日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト
2022.08.12

8.15~21U20世界選手権(ブルガリア)出場の男子フリースタイル・チームが出発

 

 8月15日(月)~21日(日)にブルガリア・ソフィアで行われる2022年U20世界選手権に出場する男子フリースタイル・チームが8月11日、羽田空港から出発した。

 2019年以来、3年ぶりの出場(2020年大会は中止)。前回大会は、現在の年齢区分になってから、同スタイルで最高の2階級を制覇し(57kg級・阿部敏弥、61kg級・山口海輝)、1階級で2位(74kg級・基山仁太郎)、国別対抗得点は史上最高の4位という成績だった。

ブルガリアへ向けて出発した男子フリースタイル・チーム

 馬渕賢司チームリーダー(中京学院大監督)は、7月上旬のU20アジア選手権(バーレーン)に続く参加。前回のときより感染者数が増えている状況での派遣に、まず感謝の言葉。そのうえで、「U20アジア選手権やU17世界選手権を経て、男子については、どのくらい世界で通用するかを見極めたい。そのためにも自分の力を出し切ってほしい」と話す。

 女子は、来月のシニア世界選手権(セルビア)の代表選手も含まれており、「前哨戦として結果を出してほしいし、世界のトップを維持してほしい」と望んだ。

 U15、U17のチームより、国際大会を経験している選手は多いが、ブランクという“敵”がある。この間、インドの躍進という現状もあり、一筋縄ではいかないことは承知しているが、この世代での闘いを乗り切り、「次につなげてほしい」と話した。

 湯元進一コーチ(自衛隊)は「優勝を狙える選手が2、3人はいます。ブランクがあっても、今の日本のジュニア選手の実力は世界一に近いものがあると感じています。ブランクは関係ないです」と自信を見せる。

 「取りこぼしのないようにサポートしたい」と、勝たせるために全力を尽くすことを口にし、伝わっているインドの猛威については、「そういうふうに思ってしまうと、プラスになることはない。自分のレスリングをやらせてあげたい」と話した。

 大会日程・日本選手団は下記の通り(試合開始は、日本時間で午後5時と深夜0時)。このあと、13日に女子チーム、15日に男子グレコローマン・チームが出発する。


大会日程

8月15日(月) 男子フリースタイル57・65・70・79・97kg級/1回戦~準決勝
----------------------------------
8月16日(火) 上記階級の敗者復活戦・ファイナル
          男子フリースタイル– 61・74・86・92・125kg級/1回戦~準決勝
----------------------------------
8月17日(水) 上記階級の敗者復活戦・ファイナル
          女子50・55・59・68・76kg級
----------------------------------
8月18日(木) 上記階級の敗者復活戦・ファイナル
          女子53・57・62・65・72kg級
----------------------------------
8月19日(金) 上記階級の敗者復活戦・ファイナル
          男子グレコローマン55・63・77・87・130kg級
----------------------------------
8月20日(土) 上記階級の敗者復活戦・ファイナル
          男子グレコローマン60・67・72・82・97kg級
----------------------------------
8月21日(日) 上記階級の敗者復活戦・ファイナル


日本選手団

【チームリーダー】馬渕賢司(中京学院大監督)

【コーチ】▼男子フリースタイル 小平清貴(警視庁)、湯元進一(自衛隊)、▼男子グレコローマン 藤村義(自衛隊)、▼女子 齋藤ほのか(東京・安部学院高教)、正田絢子(京都・丹後緑風高教)

【トレーナー】樋川幸平(スポーツ医科学委員会)

【帯同審判】土居克也(愛媛・北条高教)、増田莊史(香川・多度津高教)

 《男子フリースタイル代表選手》
▼61kg級 西内悠人(高知・高知南高)
▼65kg級 青柳善の輔(山梨学院大)
▼70kg級 髙橋海大(日体大)
▼74kg級 神谷龍之介(三重・いなべ総合学園高)
▼79kg級 清水大輔(明 大)
▼92kg級 三浦哲史(拓 大)
▼97kg級 濱田豊喜(中 大)
▼125kg級  藤田龍星(日 大)

 《女子代表選手》
▼50kg級 伊藤 海(早 大)
▼53kg級 木村彩夏(法 大)
▼55kg級 清岡もえ(育英大)
▼57kg級 屶網瑠夏(至学館大)
▼59kg級 元木咲良(育英大)
▼62kg級 尾﨑野乃香(慶 大)
▼65kg級 吉武まひろ(日体大)
▼68kg級 石井亜海(育英大)
▼72kg級 新倉すみれ(神奈川大)
▼76kg級 茂呂綾乃(東京・安部学院高)

 《男子グレコローマン代表選手》
▼55kg級 尾西大河(早 大)
▼60kg級 五味虹登(育英大)
▼63kg級 丸山千恵蔵(日体大)
▼67kg級 豊田崚真(拓 大)
▼72kg級 西田衛人(専 大)
▼77kg級 堀北一咲望(日体大)
▼82kg級 山口蓮汰(神奈川大)
▼87kg級 岩井知史(明 大)
▼97kg級 中原 陸(大東大)







2023年世界選手権/激戦の跡
JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース

年別ニュース一覧

サイト内検索


【報道】取材申請について
-------------

● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。


アスリートの盗撮、写真・動画の悪用、悪質なSNSの投稿は卑劣な行為です。
BIG、totoのご購入はこちら

SPORTS PHARMACIST

JADA HOMEPAGE

フェアプレイで日本を元気に