日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト
2022.06.09

インドが5階級で優勝…UWW第2回ランキング大会・女子

 

 世界レスリング連盟(UWW)の2022年第2回ランキング大会「ボラト・ツルリハノフ・カップ」は6月2~5日にカザフスタン・アルマトイで行われ、女子は62kg級で2016年リオデジャネイロ・オリンピック58kg級3位のサクシ・マリクらインドが5階級で優勝。カザフスタンとモンゴルが2階級ずつ制した。

 各階級の上位選手が下記の通り。各選手の末尾はランキング・ポイント。


女子

 【50kg級】=8選手出場
[1]Namuuntsetseg TSOGT OCHIR(モンゴル) 8000点
[2]Jasmina IMMAEVA(ウズベキスタン) 6400点
[3]Turkan NASIROVA(アゼルバイジャン) 5200点
[3]Otgonjargal DOLGORJAV(モンゴル) 5200点

 【53kg級】=10選手出場
[1]Bolortuya BAT OCHIR(モンゴル) 8000点
[2]Zhuldyz ESHIMOVA(カザフスタン) 6400点
[3]Aktenge KEUNIMJAEVA(ウズベキスタン) 5200点
[3]Leyla GURBANOVA(アゼルバイジャン) 5200点

 【55kg級】=6選手出場
[1]Marina SEDNEVA(カザフスタン) 8000点
[2]Shokhida AKHMEDOVA(ウズベキスタン) 6400点
[3]Sushma SHOKEEN(インド) 5200点
[4]Ainur ASHIMOVA(カザフスタン) 4640点

 【57kg級】=6選手出場
[1]Mansi MANSI(インド) 8000点
[2]Emma TISSINA(カザフスタン) 6400点
[3]Laylokhon SOBIROVA(ウズベキスタン) 5200点
[4]Laura ALMAGANBETOVA(カザフスタン) 4640点

 【59kg級】=7選手出場
[1]Sarita SARITA(インド) 8000点
[2]Zhala ALIYEVA(アゼルバイジャン) 6400点
[3]Diana KAYUMOVA(カザフスタン) 5200点
[4]Aizhan ISMAGULOVA(カザフスタン) 4640点

 【62kg級】=6選手出場
[1]Sakshi MALIK(インド) 8000点
[2]Irina KUZNETSOVA(カザフスタン) 6400点
[3]Gantuya ENKHBAT(モンゴル) 5200点
[4]Rushana ABDIRASULOVA(ウズベキスタン) 4640点

 【65kg級】=7選手出場
[1]Manisha MANISHA(インド) 8000点
[2]Elis MANOLOVA(アゼルバイジャン) 6400点
[3]Ariukhan JUMABAEVA(ウズベキスタン) 5200点
[4]Gaukhar MUKATAY(カザフスタン) 4640点

 【68kg級】=4選手出場
[1]Divya KAKRAN(インド) 4000点
[2]Bolortungalag(モンゴル) ZORIGT 3200点
[3]Delgermaa ENKHSAIKHAN(モンゴル) 2600点
[4]Albina KAIRGELDINOVA(カザフスタン) 0点

 【72kg級】=4選手出場(1選手失格)
[1]Zhamila BAKBERGENOVA(カザフスタン) 4000点
[2]Bipasha BIPASHA(インド) 3200点
[3]Svetlana OKNAZAROVA(ウズベキスタン) 2600点

 【76kg級】=7選手出場
[1]Aiperi MEDET KYZY(キルギス) 8000点
[2]Samar Amer Ibrahim HAMZA(エジプト) 6400点
[3]Pooja POOJA(インド) 5200点
[4]Inkara ZHANATAYEVA(カザフスタン) 4640点







JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース

年別ニュース一覧

サイト内検索


【報道】取材申請について
-------------

● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。


アスリートの盗撮、写真・動画の悪用、悪質なSNSの投稿は卑劣な行為です。
JADA HOMEPAGE

フェアプレイで日本を元気に