日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト
2022.06.20

“世界一”決戦は須﨑優衣(キッツ)が連勝、尾﨑野乃香(慶大)はオリンピック女王を破る…2022年明治杯全日本選抜選手権・最終日

 

 2022年明治杯全日本選抜選手権最終日は6月19日、東京・駒沢体育館で男女6階級が行われ、東京オリンピックのメダリスト5選手が出場。女子50kg級の須﨑優衣(キッツ)が世界チャンピオンの吉元玲美那(至学館大)を破り、プレーオフでも勝利。同55kg級の志土地真優(ジェイテクト=旧姓向田)、男子グレコローマン60kg級の文田健一郎(ミキハウス)、同77kg級の屋比久翔平(ALSOK)とともに世界選手権出場を決めた。

世界チャンピオンの吉元玲美那(至学館大)に連勝し、世界選手権出場を決めた須﨑優衣(キッツ)

 女子62kg級は、全日本チャンピオンで4月のアジア選手権優勝の尾﨑野乃香(慶大)が東京オリンピック優勝の川井友香子(サントリービバレッジソリューション)を破る殊勲。男子フリースタイル57kg級の長谷川敏裕(三恵海運)とともに、2年連続で世界選手権出場を決めた。

 須﨑は初戦の2回戦と準決勝をテクニカルフォールで勝ち上がり、吉元もテクニカルフォールと相手の負傷による途中棄権で決勝へ進出。“世界一”同士の対戦は須﨑が4-0とリードし、最後は4-2で勝利。プレーオフでは8-0で勝ち、オリンピック・チャンピオンの実力を見せた。

 55kg級での出場となった53kg級オリンピック・チャンピオンの志土地は、初戦の2回戦から決勝までの3試合をすべて10-0のテクニカルフォールで勝利。全日本チャンピオンの今井佑海(日大)とのプレーオフは4-0で勝ち、この階級では2018年以来の世界選手権出場を決めた。

パリ・オリンピックへ向けて実戦の舞台に戻った文田健一郎(ミキハウス)も全日本王者に2連勝

 東京オリンピック銀メダルの文田は、全日本王者の鈴木絢大(レスターホールディングス)を決勝とプレーオフで破り、第一人者の実力をアピール。東京オリンピック77kg級で銅メダルを取った屋比久は、決勝で全日本選手権3位の前田明都(レスターホールディングス)に6-3で勝利。全日本王者の櫻庭功大(自衛隊)が負傷で不出場のため、プレーオフなしで世界選手権代表となった。

 昨年の世界選手権61kg級3位の長谷川は、全日本選手権と同じく57kg級に出場し、決勝で世界選手権7位の阿部敏弥(国士舘大職)を破り、この階級での世界選手権初出場を決めた。

 最優秀選手に贈られる明治杯は須﨑が初受賞。優秀選手は、女子は志土地、男子グレコローマンは文田、男子フリースタイルは長谷川が、それぞれ選ばれた。

 各階級の成績は下記の通り。(撮影=矢吹建夫)

新しい姓での初戦となった志土地真優(ジェイテクト)も順当勝ち。今年は55kg級で世界女王を目指す

個人賞受賞選手。選手の左から長谷川敏裕、文田健一郎、須﨑優衣、志土地真優


 女   子  50kg 53kg 55kg 57kg 59kg
1~3位一覧表 62kg 65kg 68kg 72kg 76kg
男子グレコローマン 55kg 60kg 63kg 67kg 72kg
1~3位一覧表 77kg 82kg 87kg 97kg 130kg
男子フリースタイル 57kg 61kg 65kg 70kg 74kg
1~3位一覧表 79kg 86kg 92kg 97kg 125kg

《世界選手権代表決定プレーオフ》

第1日 第3日 最終日
女子59・68kg/男子G97kg 女子72kg/男子G55kg/男子F70・86kg 女子50・55kg/男子G60kg

《個人賞》
【明治杯(最優秀選手)】須﨑優衣(女子50kg級=キッツ)
【優秀選手】▼女子 志土地真優(55kg級=ジェイテクト)、▼男子グレコローマン 文田健一郎(ミキハウス)、▼男子フリースタイル 長谷川敏裕(三恵海運)


女子

 【50kg級】=10選手エントリー

 ▼世界選手権代表決定プレーオフ
須﨑優衣(キッツ)○[8-0]●吉元玲美那(至学館大)

※須﨑は世界選手権代表へ

 ▼決勝
須﨑優衣(キッツ)○[4-2]●吉元玲美那(至学館大)

※須﨑は2大会ぶり3度目の優勝(48kg級と合わせて5度目)

 ▼3位決定戦
中村未優(Sports Design Lab)○[11-10]●櫻井はなの(育英大)

 ▼3・5位決定戦
櫻井はなの(育英大)○[3-2]●森川晴凪(愛知・至学館高)
中村未優(Sports Design Lab)○[不戦勝=棄権]●伊藤海(早大)

 ▼準決勝
須﨑優衣(キッツ)○[Tフォール、4:08=11-0]●櫻井はなの(育英大)
吉元玲美那(至学館大)○[負傷棄権、5:02=8-1]●伊藤海(早大)

 ▼2回戦
須﨑優衣(キッツ)○[Tフォール、2:06=10-0]●森川晴凪(愛知・至学館高)
櫻井はなの(育英大)○[3-0]●宮原乙葉(育英大)
伊藤海(早大)○[Tフォール、5:44=10-0]●米原実穂(至学館大)
吉元玲美那(至学館大)○[Tフォール、3:54=10-0]●中村未優(Sports Design Lab)

 ▼1回戦
森川晴凪(愛知・至学館高)○[4-2]●坂本由宇(神奈川大)
中村未優(Sports Design Lab)○[フォール、5:42=15-2]●眞柄美和(愛知・至学館高)

----------------------------------

 【55kg級】=11選手エントリー

 ▼世界選手権代表決定プレーオフ
志土地真優(ジェイテクト)○[4-0]●今井佑海(日大)

 ▼決勝
志土地真優(ジェイテクト)○[Tフォール、3:36=10-0]●清岡もえ(育英大)

※志土地は3大会ぶり2度目の優勝(53kg級と合わせて5度目の優勝)

 ▼3位決定戦
田村生吹(日体大)○[8-0]●大野真子(日体大)

 ▼3・5位決定戦
大野真子(日体大)○[2-1]●吉柴未彩輝(大東文化大)
田村生吹(日体大)○[6-0]●今井佑海(日大)

 ▼敗者復活戦
今井佑海(日大)○[5-2]●五味音々(育英大)

 ▼準決勝
志土地真優(ジェイテクト)○[Tフォール、2:25=10-0]●吉柴未彩輝(大東文化大)
清岡もえ(育英大)○[Tフォール、1:41=10-0]●田村生吹(日体大)

 ▼2回戦
志土地真優(ジェイテクト)○[Tフォール、2:18=10-0]●大野真子(日体大)
吉柴未彩輝(大東文化大)○[5-4]●太田若那(東洋大)
田村生吹(日体大)○[10-1]●高山凛子(至学館大)
清岡もえ(育英大)○[5-2]●今井佑海(日大)

 ▼1回戦
大野真子(日体大)○[Tフォール、4:51=10-0]●伊藤乃愛(至学館大)
高山凛子(至学館大)○[Tフォール、2:16=10-0]●長谷川華子(日大)
清岡もえ(育英大)○[Tフォール、4:36=10-0]●五味音々(育英大)

----------------------------------

 【62kg級】=7選手エントリー

 ▼決勝
尾﨑野乃香(慶大)○[3-1]●川井友香子(サントリービバレッジソリューション)

※尾﨑は2年連続2度目の優勝、世界選手権代表へ

 ▼3位決定戦
稲垣柚香(至学館大)○[4-2]●坂野結衣(警視庁)

 ▼準決勝
川井友香子(サントリービバレッジソリューション)○[8-2]●坂野結衣(警視庁)
尾﨑野乃香(慶大)○[2-1]●稲垣柚香(至学館大)

 ▼1回戦
坂野結衣(警視庁)○[フォール、5:11=11-0]●惣﨑優音(日体大)
稲垣柚香(至学館大)○[6-3]●類家直美(至学館大)

 《棄権》小玉彩天奈(MTX ACADEMY)


男子グレコローマン

 【60kg級】=11選手エントリー

 ▼世界選手権代表決定プレーオフ
文田健一郎(ミキハウス)○[4-2]●鈴木絢大(レスターホールディングス)

※文田は世界選手権代表へ

 ▼決勝
文田健一郎(ミキハウス)○[6-3]●鈴木絢大(レスターホールディングス)

※文田は2大会ぶり4度目の優勝

 ▼3位決定戦
稲葉海人(日体大大学院)○[フォール、4:33=6-2]●河名真偉斗(自衛隊)

 ▼3・5位決定戦
河名真偉斗(自衛隊)○[5-2]●堤孔一(青山学院大)
稲葉海人(日体大大学院)○[Tフォール、3:56=11-2]●曽根敬次郎(専大)

 ▼準決勝
文田健一郎(ミキハウス)○[Tフォール、1:44=9-0]●河名真偉斗(自衛隊)
鈴木絢大(レスターホールディングス)○[Tフォール、5:11=11-3]●稲葉海人(日体大大学院)

 ▼2回戦
文田健一郎(ミキハウス)○[Tフォール、1:57=9-0]●堤孔一(青山学院大)
河名真偉斗(自衛隊)○[Tフォール、1:54=10-0]●藤本蔵馬(中京学院大)
稲葉海人(日体大大学院)○[Tフォール、0:49=9-0]●大河原蔵之介(日体大)
鈴木絢大(レスターホールディングス)○[Tフォール、0:46=8-0]●曽根敬次郎(専大)

 ▼1回戦
堤孔一(青山学院大)○[Tフォール、1:06=14-4]●五味虹登(育英大)
大河原蔵之介(日体大)○[6-3]●松本健新(神奈川大)
曽根敬次郎(専大)○[6-5]●藤波諒太郎(自衛隊)

----------------------------------

 【77kg級】=10選手エントリー

 ▼決勝
屋比久翔平(ALSOK)○[6-3]●前田明都(レスターホールディングス)

※屋比久は2大会ぶり3度目の優勝(75kg級を含めて4度目)、世界選手権代表へ

 ▼3位決定戦
日下尚(日体大)○[11-8]●水口竣介(拓大)

 ▼3・5位決定戦
水口竣介(拓大)○[Tフォール、1:30=10-0]●小堀雄大(東洋大)
日下尚(日体大)○[5-1]●山田脩(日体大)

 ▼準決勝
屋比久翔平(ALSOK)○[Tフォール、2:29=14-4]●小堀雄大(東洋大)
前田明都(レスターホールディングス)○[3-1]●日下尚(日体大)

 ▼2回戦
屋比久翔平(ALSOK)○[Tフォール、1:55=12-0]●水口竣介(拓大)
小堀雄大(東洋大)○[Tフォール、3:47=14-3]●今村大地(日大)
前田明都(レスターホールディングス)○[3-1]●山田脩(日体大)
日下尚(日体大)○[Tフォール、2:12=9-0]●堀北一咲望(日体大)

 ▼1回戦
水口竣介(拓大)○[8-3]●掛水力(日本文理大)
堀北一咲望(日体大)○[Tフォール、1:09=8-0]●山崎然生(明大)


男子フリースタイル

 【57kg級】=12選手エントリー

 ▼決勝
長谷川敏裕(三恵海運)○[2-0]●阿部敏弥(国士舘大職)

※長谷川は2年連続2度目の優勝

 ▼3位決定戦
藤田雄大(自衛隊)○[4-0]●新井陸人(自衛隊)

 ▼3・5位決定戦
藤田雄大(自衛隊)○[Tフォール、3:54=10-0]●山口太一(早大)
新井陸人(自衛隊)○[3-1]●竹下雄登(日体大)

 ▼準決勝
長谷川敏裕(三恵海運)○[Tフォール、4:46=11-0]●山口太一(早大)
阿部敏弥(国士舘大職)○[5-2]●竹下雄登(日体大)

 ▼2回戦
長谷川敏裕(三恵海運)○[4-2]●藤田雄大(自衛隊)
山口太一(早大)○[フォール、2:24=10-0]●田南部魁星(日体大)
竹下雄登(日体大)○[6-4]●鴇田昇大(明大)
阿部敏弥(国士舘大職)○[7-5]●新井陸人(自衛隊)

 ▼1回戦
藤田雄大(自衛隊)○[8-0]●弓矢健人(日体大)
田南部魁星(日体大)○[3-2]●弓矢暖人(日体大)
鴇田昇大(明大)○[7-3]●山根典哲(拓大)
新井陸人(自衛隊)○[4-0]●小野正之助(山梨学院大)

 

 







JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース

年別ニュース一覧

サイト内検索


【報道】取材申請について
-------------

● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。


アスリートの盗撮、写真・動画の悪用、悪質なSNSの投稿は卑劣な行為です。
JADA HOMEPAGE

フェアプレイで日本を元気に