日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト
2022.06.22

安藤慎悟(大阪・興國高)が優勝、女子は「銀4・銅2」…2022年アジア・カデット選手権・第3日(女子/男子フリースタイル)

 

男子フリースタイルの初日に金メダルを決めた安藤慎悟(大阪・興國高)

 2022年U17アジア選手権第3日は6月21日、キルギス・ビシュケクで女子5階級と男子フリースタイル3階級が行われ、男子フリースタイル71kg級で安藤慎悟(大阪・興國高)が3試合に勝って優勝した。国際大会は初出場で優勝。

 日本の男子フリースタイルでは、2018年(藤田颯=55kg級)、2019年(髙橋海大=60kg級)に続いて3大会連続で優勝選手を輩出した(2020・21年大会は中止)。

 他に、65kg級の瀧澤勇仁(神奈川・慶應高)が3位決定戦に進み、モンゴル選手を破って銅メダルを獲得した。

 女子は5階級が行われ、49kg級の升田夏実(京都・海洋高)と57kg級の太田早也香(埼玉・埼玉栄高)が決勝に進んだものの、ともにインド選手に敗れて2位に終わった。

 女子は全階級を終了し、前日と合わせて「銀4・銅2」を獲得。国別対抗得点では、8階級を制したインドが235点をマークして優勝し、日本は143点で2位。2003年に始まったこの大会で、初めて優勝なしに終わった。

 各選手の成績は下記の通り。(写真はチーム提供)


女子

 【43kg級】=派遣なし

---------------------------------

 【49kg級】升田夏実(京都・海洋高)=2位(7選手出場) 《トーナメント表》
決   勝 ●[Tフォール、0-10]Ahilya Shatrughan SHINDE(インド)
準 決 勝 ○[6-3]Sandugash DJENBAEVA(ウズベキスタン)
予選リーグ3回戦 ○[Tフォール、1:17=10-0]Soyolmaa GEREL(モンゴル)
予選リーグ2回戦 ○[Tフォール、0:34=10-0]Aiymgul ABYLOVA(カザフスタン)
予選リーグ1回戦  BYE

---------------------------------

 【57kg級】太田早也香(埼玉・埼玉栄高)=2位(8選手出場) 《トーナメント表》
決 勝 ●[0-5]Shiksha SHIKSHA(インド)
準決勝 ○[フォール、2:44=4-0]YeoJin MIN(韓国)
1回戦 ○[7-0]Aitolkun MEDET KYZY(キルギス)

---------------------------------

 【65kg級】東佐和(福岡・三井高)=4位(7選手出場) 《トーナメント表》
3位決定戦 ●[7-8]Sevinch SULTONOVA(ウズベキスタン)
準 決 勝 ●[フォール、1:46=0-3]Gulnura TASHTANBEKOVA(キルギス)
予選リーグ3回戦 ●[5-8]Sevinch SULTONOVA(ウズベキスタン)
予選リーグ2回戦 ○[フォール、2:15=4-2]Meiramgul MAKSOT(カザフスタン)
予選リーグ1回戦 ○[11-4]Odgerel ERDENE OCHIR(モンゴル)

---------------------------------

 【73kg級】石田眞子(奈良県協会)=6位(7選手出場) 《トーナメント表》
予選リーグ3回戦 ●[フォール、1:07=0-7]Bayarjargal NOMIN ERDENE(モンゴル)
予選リーグ2回戦 ●[フォール、3:07=6-5]Linara MOLDOGAZIEVA(キルギス)
予選リーグ1回戦 ●[フォール、0:19=2-2]Alina YERTOSTIK(カザフスタン)

---------------------------------

 《国別対抗得点》

[1]インド 235点、[2]日本 143点、[3]モンゴル 138点、[4]キルギス 136点、[5]ウズベキスタン 135点、[6]カザフスタン 116点、[7]韓国 34点、[8]バングラデシュ 6点


男子フリースタイル

 【65kg級】瀧澤勇仁(神奈川・慶應高)=3位(10選手出場) 《トーナメント表》
3決戦 ○[8-3]Tolui MUNKHBAT(モンゴル)
準決勝 ●[4-4]Akobir RAHIMOV(ウズベキスタン)
2回戦 ○[4-2]Juyoung KIM(韓国)
1回戦  BYE

---------------------------------

 【71kg級】安藤慎悟(大阪・興國高)=優勝(9選手出場) 《トーナメント表》
決 勝 ○[4-2]Narender NARENDER(インド)
準決勝 ○[5-2]Younes Mohsen SHAFIEI(イラン)
2回戦 ○[8-4]Bekarys BAKHYTZHAN(カザフスタン)
1回戦  BYE

---------------------------------

 【80kg級】岡澤ナツラ(神奈川・慶應高)=6位(10選手出場) 《トーナメント表》
1回戦 ●[5-12]Abbosjon YULDOSHEV(ウズベキスタン)

※敗者復活戦に回れず







JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース

年別ニュース一覧

サイト内検索


【報道】取材申請について
-------------

● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。


アスリートの盗撮、写真・動画の悪用、悪質なSNSの投稿は卑劣な行為です。
フェアプレイで日本を元気に