日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト
2022.06.21

【2022年明治杯全日本選抜選手権・特集】勝者の声(男子フリースタイル)

 

(2022年6月16~19日、東京・駒沢体育館)

お知らせ
本協会Facebook page / instagramに、試合写真・ダイジェスト動画等が順次掲載されます。

 ■57㎏級・長谷川敏裕(三恵海運=階級ダウンして世界選手権出場権を獲得)「去年の世界選手権は61㎏級で3位でしたので、今年は57㎏級に落として優勝を狙っていきたい。今回は攻撃的なレスリングではなかったのですが、外国人選手相手だと、もっと攻めることができるかなと思うので、そこをこれから伸ばして、国内外で勝てるようにしたいです。

 (世界選手権では)しっかり成績を残して、世界でも名前を残して、そのままの流れでオリンピックにつなげたい」


 ■61kg級・樋口黎(ミキハウス=シニアの世界選手権初出場を決める)「1、2回戦では、なるべく多くフェイントを入れてみたり、逆の腕取りをしてみたりと単調にならなかった点がよかった。決勝は自分からプレッシャーを前に掛けて、崩す組み手ができた。パワー負けをしなかったので、フィジカルの部分でもだいぶ成長できていると思います。

 (世界選手権へ向けて)僕は日本人相手より海外でやるときの方が動きがよくなり、開き直ってできるんです。自分の力を出して、圧勝で世界選手権を優勝したい。12月は57kg級で勝たないとオリンピックはない。世界選手権で力を試して、12月の本番を迎えたい」


 ■65kg級・山口海輝(日体大助手=昨年大会と全日本選手権に続く優勝)「決勝はポイントを先に取られてしまったので、取り返す気持ちでいました。ポイントは多く取れていなくとも、攻める気持ちを持って闘えたと思いますが、内容が甘かったので、満足はしていないです。

 国内では断トツで勝たないと、(2021年世界選手権や2022年アジア選手権と)同じ失敗をしてしまうと思う。世界選手権までの期間、必死に練習したい。乙黒(拓斗)選手に勝たないとパリ・オリンピックには行けない。12月の天皇杯(全日本選手権)ではしっかり勝ちたい」


 ■70㎏級・成國大志(MTX GOLDKIDS=準決勝で髙橋海大に敗れるも、プレーオフで雪辱)「髙橋選手は18歳とは思えないくらい強くて、準決勝ではコテンパンにやられてしまいました。負けた後は気持ちを切り替えました。実力は向こうの方が上。プレーオフでは運を味方にして1つのチャンスを活かしました。

 戦略はあまり変えずに、勝っても負けても悔いを残さないようにしました。譲れないものもあったので、それが結果につながったのだと思います。世界選手権での目標は、もちろん世界一。フリースタイルで世界一になったあとは、グレコローマンでも世界一になりたい」


 ■74キロ級・高谷大地(自衛隊=2014年に続く世界選手権出場へ)「すごいいい試合だったのかな、と思います。やるべきレスリングのひとつは、相手に合わせないこと。2つ目は、余計なことを考えずに自分の持ち味である動きをすること。3つ目は、派手な技を狙わないことです。今回はこの3つを重点的にやりました。

 自分の中では満点だったかなと思います。今回、兄(惣亮)からのアドバイスはなかったです。今まで僕はずっと名脇役だったんですけど、東京オリンピックが終わってからは、自分自身に目を向けるようになりました。今回はそれぞれが頑張るという形で調整しました」


 ■79㎏級・髙橋夢大(日体大=大会3連覇を達成し、3年ぶりの世界選手権)「世界選手権は2回目。前回は1回戦敗退だった。今回はパワーアップしているところを見せたい。国内でのこの階級での出場は最後。12月の天皇杯から(オリンピック階級である)86㎏級に上げます。いい形で終われてよかった。

 今、トレーナーをつけて筋力アップのためのトレーニングをしています。今のままだと86㎏級では通用しない。もっと力をつけていきたい。日本では勝っても、世界で勝たないとオリンピックは見えてこない。次のステップをきちんと踏めるよう、(9月の世界選手権は)結果にこだわっていきたい」


 ■86㎏級・白井勝太(クインテット=決勝で奥井眞生に敗れるも、プレーオフで雪辱)「(プレーオフを制したことで)安心しています。うれしいというより安堵感の方が大きい。今回はあまり調整がうまくいってなくて、それでも気持ちで何とかしようと思って、気持ちで最終的に勝ったという感じです。

 プレーオフ前に、奥井選手との試合(の動画)を見て、『こういう試合をすればいいんだ』と思い直し、『緊張より集中しよう』とプレーオフに臨みました。審判に助けられた部分もあるけど、決勝の時より集中でき、少しは冷静になれたことが勝因だと思います」


 ■92㎏級・高谷惣亮(ALSOK=4階級制覇達成、この階級で初の世界選手権へ)「今年4月から拓大のレスリング部監督に就任しました。9月に子供が産まれるので、監督、選手、研究、夫、そして父親といろいろ大変な面がありますが、こうして優勝することができてよかったです。

 監督業と自分のトレーニングの割合は10:10。学生と一緒に練習しているので。メニューを出して、自分でもやっている。昨日、(出場選手の)セコンドについて、周りの人たちから『明日試合なのに大丈夫か? 』と心配されました。気持ちの切り替えは非常に得意です」


 ■97㎏級・石黒峻士(新日本プロレス職=2年連続世界選手権へ)「4月のアジア選手権ではインドの選手に変な負け方をしてしまい、少し落ち込んでいました。永田(裕志)監督やまわりの方々、家族にサポートしていただき、今回はレスリングというより自分の気持ちとの闘いでした。

 今年の世界選手権は、オリンピックの予選前の最後の世界大会。いろいろな選手が出てくると予想しています。アジア選手権で見つけた課題を克服して、勝ちに行きたい」


 ■125㎏級・山本泰輝(自衛隊=4大会連続5度目の優勝)「決勝では自分の思うようなレスリングができず、悔しいです。切られたらどうしよう、という気持ちがあって、攻めることができなかった。(昨年の全日本選手権でもタックルに入れず)自分としては攻める練習をしてきたつもりだけど、“つもり”で終わってしまった。

 海外の選手は自分から攻めてくるし、体も強い。課題に取り組んで少しでも強くなりたい。入賞を目指してがんばりたい」







JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース

年別ニュース一覧

サイト内検索


【報道】取材申請について
-------------

● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。


アスリートの盗撮、写真・動画の悪用、悪質なSNSの投稿は卑劣な行為です。
JADA HOMEPAGE

フェアプレイで日本を元気に