日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト
2022.08.01

荻野大河(埼玉・埼玉栄高)が銅メダル…2022年U17世界選手権・最終日(男子フリースタイル)

 

3位決定戦で闘う荻野大河(埼玉・埼玉栄高)。銅メダルを獲得した=UWWサイトより

 2022年U17世界選手権最終日は7月31日、イタリア・ローマで男子フリースタイル5階級の敗者復活戦とファイナルが行われ、60kg級の荻野大河(埼玉・埼玉栄高)が銅メダルを獲得した。

 3位決定戦進出を決めていた荻野は、敗者復活戦を勝ち上がってきたイタリア選手と対戦し、3-1で勝った。初の国際大会でメダルを獲得した。

 各選手の順位が確定し、前日に試合を終えていた51kg級の片岡大河(千葉・日体大柏高)は7位入賞となった。

 男子フリースタイルは「銅1」を獲得し、国別対抗得点は39点で9位。前回(2019年)の「銅5」、国別対抗得点4位に及ばなかった。国別対抗得点の1位は米国で、インドが2位に入った。

 各選手の成績は下記の通り。(下記写真はチーム提供)

男子フリースタイル60kg級表彰式

全日程を終了した男子フリースタイル・チーム


男子フリースタイル

 【60kg級】荻野大河(埼玉・埼玉栄高)   3位=26選手出場《トーナメント表》
3決戦 ○[3-1]Alessandro Dante NINI(イタリア)
準決勝 ●[2-7]Bilol SHARIP UULU(キルギス)
3回戦 ○[2-1]Kyler Steven LARKIN(米国)
2回戦 ○[8-3]Manuel WAGIN(ドイツ)
1回戦 ○[Tフォール、1:10=10-0]En Yu LIU(台湾)

-------------------

 《国別対抗得点》

[1]米国 190点、[2]インド 126点、[3]アゼルバイジャン 122点、[4]イラン 117点、[5]カザフスタン 110点、[6]ジョージア 62点、[7]アルメニア 58点、[8]キルギス 44点、[9]日本 39点

-------------------
(以下、前日に実施)

 【45kg級】荻田大雅(兵庫・芦屋学園中)   11位=14選手出場《トーナメント表》
2回戦 ●[2-6]Constantin RUSU(モルドバ)
1回戦  BYE

※敗者復活戦に回れず

ー------------------

 【51kg級】片岡大河(千葉・日体大柏高)   7位=17選手出場《トーナメント表》
2回戦 ●[4-5]Baiaman KERIMBEKOV(キルギス)
1回戦 ○[Tフォール、3:01=10-0]Volodymyr KORNILOV(ウクライナ)

※敗者復活戦に回れず

ー------------------

 【71kg級】古市一翔(千葉・日体大柏高)   22位=25選手出場《トーナメント表》
1回戦 ●[Tフォール、3:51=0-11]Razmik YEPREMYAN(アルメニア)

※敗者復活戦に回れず

ー------------------

 【92kg級】金澤空大(千葉・日体大柏高)   10位=16選手出場《トーナメント表》
1回戦 ●[1-8]Erfan Ahmad Ali ALIZADEH MALAFEH(イラン)

※敗者復活戦に回れず







JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース

年別ニュース一覧

サイト内検索


【報道】取材申請について
-------------

● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。


アスリートの盗撮、写真・動画の悪用、悪質なSNSの投稿は卑劣な行為です。
JADA HOMEPAGE

フェアプレイで日本を元気に