日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト
2022.06.21

【2022年明治杯全日本選抜選手権・特集】勝者の声(女子)

 

(2022年6月16~19日、東京・駒沢体育館)

お知らせ
本協会Facebook page / instagramに、試合写真・ダイジェスト動画等が順次掲載されます。

 ■50kg級・須﨑優衣(キッツ=世界チャンピオンの吉元玲美那に2連勝し、世界選手権出場を決める)「東京オリンピック以来の試合で、本当に久しぶりでした。今回の大会で多くの課題を見つけることができたので、パリ・オリンピックに向けて成長していくうえで本当に良いスタートを切れたと思います。

 今回得た反省を生かして、さらに強くなって、世界選手権で必ずチャンピオンになりたいです。そして、12月から始まるパリ・オリンピックの予選へとつなげていきたいと思います」


 ■53㎏級 藤波朱理(日体大=大会2連覇を達成するとともに、国内外100連勝をマーク)「日体大選手として出る国内大会は2回目。大学に入ってからたくさんのコーチに新しい技術を教えてもらったので、少しでも出せたらいいと思っていました。今日はそれを出せた部分もあれば、まだまだ未完成の部分もあったので、しっかり反省として次にいかしていきたい。

  (100連勝について)連勝は過去のこと。今の自分が大切にしているのは、これから勝つことであって、マットに上がれば連勝記録は関係ありません。連勝記録は過去のことだと受け止め、これから勝つことだけに集中したいと思います」


 ■55kg級・志土地真優(ジェイテクト=階級を55kg級に戻し、志土地姓になって幸先いいスタート)「東京オリンピックを終えたあと初めての試合だったのですが、緊張もある中で、初戦から思い通りに脚が動いたと感じています。プレーオフでは少し力んでしまったのですが、勝ち切ることができてよかったです。

 今回は55kg級に出場して、次の12月(全日本選手権)は53kg級でエントリーするという流れをイメージしていました。東京オリンピックへ向けてもそうでした。まずは世界選手権の優勝を目標にして、その後はパリ・オリンピックの予選に向けて、もう一度身体を作り直していきたいです」


 ■57㎏級・櫻井つぐみ(育英大=決勝の南條早映戦で終了間際に逆転勝ち)「練習量では負けない、ということが自信になって、最後はきついところでしたけれど、タックルに入って点を取れたことはうれしかった。昨日、育英大の選手2人(元木咲良、石井亜海)が優勝して、自分も勝ちたいし、勝たないといけないと思っていました。

 55㎏級がちょうどいい階級でしたけれど、オリンピック階級ではありません。57㎏級でしっかり体をつくり、もっと圧倒的に勝てるようにならないといけない。(東京オリンピック金メダルの)川井選手を倒してオリンピックに行けるようにしたいです」


 ■59kg級・元木咲良(育英大=全日本チャンピオンの屶網さらを破って初優勝、プレーオフでも勝って世界選手権へ)「けがをしたり、全日本選手権への出場を逃したり、コロナで試合がなくなったりと、いろいろなことがありました。たくさんの人たちのおかげでここまで来ることができ、本当にうれしい。

 父(2000年シドニー・オリンピック出場の元木康年)は私の一番の見本。20歳からレスリングを始めてオリンピックに出て、相当な努力が必要だったと思います。自分は3歳からレスリングをやってきた。自分の方がオリンピックに出場できる可能性は高いのではないかな、と思います。父以上の努力をして、オリンピックに出て、金メダルを獲りたいです」


 ■62㎏級・尾﨑野乃香(慶大=オリンピック・チャンピオンを破って世界選手権代表へ)「この階級は世界でも日本でも強い選手が多く、川井選手と決勝で当たる過程でも強い選手とも当たると思っていた。一戦、一戦をしっかり闘おうと考えていました。試合前から、『勝つためにはどうしよう』と考えて、タックルを取れなくても自分が攻める姿勢を見せるなどして最後は絶対に勝とうと思っていました。

 これで満足してはいけないです。世界選手権では、今度こそ優勝するのが目標です。62㎏級は自分の階級だと思って、天皇杯、明治杯と62㎏級を守り抜いて、オリンピックに出場したいと思っています」


 ■女子65kg級・森川美和(ALSOK=昨年の全日本選手権に続いて優勝し、2度目の世界選手権へ)「相手を圧倒して勝てなかったので悔しいけれど、反省点がまた見つかったのでよかったと思います。決勝は、場外で1点取られてしまい、ポイントが取れる場面で逃してしまった部分があったので、反省しています。自分の持ち味であるタックルを使っていくことがまだまだできていないと思う。

 去年(の世界選手権)は銀メダルという悔しい結果で終わってしまったので、今年の世界選手権ではしっかり金メダルをとって、12月のオリンピック予選(天皇杯)につなげたい。持ち味であるタックルと、母校の日体大の攻め続けるレスリングで、しっかり優勝できるように頑張りたいと思います」


 ■女子68kg級・石井亜海(育英大=初優勝し、プレーオフでも松雪成葉に勝利)「練習でやってきた成果を出そうと思ってやったので、結果のうれしさより、反省の方が大きい。1回戦では、やりたいことができなかった。準決勝、決勝、プレーオフは(練習で)やっていることの半分は出せたかなと思います。

 (世界選手権へ向けて)優勝したいとか、相手に勝ちたいというのはもちろんですが、練習の成果を出すことが大前提。世界選手権では今日より納得できる試合ができるようにしたい。あと3ヶ月、できることすべてやって、それを出し切れるような試合をします」


 ■72㎏級・古市雅子(自衛隊=新倉すみれに決勝とプレーオフで連勝し、世界選手権へ)「天皇杯68㎏級で出たけど、今回は72㎏級に階級変更しました。勝つことができたのでよかった。途中まで負けていて、相手の懐に入ってクラッチを取ったとき、そこしか取る場面はないと思いました。最後は自分の力を出してポイントをとることができました。

 プレーオフでは決勝でまずかった点を修正するようにしました。決勝でちょっと疲れてしまったので、無理にいかず、チャンスがあるときに取りにいこうと心がけました。世界選手権が終わったら68㎏級に戻します。体重調整をしながら、しっかりと68㎏級の体を作っていきたい」


 ■女子76kg級・鏡優翔(東洋大=全日本選手権に続いて勝ち、世界選手権初出場)「2年半ぶりの有観客試合。(お客さんに)見に来てもらうことが当たりまえではなかったんだな、と実感しました。アジア選手権では、入れることはできてもタックルで返されてしまうことが多かった。今大会までは、そこを課題としてタックルを重点的に練習してきました。

 世界選手権で優勝することを考えると、タックルもスピードも処理もすべて磨き上げなければいけない。しっかり練習していきたいと思います」







JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース

年別ニュース一覧

サイト内検索


【報道】取材申請について
-------------

● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。


アスリートの盗撮、写真・動画の悪用、悪質なSNSの投稿は卑劣な行為です。
JADA HOMEPAGE

フェアプレイで日本を元気に