日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト
2022.06.05

【6.16~19明治杯全日本選抜選手権・展望(6)】石黒峻士(新日本プロレス職)が2連覇を目指す…男子フリースタイル97kg級

 

 今年の世界選手権(9月10~18日、セルビア・ベオグラード)の日本代表を決める2022年明治杯全日本選抜選手権は、6月16日(木)~19日(日)に東京・駒沢体育館で行われる。昨年12月の天皇杯全日本選手権で優勝した選手が勝てば日本代表に決定。別の選手が勝てば、当日の全試合終了後、両者でプレーオフを行い、勝者が日本代表。各階級の見どころを探った。

《大会要項》 /  《大会日程=各日の実施階級》 / 《観戦チケット販売》

男子フリースタイル97kg級・展望(2022年6月18日実施)

※エントリーに基づいた予想であり、直前の負傷等による戦力ダウンは勘案しておりません。

2連覇を目指す2021年アジア選手権3位の石黒峻士(新日本プロレス職

 昨年のアジア選手権3位で全日本選手権優勝の石黒峻士(新日本プロレス職)が昨年に続く2連覇を達成するか。昨年の世界選手権(2連敗)、今年のアジア選手権(初戦敗退)とも不本意な結果だったので、しっかり勝って世界へ再挑戦したいところ。

 全日本選手権2位の吉田ケイワンは負傷で欠場。同3位の山崎祥平(早大)、昨年2位の伊藤飛未来(日体大)、同3位の園田平(自衛隊)らが、その牙城を崩せるか。負傷明けの伊藤は、5月の東日本学生リーグ戦で活躍し、復調を見せつけた。

《歴代優勝選手》=男子フリースタイル男子グレコローマン女 子


2021年全日本選手権 クリック

 ▼決勝
石黒峻士(新日本プロレス職)○[Tフォール、2:39=10-0]●吉田ケイワン(日大)

 ▼3位決定戦
山崎祥平(早大)○[5-0]●品田陽平(法大)


エントリー選手(7選手)

※昨年の世界選手権代表、全日本選手権のこの階級の1~3位以外はアイウエオ順

石黒峻士

山崎祥平

伊藤飛未来

園田平

《2021世界選手権15位/2021年全日本選手権優勝》
石黒峻士(いしぐろ・たかし=新日本プロレス職)
1997年6月17日生まれ、24歳。東京都出身。埼玉・花咲徳栄高~日本大卒。180cm。2021年アジア選手権3位 

《2021年全日本選手権3位》
山崎祥平(やまざき・しょうへい=早大)
2000年12月20日生まれ、21歳。茨城県出身。茨城・土浦日大高卒。180cm。2021年全日本選抜選手権4位

伊藤慧亮(いとう・けいすけ=明大)
2001年1月10日生まれ、21歳。長野県出身。長野・小諸商高卒。167cm。2021年東日本学生選手権・新人戦優勝

伊藤飛未来(いとう・ひびき=日体大)
2000年8月4日生まれ、21歳。埼玉県出身。埼玉・埼玉栄高卒。194cm。2021年全日本選抜選手権2位

奥田歩希(おくだ・いぶき=九州共立大)
2002年5月22日生まれ、20歳。滋賀県出身。滋賀・日野高卒。177cm。2021年西日本学生新人選手権優勝

品田陽平(しなだ・ようへい=法大)
2002年10月8日生まれ、19歳。東京都出身。東京・日本工大駒場高卒。173cm。2021年全日本選手権4位

園田平(そのだ・たいら=自衛隊)
1995年11月27日生まれ、26歳。滋賀県出身。滋賀・日野高~拓大卒。184cm。2021年全日本選抜選手権3位







JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース

年別ニュース一覧

サイト内検索


【報道】取材申請について
-------------

● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。


アスリートの盗撮、写真・動画の悪用、悪質なSNSの投稿は卑劣な行為です。
フェアプレイで日本を元気に