日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト
2022.06.29

東京金メダルのザウール・ウグエフが優勝…6.24~26男子フリースタイル・ロシア選手権

 

 男子フリースタイルの2022年ロシア選手権が6月24~26日にクズルで行われ、57kg級で東京オリンピックを制したザウール・ウグエフが復帰出場。5試合を勝ち抜き、3年連続5度目の優勝を遂げた。74kg級のザウルベク・シダコフ、96kg級のアブデュラシド・サデュラエフの2人の東京オリンピック王者は出場しなかった。

東京オリンピック後の復帰戦で優勝したザウール・ウグエフ=ロシア協会ホームページより

 65kg級に東京オリンピック3位のガジムラド・ラシドフが出場し、準決勝で昨年5位のガジムラド・オマロフに3-3で黒星。3位決定戦は負傷棄権した。世界選手権優勝のザギール・シャキエフは2回戦で2019年世界ジュニア選手権61kg級3位のアリク・カダルチェフに0-2で敗れ、上位進出を逃した。同級は今年のヤリギン国際大会3位のイブラヒム・イブラヒモフが勝ち抜いた。

 世界レスリング連盟(UWW)は現在、ロシアのウクライナ侵攻のため、ロシアとロシアの行動を支持したベラルーシの選手と役員はUWWの大会への参加を認めないことにしている。同国男子フリースタイルのジャンボラト・テデエフ・ヘッドコーチは、同国協会ホームページに「今年の世界選手権に出場できることを願っている」とコメントし、7月から合宿を行っていくことを明らかにした。

 各階級のメダル獲得選手は下記の通り。


2022年ロシア選手権(男子フリースタイル)

 【57kg級】
[1]Zaur Uguev=2021年東京オリンピック優勝
[2]Nachyn Mongush
[3]Musa Mekhtikhanov
[3]Ramiz Gamzatov

 【61kg級】
[1]Abasgadzhi Magomedov=2021年世界選手権優勝
[2]Ahmed Idrisov
[3]Chermen Tavitov
[3]Bashir Magomedov

 【65kg級】
[1]Ibrahim Ibragimov=2022年ヤリギン国際大会3位
[2]Gadzhimurad Omarov
[3]Aikhaan Antonov
[3]Aripgadzhiyav Abdulaev

 【70kg級】
[1]Israil Kasumov=2021年欧州選手権優勝
[2]Anzor Zakuev
[3]Victor Rassadin
[3]Kurban Shiraev

 【74kg級】
[1]Razambek Zhamalov=2021年欧州選手権5位
[2]Chermen Valiev
[3]David Baev
[3]Magoma Dibirgadzhiev

 【79kg級】
[1]Malik Shavaev=2022年ヤリギン国際大会2位
[2]Magomed Magomaev
[3]Radik Valiev
[3]Nikita Suchkov

 【86kg級】
[1]Artur Naifonov=2021年東京オリンピック3位
[2]Amanula Rasulov
[3]Ada Bagomedov
[3]Arsen-Ali Musalaliev

 【92kg級】
[1]Magomed Kurbanov=2021年世界選手権2位
[2]Azamat Zakuev
[3]Magomed Sharipov
[3]Vladislav Valiev

 【97kg級】
[1]Aslanbek Sotiev=2021年U23欧州選手権優勝
[2]Shamil Musaev
[3]Sergey Kozyrev
[3]Akhmed Tazhudinov

 【125kg級】
[1]Alen Khubulov=2022年ヤリギン国際大会3位
[2]Tamerlan Rasuev
[3]Baldan Tsyzhipov
[3]Eric Dzhioev







JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース

年別ニュース一覧

サイト内検索


【報道】取材申請について
-------------

● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。


アスリートの盗撮、写真・動画の悪用、悪質なSNSの投稿は卑劣な行為です。
JADA HOMEPAGE

フェアプレイで日本を元気に