日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト
2022.07.20

森川美和(ALSOK)に第1シードの可能性…2022年世界選手権前のランキングが確定(女子)

 

 2022年世界選手権(9月10~18日、セルビア・ベオグラード)を前にした世界レスリング連盟(UWW)のランキング大会は、7月14~17日の「ズヘイル・スガイアー国際大会」(チュニジア)で終了。各階級のランキングが決まった。この結果をもとに、世界選手権でのシードが決まる(今年から第8シードまで。以下は、すべて規定に照らし合わせたシード順です)。

 女子では、65kg級で3位の森川美和(ALSOK)が第1シードとなる可能性が出てきた。1位のフォーレスト・アン・モリナリ(米国)は代表落ちし(同国からは2月のヤシャ・ドク国際大会2位のベルテ・マロリーが出場予定)、2位のイリナ・リンガシ(モルドバ)は今年初めから68kg級で闘っている。上位選手が不在の場合、規定では下位選手が繰り上がることになっているので、森川が第1シードとなる。

世界選手権で第1シードの可能性が出てきた森川美和(ALSOK)=UWWサイトより

 50kg級は1位がサラ・ヒルデブラント(米国)、2位が吉元玲美那(至学館大)、3位が須﨑優衣(キッツ)。ヒルデブラントの米国代表が決まっているので、須﨑は第2シード。

 53kg級の藤波朱理(日体大)も3位へ。1位のボロルツヤ・バトオチル(モンゴル=東京オリンピック3位)、2位のルイサ・バルベルデ・メレンドレス(エクアドル=同8位)ともランキング大会出場など積極的に活動しており、世界選手権代表が見込まれるので、その場合は藤波が第3シードとなる。

 藤波とメレンドレスは、ともに5万5,000点だが、同点の場合の順位決定基準の第1項目「オリンピックの成績」によって、メレンデスが2位、藤波が3位となった。

 昨年の72kg級世界チャンピオンの古市雅子(自衛隊)は4位。上位3選手も国際大会出場など活動しており、世界選手権の代表に選ばれていることが予想されるので、第4シードとなる。

 女子の各階級のランキングは下記の通り。


女子ランキング(2022年7月18日時点)

 【50kg級】
[1]HILDEBRANDT Sarah Ann(米国)92,200点
[2]吉元玲美那(日本)55,000点
[3]須﨑優衣(日本)51,000点
[4]SELISHKA Miglena Georgieva(ブルガリア)49,900点
[5]VUC Emilia Alina(ルーマニア)49,100点
[6]DOLGORJAV Otgonjargal(モンゴル)46,400点
[7]SUN Yanan(中国)41,400点
[8]SOKOLOVA Nadezhda(ロシア連盟)39,520点

-------------------------

 【53kg級】
[1]BAT OCHIR Bolortuya(モンゴル)64,200点
[2]VALVERDE MELENDRES Luisa Elizabeth(エクアドル)55,000点
[3]藤波朱理(日本)55,000点
[4]LEORDA Iulia(モルドバ)53,700点
[5]向田真優(日本)51,000点
[6]STEWART Samantha Leigh(カナダ)44,200点
[7]PANG Qianyu(中国)41,400点
[8]KRAWCZYK Katarzyna(ポーランド)37,500点

-------------------------

 【55kg級】
[1]HEMMER Nina(ドイツ)43,640点
[2]櫻井つぐみ(日本)43,000点
[3]KHOMENETS Oleksandra(ウクライナ)37,000点
[4]ANA Andreea Beatrice(ルーマニア)31,400点
[5]BURKERT Jenna Rose(米国)29,000点
[6]PINKI Pinki(インド)23,000点
[7]KHOROSHAVTSEVA Olga(ロシア連盟)23,000点
[8]WINCHESTER Jacarra Gwenisha(米国)19,000点

-------------------------

 【57kg級】
[1]MAROULIS Helen Louise(米国)83,840点
[2]NIKOLOVA Evelina Georgieva(ブルガリア)72,200点
[3]ANSHU Anshu(インド)58,500点
[4]KURACHKINA Iryna(ベラルーシ)51,600点
[5]川井梨紗子(日本)51,000点
[6]PENALBER GIULLIA(ブラジル)45,380点
[7]CHUMIKOVA Veronika(ロシア連盟)35,200点
[8]ERKHEMBAYAR Davaachimeg(モンゴル)31,000点

-------------------------

 【59kg級】
[1]SARITA Sarita(インド)50,050点
[2]DUDOVA Bilyana Zhivkova(ブルガリア)45,000点
[3]花井瑛絵(日本)37,000点
[4]BAATARJAV Shoovdor(モンゴル)35,000点
[5]WRZESIEN Jowita Maria(ポーランド)30,800点
[6]KOLESNIK Alyona(アゼルバイジャン)28,300点
[7]NELSON Maya Gabriella(米国)25,000点
[8]LINDBORG Sara Johanna(スウェーデン)25,000点

-------------------------

 【62kg級】
[1]TYNYBEKOVA Aisuluu(キルギス)94,400点
[2]YUSEIN Taybe Mustafa(ブルガリア)53,200点
[3]NUNES lais(ブラジル)52,300点
[4]MIRACLE Kayla Colleen Kiyoko(米国)51,200点
[5]川井友香子(日本)51,000点
[6]KOLIADENKO Iryna(ウクライナ)42,200点
[7]尾﨑野乃香(日本)41,000点
[8]PROKOPEVNIUK Ilona(ウクライナ)37,900点

-------------------------

 【65kg級】
[1]MOLINARI Forrest Ann(米国)49,000点
[2]RINGACI Irina(モルドバ)45,000点
[3]森川美和(日本)42,000点
[4]MATTSSON Malin Johanna(スウェーデン)31,000点
[5]MANOLOVA Elis(アゼルバイジャン)30,800点
[6]INCZE Kriszta Tunde(ルーマニア)25,820点
[7]HRISTOVA Mimi Nikolova(ブルガリア)25,000点
[8]MAMASHUK Maryia(ベラルーシ)25,000点

-------------------------

 【68kg級】
[1]ZHUMANAZAROVA Meerim(キルギス)91,600点
[2]STOCK MENSAH Tamyra Mariama(米国)84,000点
[3]OBORUDUDU Blessing(ナイジェリア)79,600点
[4]VELIEVA Khanum(ロシア連盟)49,200点
[5]HANZLICKOVA Adela(チェコ)36,720点
[6]宮道りん(日本)35,000点
[7]CHERKASOVA Alla(ウクライナ)34,200点
[8]SORONZONBOLD Battsetseg(モンゴル)23,000点

-------------------------

 【72kg級】
[1]BAKBERGENOVA Zhamila(カザフスタン)52,000点
[2]CAVUSOGLU TOSUN Buse(トルコ)49,000点
[3]SCHELL Anna Carmen(ドイツ)48,600点
[4]古市雅子(日本)43,000点
[5]ENKH AMAR Davaanasan(モンゴル)26,250点
[6]VESCAN Cynthia Vanessa(フランス)23,000点
[7]KAKRAN Divya(インド)16,200点
[8]ZIMIANKOVA Anastasiya(ベラルーシ)15,000点

-------------------------

 【76kg級】
[1]GRAY Adeline Maria(米国)86,400点
[2]MEDET KYZY Aiperi(キルギス)85,000点
[3]HAMZA Samar Amer Ibrahim(エジプト)77,900点
[4]MAE Epp(エストニア)64,000点
[5]ADAR YIGIT Yasemin(トルコ)52,200点
[6]ROTTER FOCKEN Aline(ドイツ)51,000点
[7]ZHOU Qian(中国)34,200点
[8]RAEDELT Francy(ドイツ)29,900点

 







JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース

年別ニュース一覧

サイト内検索


【報道】取材申請について
-------------

● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。


アスリートの盗撮、写真・動画の悪用、悪質なSNSの投稿は卑劣な行為です。
JADA HOMEPAGE

フェアプレイで日本を元気に