日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト
2022.06.03

松井謙(日体大)が1位をキープ、文田健一郎(ミキハウス)は4位…UWWランキング・男子グレコローマン(2022年5月)

 

 世界レスリング連盟(UWW)は、今年の大陸選手権が終了した時点での各スタイル各階級のランキングを発表。男子グレコローマンでは、55kg級世界チャンピオンの松井謙(日体大)が1位をキープした。2位には、3月の時点で3位だったエルダニズ・アジズリ(アゼルバイジャン)が浮上。その差は6,000点。

男子グレコローマン55kg級で1位をキープした松井謙(日体大)=UWWサイトより

 60kg級の文田健一郎(ミキハウス)と63kg級の清水賢亮(自衛隊)の4位は変動なし。清水は67kg級での世界選手権出場を目指しており、同級での代表になった場合は、ポイントは持ち越されない。77kg級の屋比久翔平(ALSOK)は6位で変わらず。

 67kg級では昨年の東京オリンピックと世界選手権を制したモハマド・レザ・アブドルハム・ゲラエイ(イラン)が2位に3万2000点もの大差をつけて1位を“独走”。世界選手権の代表になれば、第1シードを濃厚としている。

 87kg級も、世界王者のズラビ・ダツナシビリ(セルビア)が2位に4万1600点の大差をつけている。

 各階級のランキングは下記の通り。このあと、下記4つのランキング大会が行われ、そのポイントを足した順位で世界選手権のシード(第1~8シード)が決まる。

※女子は1日に、男子フリースタイルは2日に、それぞれ掲載

《世界選手権までの残るランキング大会》
6月 2~ 5日:ボラト・ツルリハノフ・カップ(カザフスタン・アルマトイ)
6月22~25日:マテオ・ペリコネ国際大会(イタリア・ローマ)
6月27~30日:地中海大会(アルジェリア・オラン)
7月14~17日:ズヘイル・スガイアー国際大会(チュニジア・チュニス)


男子グレコローマン・ランキング(2022年5月末時点)

 【55kg級】
[1]松井謙(日本)43,000点
[2]AZIZLI Eldaniz(アゼルバイジャン)39,000点
[3]TSURTSUMIA Nugzari(ジョージア)37,000点
[4]SEFERSHAEV Emin Narimanovitch(ロシア連盟)35,000点
[5]OZTURK Ekrem(トルコ)23,000点
[6]HAKHOYAN Norayr(アルメニア)23,000点
[7]KONUSHBAEV Sardarbek(キルギス)16,200点
[8]SCHMITT Fabian Bernhard(ドイツ)15,400点
[9]ZHAKANSHA Khorlan(カザフスタン)15,000点
[10]BEKBOLATOV Amangali(カザフスタン)14,400点

----------------

 【60kg級】
[1]CIOBANU Victor(モルドバ)68,000点
[2]SHARSHENBEKOV Zholaman(キルギス)63,200点
[3]ORTA SANCHEZ Luis Alberto(キューバ)51,000点
[4]文田健一郎(日本)41,400点
[5]MAMMADOV Murad(アゼルバイジャン)40,500点
[6]GHARIBYAN Gevorg(アルメニア)34,500点
[7]EMELIN Sergey(ロシア連盟)34,200点
[8]WALIHAN Sailike(中国)34,200点
[9]MARYANYAN Stepan(ロシア連盟)31,000点
[10]KAZHARSKI Maksim(ベラルーシ)25,000点

----------------

 【63kg級】
[1]ABULADZE Leri(ジョージア)50,000点
[2]DALKHANI Meysam Karamali(イラン)45,000点
[3]MAMMADOV Taleh(アゼルバイジャン)41,200点
[4]清水賢亮(日本)35,000点
[5]TEMIROV Lenur(ウクライナ)31000点
[6]TORBA Erik(ハンガリー)25,000点
[7]CHUNG Hanjae(韓国)18,200点
[8]MENEKSE Deniz(ドイツ)17,000点
[9]MIHUT Mihai Radu(ルーマニア)15,500点
[10]UYAR Ahmet(トルコ)14,700点

----------------

 【67kg級】
[1]GERAEI Mohammadreza Abdolhamid(イラン)98,000点
[2]ZOIDZE Ramaz(ジョージア)66,000点
[3]NASIBOV Parviz(ウクライナ)43,400点
[4]FIRAT Murat(トルコ)40,000点
[5]ABDULLAEV Nazir Rachidovitch(ロシア連盟)37,000点
[6]JAFAROV Hasrat(アゼルバイジャン)36,500点
[7]STAEBLER Frank(ドイツ)36,200点
[8]ELSAYED Mohamed Ibrahim Elsayed Ibrahi(エジプト)36,200点
[9]KEBISPAYEV Almat(カザフスタン)31,000点
[10]THORESEN Morten(ノルウェー)30,400点

----------------

 【72kg級】
[1]SLEIVA Kristupas(リトアニア)48,400点
[2]AMOYAN Malkhas(アルメニア)45,000点
[3]SAHAKYAN Gevorg(ポーランド)38,000点
[4]KUTUZOV Sergei(ロシア連盟)37,000点
[5]MOKHTARI Mohammad Reza Hojatollah(イラン)35,000点
[6]GANIZADE Ulvu(アゼルバイジャン)31,980点
[7]ARSLAN Cengiz(トルコ)28,200点
[8]PETIC Valentin(モルドバ)21,800点
[9]PELTOKANGAS Mikko Petteri(フィンランド)21,300点
[10]JOERGENSEN Haavard(ナイジェリア)18,100点

----------------

 【77kg級】
[1]SULEYMANOV Sanan(アゼルバイジャン)57,900点
[2]GERAEI Mohammadali Abdolhamid(イラン)54,000点
[3]MAKHMUDOV Akzhol(キルギス)51,400点
[4]LORINCZ Tamas(ハンガリー)51,000点
[5]VLASOV Roman(ロシア連盟)45,000点
[6]屋比久翔平(日本)34,200点
[7]HUSEYNOV Rafig(アゼルバイジャン)34,200点
[8]NEMES Viktor(セルビア)31,200点
[9]SCHWARZ Roland(ドイツ)31,000点
[10]PENA FLORES Yosvanys(キューバ)25,300点

----------------

 【82kg級】
[1]HUSEYNOV Rafig(アゼルバイジャン)65,200点
[2]AKBUDAK Burhan(トルコ)56,500点
[3]AKIEV Adlan(ロシア連盟)31,000点
[4]POSHTAM Pejman Soltanmorad(イラン)31,000点
[5]BJURBERG KESSIDIS Alex Michel(スウェーデン)25,000点
[6]SZABO Laszlo(ハンガリー)25,000点
[7]KALJOLA Ranet(エストニア)22,800点
[8]BABAYAN Edgar(ポーランド)18,200点
[9]BRADU Mihail(モルドバ)16,400点
[10]WAGNER Hannes(ドイツ)15,500点

----------------

 【87kg級】
[1]DATUNASHVILI Zurabi(セルビア)92,600点
[2]BELENIUK Zhan(ウクライナ)51,000点
[3]LORINCZ Viktor(ハンガリー)41,400点
[4]MASKEVICH Kiryl(ベラルーシ)40,800点
[5]KULYNYCZ Arkadiusz Marcin(ポーランド)38,520点
[6]GOBADZE Lasha(ジョージア)38,000点
[7]BISULTANOV Turpan Ali Alvievich(デンマーク)38,000点
[8]KUDLA Denis Maksymilian(ドイツ)34,200点
[9]BASAR Metehan(トルコ)28,700点
[10]TURSYNOV Nursultan(カザフスタン)28,200点

----------------

 【97kg級】
[1]SARAVI Mohammadhadi Abdollah(イラン)79,200点
[2]SZOKE Alex Gergo(ハンガリー)60,000点
[3]EVLOEV Musa(ロシア連盟)51,000点
[4]SAVOLAINEN Arvi Martin(フィンランド)47,400点
[5]HANCOCK Tracy Gangelo(米国)47,200点
[6]MILOV Kiril Milenov(ブルガリア)45,500点
[7]ALEKSANYAN Artur(アルメニア)41,400点
[8]MICHALIK Tadeusz(ポーランド)39,213点
[9]MELIA Giorgi(ジョージア)31,700点
[10]SARGSIAN Artur(ロシア連盟)31,000点

----------------

 【130kg級】
[1]KAJAIA Iakobi(ジョージア)76,200点
[2]KAYAALP Riza(トルコ)55,400点
[3]ACOSTA FERNANDEZ Yasmani(チリ)54,500点
[4]LOPEZ NUNEZ Mijain(キューバ)51,000点
[5]YOUSOFIAHMADCHALI Aliakbar Hossein(イラン)45,000点
[6]GEDEKHAURI Zurabi(ロシア連盟)37,000点
[7]YILDIRIM Osman(トルコ)36,000点
[8]KANDELAKI Beka(アゼルバイジャン)34,400点
[9]SEMENOV Sergei(ロシア連盟)34,200点
[10]KNYSTAUTAS Mantas(リトアニア)32,000点

 







JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース

年別ニュース一覧

サイト内検索


【報道】取材申請について
-------------

● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。


アスリートの盗撮、写真・動画の悪用、悪質なSNSの投稿は卑劣な行為です。
JADA HOMEPAGE

フェアプレイで日本を元気に