日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト
2022.06.08

オリンピック&世界王者が敗れるも、最後は優勝…UWW第2回ランキング大会・男子グレコローマン

 

 世界レスリング連盟(UWW)の2022年第2回ランキング大会「ボラト・ツルリハノフ・カップ」は6月2~5日にカザフスタン・アルマトイで行われ、男子グレコローマンでは72kg級に出場した昨年の東京オリンピックと世界選手権の67kg級王者モハマド・レザ・アブドルハム・ゲラエイ(イラン)が、予選リーグで今年のアジア選手権67kg級王者のメイルザン・シェルマカンベト(カザフスタン)に3-7で敗れた。

シェルマカンベト(右=カザフスタン)に敗れたゲラエイ(イラン)だが、最後は優勝=UWWサイトより

 UWWによると、両者は4回目の対戦で(過去3回はいずれも2018年)、シェルマカンベトがこの時点で4戦全勝だという。しかし、ゲラエイはノルディック方式の“恩恵”で決勝へ進み、シェルマカンベトの負傷棄権によって優勝した。

 両者とも9月の世界選手権は67kg級での出場が予想され、ランキング・ポイントには影響しない。

 82kg級は。77kg級で東京オリンピック2位となり、今年のアジア選手権を制したアクジョル・マクムドフ(キルギス)が優勝。しかし、階級が違うので世界選手権でのシード権争いには影響しない。

 イランが4階級で優勝し、トルコが3階級、カザフスタン、ウズベキスタン、キルギスが1階級ずつ制した。

 各階級の上位選手が下記の通り。各選手の末尾はランキング・ポイント。


男子グレコローマン

 【55kg級】=9選手出場
[1]Poya Soulat DAD MARZ(イラン) 8000点
[2]Marlan MUKASHEV(カザフスタン) 6400点
[3]Jasurbek ORTIKBOEV(ウズベキスタン) 5200点
[3]Aslamdzhon AZIZOV(タジキスタン) 5200点

 【60kg級】=11選手出場
[1]Ali Reza Ayat Ollah NEJATI(イラン) 8000点
[2]Pouya Mohammad NASERPOUR(イラン) 6400点
[3]Mukhammadkodir YUSUPOV(ウズベキスタン) 5200点
[3]Yernur FIDAKHMETOV(カザフスタン) 5200点

 【63kg級】=10選手出場
[1]Kerem KAMAL(トルコ) 8000点
[2]Bagylan ZHAKANSHA(カザフスタン) 6400点
[3]Zholaman SHARSHENBEKOV(キルギス) 5200点
[3]Neeraj NEERAJ(インド) 5200点

 【67kg級】=10選手出場
[1]Abror ATABAEV(ウズベキスタン) 8000点
[2]Joni KHETSURIANI(ジョージア) 6400点
[3]Sultan ASSETULY(カザフスタン) 5200点
[3]Madiyar MALTEKBAYEV(カザフスタン) 5200点

 【72kg級】=7選手出場
[1]Mohammadreza Abdolhamid GERAEI(イラン) 8000点
[2]Meiirzhan SHERMAKHANBET(カザフスタン) 6400点
[3]Mahmud BAKHSHILLOEV(ウズベキスタン) 5200点
[4]Jamol JUMABAEV(ウズベキスタン) 4640点

 【77kg級】=9選手出場
[1]Kaharman KISSYMETOV(カザフスタン) 8000点
[2]Demeu ZHADRAYEV(カザフスタン) 6400点
[3]Mohammad Reza Hojatollah MOKHTARI(イラン) 5200点
[3]Renat ILIAZ UULU(キルギス) 5200点

 【82kg級】=10選手出場
[1]Akzhol MAKHMUDOV(キルギス) 8000点
[2]Pejman Soltanmorad POSHTAM(イラン) 6400点
[3]Kalidin ASYKEEV(キルギス) 5200点
[3]Burhan AKBUDAK(トルコ) 5200点

 【87kg級】=11選手出場
[1]Ramin Soltanmorad TAHERISARTANG(イラン) 8000点
[2]Aivengo RIKADZE(ジョージア) 6400点
[3]A. AZISBEKOV(キルギス) 5200点
[3]Jalgasbay BERDIMURATOV(ウズベキスタン) 5200点

 【97kg級】=9選手出場
[1]Metehan BASAR(トルコ) 8000点
[2]Mahdi Ebrahim FALLAHHAMIDABADI(イラン) 6400点
[3]Olzhas SYRLYBAY(カザフスタン) 5200点
[3]Rustam ASSAKALOV(ウズベキスタン) 5200点

 【130kg級】=9選手出場
[1]Osman YILDIRIM(トルコ) 8000点
[2]Amin MIRZAZADEH(イラン) 6400点
[3]Anton SAVENKO(カザフスタン) 5200点
[3]Aliakbar Hossein YOUSOFIAHMADCHALI(イラン) 5200点







JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース

年別ニュース一覧

サイト内検索


【報道】取材申請について
-------------

● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。


アスリートの盗撮、写真・動画の悪用、悪質なSNSの投稿は卑劣な行為です。
JADA HOMEPAGE

フェアプレイで日本を元気に