
1996年12月8日生まれ、25歳。千葉県出身。東京・安部学院高~日本文理大卒。163cm。2021年全日本選抜選手権3位

長島水城(ながしま・みずき=大東文化大)
2001年10月30日生まれ、20歳。静岡県出身。東京・安部学院高卒。174cm。2021年全日本学生選手権3位







JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース

年別ニュース一覧

サイト内検索


【報道】取材申請について
-------------

● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。


アスリートの盗撮、写真・動画の悪用、悪質なSNSの投稿は卑劣な行為です。
フェアプレイで日本を元気に