日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト
2022.07.03

【2022年明治杯全日本選抜選手権・特集】世界女王の称号を手にし、年末にはオリンピック階級に挑む!…女子65kg級・森川美和(ALSOK)

 

(文=東京スポーツ新聞社・中村亜希子)

 2022年明治杯全日本選抜選手権の女子65kg級決勝は、森川美和(ALSOK)今井海優(自衛隊)を8―1で下し、2連覇を達成。世界選手権(9月、セルビア)の代表にも決まった。

決勝で今井海優(自衛隊)を破り、2年連続世界選手権出場を決めた森川美和(ALSOK)=撮影・矢吹建夫

 快勝にも森川は反省の弁だ。「研究されていたとしても、圧倒して勝つようにコーチに言われていたので悔しい。全試合テクニカルフォールで勝ちたかったし、最後の試合は1点取られた。もっとポイントを取れる場面もあったのに、逃してしまった」と、どこまでも自分に厳しかった。

 レベルの高い環境に身を置くことで、妥協を許さない姿勢を身に着けている。日体大を卒業し、4月からALSOKに入社した。指導を受ける伊調馨や、高谷惣亮が所属するレスリング界の強豪チーム。「偉大な先輩が多くて、自分なんかがいいのかなと思う。でも、自分が頑張って、世界の人に会社を知ってもらえるように頑張りたい」と、プレッシャーを力に変えるつもりで練習に励んでいる。

日体大・男子チームの練習にも参加

 トレーニング環境も恵まれている。週の半分を日体大の女子チーム、半分を男子チームで練習している。女子との練習では、伊調から組み手など最高の技術を学習。男子では重量級で長年日本トップに君臨し、世界と戦った松本慎吾監督を筆頭に、強豪部員らにスパーリング相手をしてもらっているという。

日体大・男子の練習に加わり、松本慎吾監督と練習する

 松本監督は、今も現役男子が力負けするパワーを誇る。「(同監督の)足を上げられるようになることを目指しています」と森川は話す。「男子選手にはボコボコに攻められることもあるけど、ポイントを取れた時に『この人から取れたんだ』と自信になる。いい環境を作ってもらって感謝しています」と充実の日々だ。

 レスリング以外のスター選手への憧れもモチベーションになっている。携帯電話の待ち受け画面はバドミントンの桃田賢斗(NTT東日本)との2ショット写真。「桃田さんに認知されるように頑張りたい」。自分の名前を日本、いや世界に知らしめる最高のチャンスは2024年パリ・オリンピックだ。

今年12月にはオリンピック階級の68kg級にアップ

 出場を目指し、選考レースが始まる年末の全日本選手権から五輪階級の68kg級に上げる予定。東京五輪代表の土性沙羅(東新住建)が復帰してくる可能性があるが、「土性選手はすごい選手。重量級を引っ張る憧れの選手。全日本選手権に出てきたら、しっかり勝ちたい」と勝負を挑むつもりだ。

 その前に是が非でも手に入れたいのが“世界女王”の称号。「昨年の世界選手権は銀メダルだったので、今年はしっかり金メダルを取って、12月にぶつけたい」
 
 伸び盛りの22歳に注目だ。







JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース

年別ニュース一覧

サイト内検索


【報道】取材申請について
-------------

● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。


アスリートの盗撮、写真・動画の悪用、悪質なSNSの投稿は卑劣な行為です。
JADA HOMEPAGE

フェアプレイで日本を元気に