日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト
2022.07.30

45都道府県から199クラブ、952選手がエントリー…2022年全国少年少女大会・開始式

 

 2022年全国少年少女選手権は7月29日、東京・代々木競技場第1体育館で、翌日からの競技開始を前に開始式が行われた。

 昨年の熊本大会は5・6年のみの大会で、3年生以上の4学年による大会は2019年以来、3年ぶり。チームの中に新型コロナウィルス感染者が出てしまい、直前に大会を辞退したクラブもあるが、45都道府県から199クラブ、952選手がエントリーした。

3年ぶりに開催された4学年による全国少年少女選手権

 開始式であいさつした日本協会の富山英明会長は、昨年の東京オリンピックで活躍した選手は、全員がこの大会に出場していたことを選手に伝え、「オリンピックが夢ではなく、目標となるように頑張ってほしい」と激励。来賓として出席した漫画「ゆでたまご」の原作者・嶋田隆司氏もあいさつした。

 全国少年少女連盟の梅原龍一会長は「コロナの感染がここまで増えるとは想像していませんでしたが、こうして開催できることはうれしく思います。全国大会は、努力した結果として参加できる大会。今後もレスリング続け、立派な人間になることを目標に頑張ってほしい」と話した。

 今回は無観客で、密を避けるため開始式も各クラブから1選手が参加。試合でも、大声での声援は禁止など感染予防対策に万全を期しての大会だが、「会長の目には、来年の保護者の熱狂のある大会が見えていますか?」との問いに、「見えています。多くの人が熱狂するあの雰囲気を取り戻したい。あの雰囲気が選手を盛り上げます。来年は熱狂の中でやりたい」と即答した。


▲全国少年少女連盟・柏木景岳副会長による開式宣言

▲全国少年少女連盟・梅原龍一会長のあいさつ

▲日本協会・富山英明会長のあいさつ

▲新型コロナウィルス感染対策のため各クラブから1選手の参加で行われた開始式

▲水上琥珀選手(左)春日唯都選手(右=ともにHAKOBEE SPORTS TOKYO)による選手宣誓

▲大会開催に尽力した全国少年少女連盟理事

▲試合を裁く審判員







JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース

年別ニュース一覧

サイト内検索


【報道】取材申請について
-------------

● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。


アスリートの盗撮、写真・動画の悪用、悪質なSNSの投稿は卑劣な行為です。
JADA HOMEPAGE

フェアプレイで日本を元気に