日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト
2022.07.22

米国が4階級で1位、イランも2階級でトップ…2022年世界選手権前のランキングが確定(男子フリースタイル)

 

86kg級1位のハッサン・ヤズダニチャラティ(イラン=赤)と2位のデービッド・テーラー(米国)。世界選手権決勝で激闘が展開されるか

 2022年世界選手権(9月10~18日、セルビア・ベオグラード)を前にした世界レスリング連盟(UWW)のランキング大会は、7月14~17日の「ズヘイル・スガイアー国際大会」(チュニジア)で終了。各階級のランキングが決まった。この結果をもとに、世界選手権でのシードが決まる(今年から第8シードまで。以下は、すべて規定に照らし合わせたシード順です)。

 男子フリースタイルでは、61kg級4位に長谷川敏裕(三恵海運)、65kg級4位に乙黒拓斗(自衛隊)がランクされているが、世界選手権は長谷川が57kg級に出場するのでシード権には無関係。乙黒は不出場。他に、繰り上がって第8シードに入りそうな順位の選手はおらず、全選手がノーシードで世界選手権に出場することになりそう。

 米国が4階級、イランが2階級で1位を占め、79kg級は世界王者のカイル・デイク(米国)が1位で、同2位のモハマド・アシガー・ノホディラリミ(イラン)が2位、86kg級は世界王者のハッサン・ヤズダニチャラティ(イラン)が1位で、東京オリンピック王者のデービッド・テーラー(米国)が2位。ロシア連盟の不出場が見込まれる中、米国とイランの優勝争いが注目されそう。

 各階級のランキングは下記の通り。


男子フリースタイル・ランキング(2022年7月18日時点)

 【57kg級】
[1]GILMAN Thomas Patrick(米国)100,200点
[2]KUMAR Ravi(インド)51,400点
[3]UGUEV Zavur(ロシア連盟)51,000点
[4]LEHR Horst(ドイツ)47,140点
[5]SARLAK Alireza Nosratolah(イラン)42,200点
[6]SANAYEV Nurislam(カザフスタン)34,200点
[7]ATLI Suleyman(トルコ)32,000点
[8]TSIUTRYN Aryan(ベラルーシ)31,000点

-------------------------

 【61kg級】
[1]MAGOMEDOV Abasgadzhi(ロシア連盟)45,000点
[2]HARUTYUNYAN Arsen(アルメニア)44,000点
[3]FIX Daton Duain(米国)42,000点
[4]長谷川敏裕(日本)31,000点
[5]VANGELOV Georgi Valentinov(ブルガリア)27,700点
[6]ZHOLDOSHBEKOV Ulukbek(キルギス)25,100点
[7]RAVINDER Ravinder(インド)25,000点
[8]TUMENBILEG Tuvshintulga(モンゴル)25,000点

-------------------------

 【65kg級】
[1]TUMUR-OCHIR Tulga(モンゴル)61,500点
[2]SHAKHIEV Zagir(ロシア連盟)56,400点
[3]ALIYEV Haji(アゼルバイジャン)52,400点
[4]乙黒拓斗(日本)51,000点
[5]BAJRANG Bajrang(インド)47,400点
[6]RIVERA Sebastian C(プエルトリコ)37,200点
[7]YAZDANICHERATI Amirmohammad Babak(イラン)37,000点
[8]MUSZUKAJEV Iszmail(ハンガリー)36,000点

-------------------------

 【70kg級】
[1]AKMATALIEV Ernazar(キルギス)61,520点
[2]IAKOBISHVILI Zurabi(ジョージア)57,720点
[3]GADZHIEV Magomedmurad(ポーランド)45,000点
[4]ANDREASYAN Arman(アルメニア)36,000点
[5]ZHERBAEV Evgenii(ロシア連盟)31,000点
[6]GREEN James Malcolm(米国)29,600点
[7]BAYRAMOV Turan(アゼルバイジャン)25,000点
[8]TALGAT Syrbaz(カザフスタン)20,380点

-------------------------

 【74kg級】
[1]DAKE Kyle Douglas(米国)92,200点
[2]SALKAZANOV Tajmuraz Mairbekovic(スロバキア)71,000点
[3]SIDAKOV Zaurbek(ロシア連盟)51,000点
[4]ERYILMAZ Fazli(トルコ)49,400点
[5]KADZIMAHAMEDAU Mahamedkhabib(ベラルーシ)41,400点
[6]CHAMIZO MARQUEZ Frank(イタリア)36,000点
[7]BAYRAMOV Turan(アゼルバイジャン)35,900点
[8]RAMADAN reda(エジプト)34,400点

-------------------------

 【79kg級】
[1]BURROUGHS Jordan(米国)63,000点
[2]NOKHODILARIMI Mohammad Ashghar(イラン)45,000点
[3]KOUGIOUMTSIDIS Georgios(ギリシャ)41,480点
[4]AVAGYAN Arman(アルメニア)33,000点
[5]VALIEV Radik(ロシア連盟)31,000点
[6]KENTCHADZE Nika(ジョージア)31,000点
[7]GAMKRELIDZE Vladimeri(ジョージア)26,220点
[8]YOSHIDA Ryuki(日本)25,000点

-------------------------

 【86kg級】
[1]YAZDANICHARATI Hassan Aliazam(イラン)94,400点
[2]TAYLOR David Morris(米国)88,000点
[3]NAIFONOV Artur(ロシア連盟)65,200点
[4]AMINE Myles Nazem(サンマリノ)55,200点
[5]ABAKAROV Abubakr(アゼルバイジャン)50,000点
[6]MAKOEV Boris(スロバキア)47,700点
[7]DAULETBEKOV Azamat(カザフスタン)43,000点
[8]GOCEN Osman(トルコ)39,200点

-------------------------

 【92kg級】
[1]GHASEMPOUR Kamran Ghorban(イラン)53,000点
[2]NURMAGOMEDOV Osman(アゼルバイジャン)45,500点
[3]KURBANOV Magomed Guseynovitch(ロシア連盟)37,000点
[4]COX Jden Michael Tbory(米国)36,000点
[5]MAHAMEDAU Amarhajy(ベラルーシ)25,000点
[6]VLASOV Andrii(ウクライナ)25,000点
[7]YAYLACI Erhan(トルコ)21,200点
[8]POIRIER Jeremy Adam(カナダ)21,000点

-------------------------

 【97kg級】
[1]SNYDER Kyle Frederick(米国)96,400点
[2]SADULAEV Abdulrashid(ロシア連盟)96,000点
[3]NUROV Magomedgadji Omardibirovich(マケドニア)44,100点
[4]KARADENIZ Suleyman(トルコ)38,500点
[5]ULZIISAIKHAN Batzul(モンゴル)36,100点
[6]ZAKARIIEV Mahamed(ウクライナ)34,800点
[7]CONYEDO RUANO Abraham de Jesus(イタリア)34,200点
[8]SALAS PEREZ Reineris(キューバ)34,200点

-------------------------

 【125kg級】
[1]PETRIASHVILI Geno(ジョージア)102,400点
[2]AKGUL Taha(トルコ)88,200点
[3]ZARE Amir Hossein Abbas(イラン)87,200点
[4]MUNKHTUR Lkhagvagerel(モンゴル)70,600点
[5]STEVESON Gable(米国)51,000点
[6]GWIAZDOWSKI Nicholas Edward(米国)38,800点
[7]BOLTIN Oleg(カザフスタン=山梨学院大OB)37,520点
[8]CUDINOVIC Gennadij(ドイツ)28,000点







JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース

年別ニュース一覧

サイト内検索


【報道】取材申請について
-------------

● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。


アスリートの盗撮、写真・動画の悪用、悪質なSNSの投稿は卑劣な行為です。
JADA HOMEPAGE

フェアプレイで日本を元気に