日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト
2022.06.07

【訃報】飯塚實氏(1956年メルボルン・オリンピック5位/新潟県協会・元会長)

 

 1956年メルボルン・オリンピックのフリースタイル57kg級(バンタム級)5位の飯塚實さんが5月29日、死去されました。葬儀は近親者で済ませた。89歳。

2007年3月に行われた全国高校選抜大会の第50回記念祝賀会で日本協会・福田富昭会長(当時)から記念品を受け取った飯塚氏(右)。左は、大会運営に尽力した協会前理事の加藤美明氏

 新潟・新潟高からレスリングを始め、明大時代の1953年に全日本選手権・フリースタイル57kg級で優勝。1954年アジア大会、1954・55年全日本選手権の優勝を経て、1956年にメルボルン・オリンピックに出場した。

 同オリンピックでは、1回戦で1954年世界王者のムスタファ・ダギスタンリ(トルコ)に1-2で惜敗したあと3連勝。しかし、当時のバッドマークシステムは、罰点が「6点」になると失格となる制度で、判定勝ちでも罰点「1点」というルール。4回戦で韓国選手に判定勝ちしたものの、その時点で罰点が「6点」となってしまい、勝ち続けていたにもかかわらず失格となってメダルを逃した。

 その後、1958年アジア大会で優勝するなどして現役引退。新潟県へ戻り、全国高校選抜大会の再スタートに尽力し、その後、県協会会長を務めた。







JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース

年別ニュース一覧

サイト内検索


【報道】取材申請について
-------------

● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。


アスリートの盗撮、写真・動画の悪用、悪質なSNSの投稿は卑劣な行為です。
JADA HOMEPAGE

フェアプレイで日本を元気に